イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,610、パスタのレシピ数は1600。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

パスタ キタッラ 黒アワビ アワビ肝ソース

      2015/07/06

パスタ キタッラ 黒アワビ アワビ肝ソース

イタリアン料理レシピ

アワビの歩留まりは50%です
中サイズ2個で400gですので
実質200g
になります

アワビの肝を
オリーブオイルやニンニク、塩、バーブを
合わせて作ったソースで作り上げた
アバロンパテという商品があります
三重県伊勢市にある「若松屋」という
蒲鉾メーカーが開発した製品だそうです
岡山県倉敷市に有る平翠軒で扱っています
下記の食材のコーナーで紹介しています

これらを使いちょっと贅沢なパスタを
作って見ました
美味しいアワビの肝がしっかり楽しめます
パスタはキタッラを使いました

パイナップルセージ

IMG_5201パイナップルセージ

IMG_5202パイナップルセージ

マルケ州 レカナーティ  Recanati

レカナーティ は、
人口21,127人のイタリア共和国マルケ州
マチェラータ県のコムーネの一つである。
ウィキペディア
マルケ州 レカナーティ  Recanati
マルケ州 レカナーティ  Recanati1
マルケ州 レカナーティ  Recanati

マルケ州 レカナーティ  Recanati Google地図

マルケ州 レカナーティ  Recanati photograph

マルケ州 レカナーティ  Recanati  観光

Casa Leopardi
Casa Leopardi

Piazza del sabato del villaggio
Piazza del sabato del villaggio

Museo Beniamino Gigli
Museo Beniamino Gigli

Il Paesaggio dell’Eccellenza
Il Paesaggio dell'Eccellenza

マルケ州 レカナーティ  Recanati  レストラン
Ristorante Borgo Antico
Ristorante Borgo Antico
Ristorante Borgo Antico3
http://www.borgoanticorestaurant.com/

マルケ州 レカナーティ  Recanati  ホテル
Gallery Hotel Recanati
マルケ州 レカナーティ  Recanati  ホテル Gallery Hotel Recanati

イタリア料理に使用する食材2人分

パスタ キタッラ 140g
黒あわび 2個
アワビの肝(アバロンパテ) 40g
にんにく 1片
白ワイン(辛口) 50cc
アンチョビーフィレ 2フィレ
パルミジャーノチーズ 40g
オリーブオイル 50g
適量

イタリア料理に使用する食材


★ もう一皿食べたくなるパスタ!
小麦の旨味・甘味を実感でき、
モチモチとしながらもコシのある食感! 
Pasta Mancini (パスタ・マンチーニ) 社
「キタッラ」 2.0mm 500g


お刺身におすすめ
しっかり歯ごたえ最高級黒
淡路産天然黒あわび(活)
中大サイズ2個で約400g
(黒アワビ・クロアワビ)

アバロンパテ ¥864(税込) 40g
国産あわびの肝とガーリックオリーブオイルを合わせてあります。
どびっきり美味しいパスタソースです。


24ヶ月熟成はジェンナーリの基本のパルミジャーノです。
技術的には難しいと言われる脂肪分を多く残す作り方で、
いつまでも滑らかな味わいが特徴です。
固くならないのが、うれしいチーズです。
最後のひとかけまでおいしくお召し上がりいただけます。
【内容量】約300g


有機JAS認証エキストラバージンオリーブオイル イエモロ 500ml 
※2013年度産(イタリア・シチリア産/トンダイブレア種100%)

手造り味が違います!スペイン産 高級アンチョビ!95g瓶入り オルティス社
スペイン・カンタブリコ海で水揚げされたカタクチイワシを、
昔ながらの手作りで加工したオルティス社のアンチョビフィレ。
フィレ(骨や皮を取り除いた肩身)の部分を
樽の中で6ヶ月以上寝かせながら発酵させているので
イワシの風味が引き出され、身も柔らかいながらしっかりしています。


イタリア産最高級
シシリー岩塩

にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村

こちらにもクリックよろしくお願いします

Top Food Blog

イタリア料理レシピ手順

  1. あわびを貝から取り外します
  2. 取り出した肝と
    アバロンパテ(アワビの肝)を混ぜ合わせおきます
  3. にんにくは
    縦に二等分し中の芽の部分を綺麗に取り出します
    みじん切りにします
  4. パルミジャーノチーズは
    すり下ろして置きます
  5. パスタパンに
    たっぷりのお湯を沸かし
    お湯の量の1%の塩を加えます
    パスタを入れ茹でます
    パスタの袋に表示されている時間より
    2分間短めに茹であげます
    アルデンテをお楽しみいただけます
  6. フライパンに
    オリーブオイルを入れにんにくを加え
    弱火で丁寧に炒めます
  7. にんにくに
    焼き色がつき始めたら
    白ワインを入れ中火にして
    アルコール分を飛ばします
  8. アワビの肝とアンチョビーフィレを入れ
    混ぜ合わせます
    アンチョビーは木べらで潰し混ぜます
  9. パスタが茹で揚がる1分前に
    あわびを加え強火でソテーします
    アワビは軽く炒めます
    炒めすぎると堅くなり
    旨みもなくなります
  10. パスタが
    茹で揚がったらパスタの水気を切り
    フライパンに入れソースを絡めます
  11. 食器に盛り付け
    パルミジャーノチーズを振りかけます

イタリア料理に使用する調理器具


リチャードジノリ (Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm

 - イタリア料理, イタリア料理レシピ, パスタ , , , , , , ,

Comment

  1. おはようございます。
    いつもブログにコメントをくださりありがとうございます。

    本日のパスタも美味しそうですね!!
    アワビ肝ソースが決め手ですね!!

    アワビが手に入ったら作ってみたいです。

    全部ポチッと応援させて頂きます。

  2. kazuyoo60 より:

    観光で行った先でアワビを買ってきたことがありました。バター焼きの味、あの美味しさを思い出しています。が、並んでないですよ、私が出会わないだけでしょうけれど。
    アワビにもアンチョビなのですね。

  3. masakohime より:

    こんにちは。
    アバロンパテ、アワビの肝ソース。これだけでも美味しいパスタになりそうな予感!アワビ、時々ですが新鮮なものを見かけますが、お高いので~
    たまには、こんな贅沢なパスタを食べてみたいです^0^

  4. mana より:

    ryujiさん こんにちは♪

    うわ~アワビですか。
    これまたとても贅沢な一品ですね。
    アワビの歯ごたえとパスタと
    どんなお味がするんだろう~
    すごく美味しそうです (#^^#)

    >梅の仕上がり 楽しみです^^

  5. きりまり より:

    ryujiさん、こんにちは!!

    何て贅沢なパスタ!!
    アバロンパテ、アワビの肝ソース。。これだけ、舐めていたいほど素敵です。。

    一度でよいから、こんな素敵パスタ食べてみたいです。。ヽ(^。^)ノ
    子供達にも食べさせたいです。。

    いつも、優しいコメントありがとうございます。。

  6. patapataokan より:

    こんにちは!

    アワビのパスタとは何とも贅沢!!
    アワビは大好きですが
    パスタともマッチするんですね。

    ぜひ1度賞味してみたいものです。

  7. イヴォンヌ より:

    黒アワビにあわびの肝ソースなんて最高に贅沢でおいしそうなパスタですよね~♪

  8. amabilis より:

    ryuji_s1さん、こんばんは☆
    いつも美味しいレシピとブログへのコメントをありがとうございます。
    アワビのパスタ、しかも黒アワビで!
    なんとも豪華な一品ですね。
    肝もつかって濃厚なソース、
    これはどこか素敵なお店を探して、ぜひいただきたいです。

コメントを残す

  関連記事

牛ひき肉とブロッコリーのパスタ リングイネ
カボチャのパスタ たまご麺フェトチーネ ゴルゴンゾーラソース
たまごとじ Associazione di uovo
タコの アフォーガード
パスタ タリアッテレ ふきのとうとサザエとサザエの肝和え 
ほうれん草の タリアッテレのロースト
なすとモッツアレラチーズ トマトソース仕立て
パスタ リングイネ 鴨ロースと下仁田ネギ
秋刀魚のタルタル
豚肩ロースのピッツァ職人風
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。