イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,636、パスタのレシピ数は1613。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

パスタ キタッラ とうもろこし クアドレッロdeブッファラ

      2017/07/04

イタリアン料理レシピ

糖度の高いとうもろこしを
焼きとうもろこしします
甘さが増します
それに塩気の強いcheeseを使い
味を引き締めます
バスタはキタッラを使用します



オオクチナシ

オクチナシ

オオクチナシ




イタリア料理に使用する食材2人分

パスタ キタッラ 140g
とうもろこし 2本
チーズ クアドレッロdeブッファラ 100g
にんにく 1片
無塩バター 60g
パルミジャーノチーズ 50g
オリーブオイル 30cc
適量
ブラックペパー(粗挽き) 適量



イタリア料理に使用する食材


『パスタの極み』
Pasta Mancini社 キタッラ2.0mm 500gボックス




最高糖度20度以上!桃より甘くて美味!
長野信濃町 県外不出のとうもろこし(品種めぐみ)
2Lサイズ10本セット(3.5~4.5kg以上)


イタリア産 チーズ クアドレッロdeブッファラ 約500g
水牛乳では珍しいウォッシュタイプのチーズです。
ロンバルディア産でタレッジョの渓谷に近い為、
伝統のノウハウを使用しており、
イタリアのウォッシュを代表する「タレッジョ」に非常に似ています。
藁の上で熟成させているので、表皮はオレンジ色でギザギザ模様になっています。
やや弾力があり、優しい香りとクリーミーな味わいをお楽しみください。


ミラノブルガリホテル採用
パルミジャーノ界のフェッラーリと称えられるハイクオリティパルミジャーノ
【商品情報】
24ヶ月熟成はジェンナーリの基本のパルミジャーノです。
技術的には難しいと言われる脂肪分を多く残す作り方で、
いつまでも滑らかな味わいが特徴です。
固くならないのが、うれしいチーズです。
最後のひとかけまでおいしくお召し上がりいただけます。
約300g


入荷しました!
イタリア/ピエモンテ産
:ベッピーノ・オッチェリ氏の手作りフレッシュバター(無塩)
冷蔵空輸品 |【125g】
【※当店は冷蔵のフレッシュバターをお届け致します】


イル・レッチェート EXVオリーブオイル 750ml
【原材料】 EXVオリーブオイル
【内容量】 750ml
【原産国】 イタリア/トスカーナ州
【酸度】 0.22%以下


『クトレラ社シリーズ!』
Frantoi Cutrera社 シチリア産 海塩(細) 320g


309サラワク・ブラックペパー(Black Pepper,Sarawak)
ガラスチューブパッケージ 19g入り

にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村こちらにもクリックよろしくお願いしますTop Food Blog


イタリア料理レシピ手順

  1. トウモロコシを実をとります
    皮を剥き
    横に2等分にします
  2. フライパンに入れ
    から煎りし
    綺麗な焼き色を付けます
    木べらで釜瀬ながら
    全体が均一に焼き色を付けます
  3. パルミジャーノチーズは
    すり下ろしておきます
  4. クアドレッロdeブッファラチーズは
    オレンジ色の外皮はナイフでこそげ落とします
    5mm角にカットします
  5. にんにくは
    縦に二等分し
    中の芽の部分を綺麗に取り出します
    2mmk角切りにします
  6. パスタパンに
    たっぷりのお湯を沸騰沸かしお湯の量の1%の塩を加え
    パスタを入れ茹でます
    パスタのゆで時間は
    パスタの袋に表示されている時間より
    2分間短めに茹でます
  7. フライパンに
    オリーブオイル・無塩パターをオリーブオイル入れ
    にんにくを加え弱火で丁寧に炒めます
  8. パスタが
    茹で揚がったら
    パスタの水気を切り
    フライパンに入れソース絡めまい
    クアドレッロdeブッファラチーズをオリーブオイル入れ
    混ぜ合わせ溶かし混みます
  9. 食器に盛り付けます
    上にパルミジャーノチーズを振りかけ
    粗挽きのブラックペパーを振りかけます

お勧めの食器


ブランド ラックヌーボー
シリーズ チャージャープレート
アイテム 大皿(25cm~)
サイズ 直径32.5cm


ペルージャのレストラン 29 Ristorante La Rosetta 

Ristorante La Rosetta

所在地: Via della Rosetta, 8-9, 00186 Roma, イタリア
時間: 本日営業 · 12時00分~23時00分
電話: +39 06 686 1002
予約: thefork.it, misiedo.com
ラロゼッタ

彼は現在の所有者マッシモ、ステファニアとPatrizia.Dal 1981の親が指示し、
1966年にカーメロ・リッチオリとロマーナ・コレラのおかげで生まれた
シェフマッシモ・リッチオリより多くの家族の教えと味を求めて
彼の長い経験internazionale.Sempreの強い、及びこれらの組み合わせ良い、
最も高級な食材は、毎日すべて厳密に情熱的なキッチンチームと一緒に料理を表明し、
世界中の彼の有名な料理の準備のための製品を選択します。
地元の魚はラツィオ(チヴィタヴェッキア、フィウミチーノ、アンツィオ)のポートから毎晩到着します。

私たちは、エキストラバージンオリーブオイルを使用します。パンとデザートはパティシエの手作りされているレストラン。ワイン、シャンパン、国内外の霊の800のラベルは、私たちのダイニング施設を一致します。

あなたは、すべてはあなたのユニークなダイニング体験と
忘れられないを与えることを望むあなたにフレンドリーで丁寧に迎えています。

マッシモ・リッチオリ

 - イタリアレシピ, イタリアンレシピ, イタリア料理, イタリア料理レシピ, パスタ , , , , , , , ,

Comment

  1. kazuyoo60 より:

    クアドレッロdeブッファラ 、濃厚そうなチーズですね。安く買いたいですが、酪農家さんも大変ですし。

  2. mana より:

    ryujiさん こんにちは♪

    こちらはもうとうもころこしの旬は終わっちゃったけど
    そちらはシーズンですものね~
    とうもろこしとパスタ
    すごく美味しそうです (#^.^#)

  3. イヴォンヌ より:

    今が旬のとうもろこしとチーズのパスタおいしそうですね~)^o^(

  4. らるむ。 より:

    こんばんは。

    最近とうもろこしにハマってるので食べてみたいです。
    脇役ではなくとうもろこしが主役でたっぷり楽しめますね。

    応援3☆

コメントを残す

  関連記事

塩漬けケッパーとエシャロットのパスタ スパゲッティ
賀茂なすとカチョカヴァロのグラタン
イチゴのスープ ブッラータ乗せ ミントソースかけ
パスタ スパゲッテーニ 枝豆とミニトマト
カチョ・エ・ぺぺ ゴルゴンゾーラ パスタ スパゲッティ
no image
御   礼
サヨリのカルパッチョ ハーブの香り添え
ペコロスのレーズン煮込み
仔牛のレバー パスタ タリアッテレ
そらまめとハマグリのリゾット ペコリーノ・トスカーノ・フレスコ風味