イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,665、パスタのレシピ数は1625。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

パスタ スパゲッティー 菜花をジェノベーゼ風

      2016/02/01

パスタ スパゲッティー  菜花をジェノベーゼ風


イタリアン料理レシピ

菜花・アンチョビー・パルミジャーノチーズ
松の実をフードプロセッサーでペースと状にします
それをソースとします
最後に菜の花の切り花の花を散らします
パスタはスパゲッティを使います


クリスマスローズ

IMG_5597クリスマスローズ

IMG_5598クリスマスローズ


イタリア料理に使用する食材2人分

パスタ スパゲッティー 140g
菜花 1束
パルミジャーノチーズ 60g
オリーブオイル 60cc
アンチョビーフィレ 4枚
松の実 40粒
適量
ブラックペパー 適量



イタリア料理に使用する食材


最高級/パスタ/スパッゲティ/500g
【Don Alfonso/ドン・アルフォンソ】
スパゲッティ/パスタ/最高級【三ツ星レストラン使用】


菜の花(なのはな)
1束、200g前後


イタリア/スカーリア社/アンチョビフィレ
アンチョビ フィレ 550g


有機JAS
松の実
60g
○原材料:有機松の実(トルコ)
JAS認定有機栽培品
大粒で油分が多い
天日乾燥


24ヶ月熟成 パルミジャーノ ・ レッジャーノ 約300g
【商品情報】
24ヶ月熟成はジェンナーリの基本のパルミジャーノです。
技術的には難しいと言われる脂肪分を多く残す作り方で、
いつまでも滑らかな味わいが特徴です。
固くならないのが、うれしいチーズです。
最後のひとかけまでおいしくお召し上がりいただけます。


『若草の香り!』
Rocca di Castagnoli社 
EXVオリーブオイル「ロッカ・ディ・カスタニョーリ」
D.O.P. Chianti Classico 500ml
トスカーナ州はイタリアでも屈指のワインとオリーブオイルの名産地です。
その歴史も古く、高品質のワインを生み出す多くの
ワイナリーが優れたオリーブオイルの生産も手掛けています。
このロッカ・ディ・カスタニョーリ社も同様です。


サーレ ディ トスカーナ フィーネ
(トスカーナ・ヴォルテッラ産 岩塩) 1kg ソサルト
知る人ぞ知るトスカーナは
ヴォルテッラ産の岩塩で作られたミネラル豊富な岩塩。
マイルドな塩は素材の旨みを引き出します。
パスタ・野菜・シーフードなどを茹でる際に、
またスープなどの味付けにもどうぞ。


【生花 切り花 切花 その他 ナノハナ なのはな】【生花】菜の花:
:[10本]※届日限定:1/19以降


310マダガスカル・ブラックペパー(Black Pepper,Madagascar) Sサイズ 20g

にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村こちらにもクリックよろしくお願いしますTop Food Blog


イタリア料理レシピ手順

  1. 菜の花の切り花は
    最後に飾りに使います
    花のみをとっておきます
    数はお好みで
  2. ソースパンに
    おゅを沸騰させ
    お湯の量の1%の塩を加え
    菜の花を入れ茹でます
    10分間茹でます
  3. ざるに空け水気を切り
    キッチンタオルで包み綺麗に水気を吸い取ります
  4. 菜花10本だけ残し
    その他は
    粗く刻みます
  5. パルミジャーノチーズは
    すり下ろします
  6. 松の実は
    フライパンでから煎りします
  7. フードプロセッサーに
    刻んだ菜花・オリーブオイル。アンチョビー松の実を入れ
    ペースと状になるまで攪拌します
    塩を振り入れ味を調えます
  8. パスタパンに
    たっぷりのお湯を沸騰させ
    お湯の量の1%の塩を加え
    パスタを入れ茹でます
    パスタの茹で時間は袋に表記されている
    茹で時間より2分間短く茹であげます
    アルデンテをお楽しみいただけます
  9. フライパンに
    ペースとを入れ弱火で温めておきます
    菜花のとっておいたもの4等分にし加えます
  10. パスタが
    茹で上がったら
    パスタの水気を切り
    フライパンに入れソースを絡めます
  11. 食器に
    盛り付けます
    上に切り派なの菜の花を飾ります

おすすめの食器


リチャードジノリ (Richard Ginori) ベッキオホワイトプレート 26cm


フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア特治州ウーディネ県ラティザーナLatisana

ラティザーナは、
イタリア共和国フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州
ウーディネ県にある、
人口1万4000人の基礎自治体。
ウィキペディア
フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア特治州ウーディネ県ラティザーナLatisana
フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア特治州ウーディネ県タヴァニャッコTavagnacco

ラティザーナLatisana レストラン
ラティザーナLatisana レストラン Da Boschet

Da Boschet

Restaurant Alle Griglie (2)

Da Boschet10

Da Boschet9

Da Boschet8

Da Boschet5

Da Boschet4

Da Boschet3

Da Boschet2

Da Boschet1

Da Boschet0

 - イタリアンレシピ, イタリア料理, イタリア料理レシピ, パスタ , , , ,

Comment

  1. yuko より:

    なばな大好きです
    ジェノヴェーゼ風美味しそうですね
    お花の部分を飾るのも素敵です
    素敵なレシピありがとうございます

  2. kazuyoo60 より:

    クリスマスローズにもう種まで、素晴らしいです。早く咲きましたね、。
    育ちすぎて出荷できない白菜が畑に残ってるのが映っていました。そのまま花が咲けば、白菜の蕾も美味しいのですが、スーパーには並びません。
    松の実はいろんなところで活躍ですね。

  3. こんにちは。
    いつもブログにコメントをくださりありがとうございます。

    春らしい素敵なパスタですね!!
    これからの時期にいいですね!!

    とても美味しそうです。

    全部ポチッと応援させて頂きます。

  4. mana より:

    ryujiさん こんにちは♪

    菜の花をジェノベーゼ風に
    これはナイスです~~!(^^)!
    季節の食材で素敵なパスタになりましたね
    美味しそうです(*´ω`*)

    >いつもありがとうございます(=^・^=)

  5. misya より:

    こんばんは♪
    いつも有難うございます♪
    菜花、大好きなんです~春らしいパスタ♪
    とっても美味しそうです(^^

  6. amabilis より:

    ryuji_s1さん、こんばんは☆
    いつも美味しいレシピとブログへ応援コメントをありがとうございます。

    菜花の季節ですね。
    ジェノベーゼ風にパスタソースにしていただくのですね。
    春を先取り季節を感じ、とても美味しそうです。

  7. タヌ子 より:

    もうそろそろ菜の花が出回る季節になるんですね。
    菜の花が食べたくて、栽培してみたいのですが、ヒョロヒョロしていて、結局葉っぱだけサラダに使って終わってしまいました。
    日本は菜の花や春菊、デトックス効果のある苦みのある野菜が沢山あっていいですよね。

  8. らるむ。 より:

    こんばんは。
    バジルの香りはしないけど、菜の花のジェノベーゼ風興味深々です♪
    お昼にパスタを食べたばかりですが、ジェノベーゼの言葉から脳裏に浮かぶ香りはまた食欲を沸かせますね。

    応援3☆

コメントを残す

  関連記事

no image
牛丼
パスタ スパゲッティ-ニ 落ち鮎とボッタルガ
空豆とペコリーノ トスカーノ スタジオナートのポタージュ
パスタ リングイネ ルッコラペースト ミモザズ添え
パスタ キタッラ セミドライトマトと グアンチャーレ
ハーブと水牛リコッタチーズのパスタ タリアッテレ
パスタ  リングイネ サルシッチャ ローズマリー風味
小しわしのマリネ
あさりと天使のエビのカルトッチョ
焼きそら豆のペコリーノとリコッタチーズ和え