イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,575、パスタのレシピ数は1584。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

あさりのクリーム煮 サフラン風味

      2016/04/26

あさりのクリーム煮 サフラン風味

イタリアン料理レシピ

あさりの美味しい時期ですね
白ワインと鶏のブロード・生クリームを用い
たまねぎとリーキの甘さが加わり
奥行きと幅のある素晴らしいスープです
トマトの軽い酸味が素敵です



チェリーセージ

IMG_5915チェリーセージ

IMG_5913チェリーセージ


イタリア料理に使用する食材2人分

>

あさり 500g
たまねぎ 40g
リーキ 100g
にんにく 1片
オリーブオイル 30cc
白ワイン 100cc
鶏のブロード 400cc
サフラン 4本
生クリーム 45cc
ドライタイム/td>

0.5g
フレッシュトマト 1b1個
パセリ 1枝
塩(塩の花) 適量
ブラックペパー 適量



イタリア料理に使用する食材


厚岸産「殻付あさり(中サイズ)」1kg
通常のおよそ1.3倍の大きめあさり
砂抜き済で調理簡単♪


サフラン 日本国産(大分県) 10g


米国QAI認証
(無農薬・無添加)
タイム 20g


キスコ社製:無添加冷凍ブイヨン
(化学調味料、保存料一切不使用)【1kg】【冷凍のみ】


リーキ 1個
見た目は白ねぎを太くした感じで、白い部分を食します。
煮くずれしにくい特徴を生かして、
煮込み料理やグラタンなどのオーブン料理に用いるのが、
おいしい食べ方のポイント。
加熱すると甘味が増します


★アカデミー賞でも使われた貫禄のオリーブオイル★ 
イタリア・シチリア産
エキストラバージン・オリーブオイル
「セグレート・メディテラーネオ (Segreto Mediterraneo)」
500ml


時間をかけてゆっくり作る、希少な塩の結晶
シチリア産塩の花
シチリア/トラーパニ産: フィオーレ ディ サーレ(塩)【120g】


ヨーロッパで評価の高い黒胡椒
310マダガスカル・ブラックペパー(Black Pepper,Madagascar) Mサイズ 50g
ヨーロッパで高級黒胡椒として好まれているマダガスカル黒胡椒。

にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村こちらにもクリックよろしくお願いしますTop Food Blog


イタリア料理レシピ手順

  1. あさりは
    念のため4%の塩水に入れ
    2時間おきます
    流水であさりの殻を粗い汚れを取ります
  2. パセリは
    葉の部分をみじん切りにします
  3. にんにくは
    縦に二等分し中の芽の部分を
    綺麗に取り出します
  4. リークは
    みじん切りにします
  5. たまねぎは
    みじん切りにします
  6. フレッシュトマトは
    湯むきしてペハータオルで綺麗に水気を拭き取り
    横に二等分にして種と柔らかな部位を取り除き
    5mm角にカットします
  7. 鶏のブロードは
    冷凍なので室温で解凍し
    必要な量をとりだします
    のりは冷凍用のジップロックに入れ
    冷凍庫に入れて置きます
  8. フライパンに
    たまねぎ・にんにく・リーキを入れ
    オリーブオイルを加え
    弱火で丁寧に炒めます
    しんなりして透明感が出てきたらOKです
  9. 白ワインを
    加え中火にし沸騰させアルコール分を飛ばします
    鶏のブロード400ccを入れ沸騰させます
    アクを取り除きます
    弱火にします
    40分間煮込みます
  10. サフランを入れ
    火から外しそのまま置きます
  11. ソースパンに
    あさりを入れ
    白ワイン100ccを入れ
    蓋を閉めて
    中火にかけ沸騰させます
  12. あさりをざるに入れ
    出汁を一度沸騰させ出てきたあくをすくい取り
    綺麗にします
  13. 出汁を
    フライパンに加えます
    塩(塩の花)を入れ味を調えます
    生クリーム・トマト・ドライタイムパセリ・ブラックペパーを入れ
    中火で煮込みます
  14. 食器に
    あさりを盛り込み
    上にスープを濯ぎ入れます

お勧めの食器



ローマのレストラン中心部のレストラン パスタ編12

A Modo Mio
A Modo Mio

電話: +39 06.87189933夜間
昼食のためのオープン日曜日は
月曜日休館します
ようこそ
「茅ミオ」レストラン
Angkringan
オファーの試飲や他の地域や国の料理とワイン文化の季節および/ ​​またはそれらの組み合わせに触発テーマ別メニュー、。あなたが通知され、「味の予定」に参加したい場合は、
ニュースレターを購読してください。
e-mail
送信
茅ミオ – レストラン
コンカドーロを経由して、74 00141ローマの電話: +39 06.87189933 Eメール: info@amodomio-roma.it

A Modo Mio

A Modo Mio0




 - イタリア料理レシピ , , , , , , , , , ,

Comment

  1. kazuyoo60 より:

    アサリ、美味しいですね。特に今の時期ですね。
    サフランもですか。綺麗なご馳走です。

  2. mana より:

    ryujiさん こんにちは♪

    今はあさりの旬でもあるんですね^^
    ふっくらな身 あのお出汁が
    生クリームとコラボだなんて
    とても美味しそうです~~ (*´ω`*)

    >いつもありがとうございます(=^・^=)

  3. masakohime より:

    ryujiさん、こんにちは。
    国産のサフランがあるのですね!
    リーキと旬のアサリを使ったクリームにサフランの香りが素敵です。
    いつも本当に素晴らしいレシピを、ありがとうございます。

  4. こんにちは〜
    今日もとっても美味しそうなお料理ですね〜
    私の大好きなお料理です(*^_^*)
    アサリとサフランがピッタリでしょうね(*^_^*)
    食べたくなっちゃいました(o^^o)

  5. イヴォンヌ より:

    あさりを鶏のブロードと生クリームで濃厚に仕上げておいしそうですね~♪

  6. amabilis より:

    ryuji_s1さん、こんばんは
    いつも美味しいレシピとブログへのコメントをありがとうございます。

    あさり、いまとても美味しい季節ですね。
    サフランとミニトマトも一緒に使うのですね。
    玉ねぎなどもたっぷりと甘みも増して
    彩りも出汁も素晴らしい一品
    とても美味しそうです。

    今度、もどきの料理を
    休日にでも作っていただきたいです。

コメントを残す

  関連記事

イタリア米のリゾット パルミジャーノチーズ
そらまめのリゾット
下仁田ネギのタルト
パスタ キタッラ 黒あわび アンチョビー風味の肝ソース和え
新たまねぎのスープ 温度卵のせ
スズキの温製カルパッチョ エビ添え タイム風味
ナスとたまごのロースト
ラム骨付きすじ肉の赤ワイン煮
ブロッコリーのズッパ
ジェノベーゼソース
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。