広告

イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,752、パスタのレシピ数は1653。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

パスタ スパゲットーニ 黒トリュフとサルシッチャ

      2016/12/19

イタリア料理レシピ

サルシッチャのうまさとコク
アキ黒とゅ腑の濃厚な香りが良くマッチします
フォンドボーと生クリームが加わり
コクのあるソースが太いパスタによ合います
パスタはスパゲットーニを使います



アメジストセージ




イタリア料理レシピ

サルシッチャのうまさとコク
アキ黒とゅ腑の濃厚な香りが良くマッチします
フォンドボーと生クリームが加わり
コクのあるソースが太いパスタによ合います
パスタはスパゲットーニを使います

イタリア料理に使用する食材2人分

tr>

パスタ スパゲットーニ 140g
黒トリュフ 50g
にんにく 1片
生クリーム 100cc
フォンドボー 100cc
サルシッチャ 100g
ペコリーノ トスカーナ リミタータ 30g
オリーブオイル 40cc
適量



イタリア料理に使用する食材


『パスタの極み』
Pasta Mancini社 スパゲットーニ 500gボックス
イタリア人が大好きな太目のパスタです。
太いパスタは生産が難しいためあまり出回っておりません。
伝統的な製法で作るもっちりした食感と、しっかりした食べごたえが魅力です。
マルケ州モンテ・サンピトランジェリ PASTA MANCINI社




期間限定 イタリア産 秋トリュフ 50g
ヨーロッパの晩秋を飾る秋トリュフ。
夏トリュフと黒トリュフの中間期に収獲されるこのトリュフは、
断面の色は夏トリフよりも茶色がかっており、
香りも夏トリュフに比べやや強めです。


《中沢乳業》純生クリーム45%【200ml】
北海道の牧場で育った乳牛の生乳からあつめた乳脂肪がおいしさの秘密。
生クリームの逸品として高い評価を得ています。
乳脂肪45%ならではのコクとまろやかな舌ざわり。
お菓子づくりやお料理に自然のままのおいしさをプラスします。
低温で静かにホイップすると、つやのあるなめらかなホイップクリームになります。
プロ愛用の本格フレッシュクリームをご家庭でお手軽に味わえる200mlパックです。


フォンドボー
キスコ:HCQフォンドボー!仔牛骨をコトコト煮込み一切化学調味料
添加物を使用せず作り上げたHOTEL CLASS QUALIT の製品です!
【1kg】【冷凍のみ】


トスカーナの伝統!
レニエリ家の秘伝!
生サルシッチャ
無添加、保存料不使用!
イタリア・レニエリ家の生サルシッチャ ソーセージ
※入手困難な逸品レニエリ家の製品です。【500g】【冷凍】


ペコリーノ トスカーナ リミタータ180 50g
イタリア、トスカーナ地方の羊乳を使い、
伝統的な手法で作られたハードタイプのチーズです。
最低180日間熟成させた限定品で、味、香りともに凝集され、
上品で味わい逸品です。


無農薬オリーブで
厳しい基準のもとに作られた
イルレチェート エキストラヴァージンオリーブオイル750ml
IGPトスカーナ&EU有機認定 750ml(687g)


サーレ ディ トスカーナ フィーネ
(トスカーナ・ヴォルテッラ産 岩塩) 1kg ソサルト
知る人ぞ知るトスカーナは
ヴォルテッラ産の岩塩で作られたミネラル豊富な岩塩。
マイルドな塩は素材の旨みを引き出します。
パスタ・野菜・シーフードなどを茹でる際に、
またスープなどの味付けにもどうぞ。

にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村こちらにもクリックよろしくお願いしますTop Food Blog


イタリア料理レシピ手順

  1. にんにくは
    薄皮をむき
    タタキ潰します
  2. サルシッチャは
    皮をむき中の身を取り出し手でちぎります
  3. 黒トリュフは
    10gをみじん切りにします
  4. パスタパンに
    たっぷりのお湯を沸騰沸かしお湯の量の1%の塩を加え
    パスタを入れ茹でます
    パスタのゆで時間は
    パスタの袋に表示されている時間より
    2分間短めに茹でます
  5. フライパンに
    にんにくを乗せ
    オリーブオイルを加えて
    弱火で炒めます
  6. にんにく全体が
    きつね色に担ったら取り出します
  7. サルシッチャを入れ中火にかけ
    木べらで細かく補くじながら炒めます
    サルシッチャが狐色になってきたら
    黒トリュフのみじん切りを入れ弱飛瀬手背炒め混ぜます
  8. フォンドボーを入れ煮込みます
  9. 生クリームを加え
    一度沸騰させ弱火に戻します
    2/3まで煮詰めコクをだします
  10. 食器に盛り付け
    最後に残りの黒トリュフを
    スライスして乗せかざります

お勧めの食器


リチャードジノリ (Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm


トリノ レストラン 3 Kido-ism  

Kido-ism
Kido-ism

所在地: Corso Carlo e Nello Rosselli, 54a, 10129 Torino, イタリア
電話: +39 011 509 6561
レストランは限り正確かつ可能な限り正確サービスを提供するために、
いくつかのテーブルでお客様こじんまりとした静かな空間を提供するという考えから生まれました。
おもてなしのコンセプトは
、料理の準備で新鮮な、天然成分の探索と正確さから、レストラン、
食品への情熱から生まれています。

私たちの願いは、快適で楽しい環境で、お客様にユニークな体験を提供することです。

レストランの城戸イズムクロチェッタの
トレンディな地区にある歴史や公共交通機関でトリノから車で
約20分の距離で市内中心部からわずか数分。
2009年には、まだビューの美食の点から完全な存在感、
彼はトリノに移動しました。
2010年9月には、ピエモンテの料理を経験した後、
そのレストランをオープンします。
レストラン「木戸イズム」の名前は、隆城戸料理の哲学である、
その料理は、彼の多くの旅行の彼の人生の写真、であるが、
とりわけ、日本、イタリア、スペインの料理の表現です。
素晴らしい経験、精度とこのシェフの情熱は、彼の料理、地中海料理、
アジア料理の巧みな融合を行います。

広告

 - イタリアレシピ, イタリアンレシピ, イタリア料理レシピ, パスタ , , , , , ,

Comment

  1. らるむ。 より:

    こんばんは。

    トリュフ〜!
    これは間違いなく美味しいですね(≧∀≦)
    クリスマスのご馳走にいただきたいです♪

    応援☆☆☆

  2. イヴォンヌ より:

    サルシッチャに黒トリュフに生クリームを使った贅沢なソースのパスタ。おいしそうですね~)^o^(

  3. kazuyoo60 より:

    例年ながら、アメジストセージが早い時期から今もまだ綺麗、上手にお作りです。
    今開封してるのは、素麺のような細いパスタです。
    今日のレシピも素材の良さですね。美味しいでしょう。

  4. yuko より:

    濃厚なソースなのでスパゲットーニがぴったりですね
    ちょっぴり贅沢なパスタ料理
    この時期にぴったりですね
    素敵なレシピありがとうございます

是非 あなたのご意見をお願いします 質問があれば分かる範囲でお答えしたいと思っております

  関連記事

辛口サラミとブロッコリーのパスタ スパゲッティ

辛口サラミとブロッコリーのパスタ スパゲッティ イタリア料理レシピ イタリアの辛 …

広告
豚カシラの パスタ キタッラ

イタリアン料理レシピ 豚のカシラ ほほ肉を使います 歯ごたえのある肉質ですが煮込 …

広告
カリフラワーのMinestra

イタリア料理レシピ カリフラワーのポタージュスープです イタリアと語でミネストロ …

広告
新タマネギ 冷製スープ 生ハム添え

イタリア料理レシピ 新タマネギの甘さと 生ハムの塩気が良く合います 簡単レシピで …

広告
米なすのココットロースト ラルド風味

イタリアン料理レシピ ,熱を加えるととろとろに溶け 素晴らしい風味を醸し出す米な …

広告
カキとズッキーニ ベビーリーフのパスタ スパゲッティ

カキとズッキーニ ベビーリーフのパスタ スパゲッティ イタリア料理レシピ ここで …

広告
米なすとリコッタチーズ・トリュフ入りパルミジャーノチーズクリーム・生ハム巻き

イタリアン料理レシピ 米なすに塩・ブラックペパー・オレガノを振りかけます 生ハム …

広告
スナップエンドウ アンチョビー風味

イタリア料理レシピ 早くもスナップエンドウが出回ってきました 甘くて美味しいお野 …

広告
豚肩ロース肉の真空低温コンフィ バルサミコソース

イタリア料理レシピ 真空パックに入れマリネしそのまま 60℃のお湯に24時間入れ …

広告
マルケ州の県と主要都市 サン ベネデット レストラン 24 Attico sul Mare

マルケ州の県と主要都市 サン ベネデット レストラン 24 Attico sul …

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。