イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,689、パスタのレシピ数は1637。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

パスタ キタッラ 黒あわび アンチョビー風味の肝ソース和え

   

イタリアン料理レシピ

黒あわびは
コリコリ感が強くとても美味しいあわびです
肝の味がたまりません
パスタはキタラッラを使用します



キバナコスモス

キバナコスモス

キバナコスモス




イタリア料理に使用する食材2人分

パスタ キタッラ 140g
黒あわび 20g
無塩バター 5g2杯
アンチョビーフィレ 2フィレ
にんにく 1片
バジルの葉 15枚
白ワイン(辛口) 40cc
オリーブオイル 30cc+30cc
塩の花 適量



イタリア料理に使用する食材


『パスタの極み』
Pasta Mancini社 キタッラ2.0mm 500gボックス
商品詳細
内容量 500g
原材料 デュラム小麦のセモリナ
保存方法 直射日光のあたる場所を避けて保存
賞味期限 2019年1月12日
特徴 小麦の香りがたっぷり味わえるモチモチとしたパスタです。




口どけが良く豊かな香り。フランスの高級バター!
無塩 バター 250g フランス ノルマンディー産 イズニー Isigni


高級食材として知られる
“あわび”の中でも最高級の“黒あわび”。
全体的に色が黒く厚みがあり、引き締まったその身は旨味とほど良い磯の香り、
心地良い歯触りを持ち、肝も美味しく召し上がれます。
あわびはコラーゲンが豊富で低脂質・高たんぱくな食材です。
肉厚なしっかりとした身で弾力のある壱岐産天然あわび!
高級食材として知られる“黒あわび”♪
【J】【送料無料】壱岐産天然活黒あわび 1kg/アワビ/鮑/活あわび


ORTIZ★【オルティス社製】樽出し芳醇アンチョビ(瓶詰)★
スペイン産アンチョビ・フィレ
柔らかく深い味わい。アンチョビの概念がくつがえる極上品です。
原材料はスペイン・カンタブリコ海で水揚げされたカタクチイワシ。
新鮮なイワシから骨や皮を取り除いてフィレにし、
樽の中で6ヶ月以上も寝かせて発酵させています。
肉厚の身はやわらかく引き締まっていて、
お口の中で深い旨味がじーんとひろがります。
一般のアンチョビにありがちな骨っぽさは全くありません。
まさに、アンチョビの概念をくつがえす一品。


ソース用バジル つぶし用バジル 生バジルフレッシュバジル
☆500g国産バラ詰  バジルソースやバジルオイルに最適


伝統的な塩田で今も手作業で収穫される、最高級の天日海塩。
【10日2時迄エントリーでさらにポイント5倍!】
フロール・デ サル プレミアムシーソルト 340g 陶器入 海塩
「Flos Salis」とは、ラテン語で塩の花という意味。
最も上質でデリケート、繊細でありながらパリッとした
歯ざわりの雪の結晶のような塩が、最高級の無精製、無添加の塩となります。
プレミアム・フロールデサル 340g陶器入は、ポルトガル南部の伝統的な塩田で、
今も手作業で収穫される天日海塩。
収穫シーズンの初回に採れた塩のみを集め、選び抜かれた結晶は、
手作業で特製陶器ポットに収められます。



にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村

こちらにもクリックよろしくお願いします

Top Food Blog

イタリア料理レシピ手順

  1. あわびは殻と身のしせゃーゅうりょうが同じくらいなので
    500gは250gになります
  2. あわびを裁きます
  3. あわびの肝は.
    皮を外します
  4. フライパンに
    無塩バターを入れ
    肝を入れ炒めます
    アンチョビーフィレを入ます
    火が通り混ぜ合わせたら
    火を止め
    粗熱を取ります
    裏ごしをします
  5. にんにくは
    縦に二等分し中の芽の部分を綺麗にとりだします
    2mm角にカットします

  6. バジルの葉は
    粗く刻んで
    フードプロセッサーに入れ
    オリーブオイルを加え
    ミキシングします
  7. パスタを茹でます
    パスタパンにお湯を沸騰させお湯の量の1%の塩を加え
    パスタを入れ茹でます
    パスタの茹で時間は
    パスタの袋に記載されている時間より2分間短くゆであげます
    アルデンテがお楽しみ頂けます
  8. パスタが茹で揚がる5分前に
    フライパンに
    オリーブオイルとにんにくを入れ
    弱火で丁寧に炒めます
  9. にんにくの
    香りが立って軽いきつね色になってきたら
    あわびを入れ炒めます
    肝の裏ごしを加えます
  10. パスタが
    茹で揚がったら
    パスタの水気を切り
    フライパンの火を止め
    入れソースを絡めます
    バジルソースを加え混ぜ合わせます
  11. 食器に
    盛り付けます

お勧めの食器


リチャードジノリ (Richard Ginori) サンレモ プレート 26cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村

こちらにもクリックよろしくお願いします

Top Food Blog


サルデーニャ島カリャリのレストラン 8 Sa Cardiga e su Schironi

Sa Cardiga e su Schironi
Sa Cardiga e su Schironi Face book
所在地: Localita’ La Maddalena Spiaggia, 09012 Capoterra CA, イタリア
時間: 本日営業 · 11時00分~16時00分, 20時00分~0時00分
電話: +39 070 71652
1967年以来、ムルジャファミリは、
地域のシーフード料理の簡単な料理のプロフェッショナルで
フレンドリーな味が最高の国家ワインネクターを伴う待ち合わせ場所を実行します。
時間をかけて海の近くカリアリの近くにあるレストランでは、
食通のために必須となっています

 - イタリアレシピ, イタリアンレシピ, イタリア料理, イタリア料理レシピ, パスタ , , , , , , ,

Comment

  1. らるむ。 より:

    こんばんは。
    アワビを使うなんて贅沢ぅ(*゚▽゚*)
    肝ソースが美味しそうですね♪

    応援3☆

  2. misya より:

    こんにちは♪
    いつも有難うございます(^^
    わお!
    黒あわび!高級食材!
    こんなパスタがお家で食べれるなんて~最高ですね!
    肝の濃厚ソースで・・美味しいに決まってますね、たまりません♪

  3. イヴォンヌ より:

    高級な黒あわびに肝とアンチョビをソースにしてすっごくゴージャスなパスタですね~)^o^(

  4. masakohime より:

    ryujiさん、こんにちは!
    黒あわび!高級食材ですね。
    アワビの肝を一緒に使うのが、このお料理キモなんですね~ってオヤジギャグです。
    魚やイカの肝を一緒にいただくことはありますが、アワビはなかったです。
    アワビの捌き方も、今まで自己流(適当に)でしていたので、今回じっくり動画で勉強しました。殻から外してないものを買ってみたいです。
    アワビと肝を使ったパスタ、食べたいです^0^

    • ryuji_s1 より:

      masakohime さん
      素敵なギャグありがとうございます。
      あわびの肝
      凄く美味しいです
      機械があればぜひお勧めです

  5. kazuyoo60 より:

    何アワビか分かりませんが、大昔、旅行の土産に殻付きアワビを買ってきてバター焼きしました。最高でした。
    こんな丁寧な料理は出来ませんでした。今もですが。

是非 あなたのご意見をお願いします 質問があれば分かる範囲でお答えしたいと思っております

  関連記事

アンチョビーとパン粉のパスタ ペペロンチーノ
ホワイトアスパラのリゾット 温度卵のせ
野菜ときのこのグリルオレンジの香り レモンピール添え
イタリア風 ウナギの蒲焼き
枝豆の炒め 一杯の香り付け パンチェッタ
フレッシュトマトのブラックオリーブソース和え
パスタ リングイーネ イカスミ・たまご入り アサリ
バッカラのパスタ リングイネ
皮付きたまねぎのロースト 白ワインビネガー風味
パスタ コンキリオーニ 甘エピ詰め エピのソース
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。