イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,580、パスタのレシピ数は1586。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

パスタ スパゲッティ-ニ 菜の花のペースト

      2017/01/31

イタリア料理レシピ

菜の花を茹で
アンチョビーフィレとオリーブオイルをフードプロセッサーに入れ
ミキシングしてペースと状にします
これをパスタソースにします
パスタはスパゲッティを使います



スィートアリッサム

アリッサム

アリッサム




イタリア料理に使用する食材2人分

パスタ スパゲッティ-ニ 140g
菜の花 200g
パルミジャーノチーズ 45g
アンチョビーフィレ 4個
オリーブオイル 30cc
適量
ブラックペパー 30粒



イタリア料理に使用する食材


スパゲッティ-ニ 1.8mm 500g [箱入り]/ Pasta Mancini(パスタ・マンチーニ社)イタリア産




高知・千葉県産他 菜の花 約200g1束 


ORTIZ★【オルティス社製】樽出し芳醇アンチョビ(瓶詰)★
スペイン産アンチョビ・フィレ
柔らかく深い味わい。アンチョビの概念がくつがえる極上品です
原材料はスペイン・カンタブリコ海で水揚げされたカタクチイワシ。
新鮮なイワシから骨や皮を取り除いてフィレにし、
樽の中で6ヶ月以上も寝かせて発酵させています。
肉厚の身はやわらかく引き締まっていて、
お口の中で深い旨味がじーんとひろがります。
一般のアンチョビにありがちな骨っぽさは全くありません。
まさに、アンチョビの概念をくつがえす一品。
おつまみに、 オードブルに、存分にご堪能ください。


EU有機認定『若草の香り!』
Rocca di Castagnoli社 
EXVオリーブオイル
「ロッカ・ディ・カスタニョーリ」D.O.P. Chianti Classico 250ml


ミラノブルガリホテル採用パルミジャーノ界のフェッラーリと
称えられるハイクオリティパルミジャーノ
24ヶ月熟成 パルミジャーノ ・ レッジャーノ 約300g
【商品情報】
24ヶ月熟成はジェンナーリの基本のパルミジャーノです。
技術的には難しいと言われる脂肪分を多く残す作り方で、
いつまでも滑らかな味わいが特徴です。固くならないのが、うれしいチーズです。
最後のひとかけまでおいしくお召し上がりいただけます。


サーレ ディ トスカーナ フィーネ (トスカーナ・ヴォルテッラ産 岩塩) 1kg ソサルト


322テリチェリー・ブラックペパー(
Black Pepper, Tellechery)ガラスチューブパッケージ 22g入り

にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村こちらにもクリックよろしくお願いしますTop Food Blog


イタリア料理レシピ手順

  1. 菜の花は
    ソースパンに
    たっぷりのお湯を沸かしお湯の量の1%k塩を加え
    菜の花を茹でます
    下部の太い部分を最初に入れ
    30秒間したら全部入れ30条間茹でます
    ざるに空け水気を切ります
    キッチンタオルで包み込み水気を吸い取ります
  2. 菜の花を
    ざく切りにします
  3. アンチョビーフィレを
    細かく刻みます
  4. フードプロセッサーに
    菜の花・アンチョビーフィレ入れ
    オリーブオイルを加えミキシングします
    塩・ブラックペパーで味を調えます
  5. パスタパンに
    たっぷりのお湯を沸騰沸かしお湯の量の1%の塩を加え
    パスタを入れ茹でます
    パスタのゆで時間は
    パスタの袋に表示されている時間より
    2分間短めに茹でます
  6. フライパンに
    菜の花のペーストを入れ
    弱火で温めます
  7. パスタが
    茹で揚がったら
    パスタの水気を切り
    フライパンに入れソースを絡めます
  8. 食器に盛り付け
    パルミジャーノチーズをすり下ろし振りかけます

お勧めの食器


リチャードジノリ (Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm


ミラノ レストラン 5 Trattoria il Sogno Trattoria il Sogno
Trattoria il Sogno
Trattoria il Sogno face
所在地: Via Vetrego, 8, 30035 Scaltenigo, Mirano VE, イタリア
電話: +39 041 577 0471
キッチン若いシェフと鮮やかなブレンド中の支配人とマルコの長い経験から、
部屋の中2のパートナー、シルヴァーノによって夢を管理する上での経験を実行し、
地元の伝統の古い味を提供しています

 - イタリアレシピ, イタリアンレシピ, イタリア料理, イタリア料理レシピ, パスタ , , , , , ,

Comment

  1. misya より:

    こんにちは♪
    いつも有難うございます(^^
    おおお、おお!
    菜の花のペーストですか?!!
    ありそうでなかった!そんな感じですね!
    苦味とアンチョビの塩気と濃くと・・美味しそうです♪
    大人なパスタですね♪

    あったかくお過ごしくださいね(^^
    いつもいつも・・感謝です。

  2. puffpuff より:

    菜の花のペーストですか!
    美味しそうだな~。
    作ってみたいです!

  3. イヴォンヌ より:

    菜の花とアンチョビをペースト状にしたパスタ色もきれいで、おいしそうですね~♪

  4. amabilis より:

    ryujiさん、こんばんは☆
    いつも素敵なレシピをありがとうございます♪

    菜花のペーストでパスタソースに。
    お洒落です、もうすぐ春ですね

コメントを残す

  関連記事

絹さやのパスタ メッツェマニケ 白ごまのペースト
新タマネギのローストスープ
カリフラワー アンチョビー風味 パスタ コンキリエ
旬のメバルのズッパ・ディ・ペッシュ
ソラマメのリゾット ペコリーノ・トスカーナ・スタジオナート
パスタ タリアテッレスピナッチ 牛すじ肉のラグー
パスタ リングイネ 菜の花とボッタルガ
アンチョビー パスタ ジェラルド ディ ノーラ スパゲッティーニ ガルム風味
トラフグのハーソース添え
ブロッコリーとサルシッチャのポルペッテ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。