ステロイド剤の恐怖

 2018年11月20日

2014年4月に水疱が出始め診察を受ける
類天疱瘡と診断、即入院1ヶ月
ステロイド剤45mgを投与
退院後も20mgをのみ続け
足のむくみと足の痙攣があり
その痛みは凄いです
4ヶ月後に左の足の付け根が痛く歩けなくなり
CTを受け両足の股関節頭部壊死と判明
手術を受け人工骨を入れる
その後もステロイドは飲み続け
2年後に薬疹がでて2ヶ月間入院
その後もステロイドは5mgが最低で
最高20mgを継続しています
先週の金曜日に
右足のふくらはぎがけいれんを起こし
足首から太ももの大腿筋まで一緒に強い痙攣を起こし肉離れを起こしました
現在も歩けない状態が
平成30年8月17日(金)
整形外科で見てもらい筋肉が損傷しているためて゜
でも自然になりますということでした
今も家の中でも歩けず足を乗せる台を利用して移動しています
これもステロイド剤の影響です
今度は白内症になりました
右目が相当にきつく字が全く読めません
左目は少し霞がかかってきている正体です
でも普通黒くくっきり見えるはずの文字が
淡い黒に見え非常に見えにくく
文章をタイプするのも大変ですしすぐ疲れが出ます
皆様にもコメントの返信ブログの更新が滞りガチになり
ご迷惑をおかけしています
眼科で目薬をもらい
しっかりした検査を受けることになりました
これもステロイドの副作用です
怖いで7月ぐらいから肺の肺活量が63%になり
坂道はかなり歩くのがつらくなってきています
これもステロイドの副作用です
いろいろと出てきます
これからもまだまだありそうです
頑張ってその都度懸命に直るよう努力します
11月1日から
そけい部が腫れ診察の結果鼠径ヘルニアと判明
これも少なからずステロイド剤の影響の様です
近いうちに手術をします
10月に大腸のポリープを取りました
良性で良かったです
胃カメラを飲みましたが胃がかなりただれていました
これもステロイド剤の影響です

更新日:

shares

Copyright© イタリアン パスタ イタリア料理レシピ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.