イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,637、パスタのレシピ数は1614。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

パスタ マニケMancini  牛テールのラグー

   

イタリアン料理レシピ

牛テールを1Kgを使い
コラーゲンをたっぷりと取り入れたソース
赤ワインとフォンドボーそしてトマトホール
ソフリットを使用し奥深い味と旨みが凝縮されたソースです
パスタはワイシャツの袖をオリーブオイル意識した
パスタマリケを使用します

アプチロン

アプチロン

アプチロン

イタリア料理に使用する食材2人分

パスタ マニケMancini 140g
牛テール 1Kg
たまねぎ 2個
にんじん 100g
セロリ 1本茎と葉
にんにく 1片
赤ワイン 200cc
フォンドボー 100g
トマトホール 400g
オリーブオイル 50cc
適量
ブラックペパー 適量

イタリア料理に使用する食材


パスタ マニケ
メッツェマニケ 500g / Pasta Mancini(パスタ・マンチーニ社)イタリア
もう一皿食べたくなるパスタ・・・。
小麦の旨味・甘味を実感でき、モチモチとしながらもコシのある食感。
形が「半袖」に似たショートパスタ。


名称 黒毛和牛テール1kg
産地名 兵庫県 但馬牛
内容量 黒毛和牛テール1kg(1本)


【イタリア】【赤ワイン】【フルボディ】
【『sakuraワイン・アワード2015』ダブル・ゴールド受賞!】
モンテプルチアーノ・ダブルッツォ
カサーレ・ヴェッキオ[2015]
ファルネーゼ(赤ワイン)[Y][A][P][J]


フォンドボー
キスコ:HCQフォンドボー!
仔牛骨をコトコト煮込み一切化学調味料、
添加物を使用せず作り上げたHOTEL CLASS QUALIT の製品です!【1kg】【冷凍のみ】


プルネーティ フラントイオ 250ml
エキストラバージンオリーブオイル(ビオロジコ)/Pruneti Frantoio【2016年収穫】
品種:フラントイオ種100%
香り:熟したリンゴ、セージやローズマリーなどハーブの心地よい香り
合う料理:肉のグリル、オリーブオイルの強めの味が好きな方にはパンをおすすめ、
豆料理、貝類、豆や野菜のスープ


『クトレラ社シリーズ!』
Frantoi Cutrera社 シチリア産 海塩(細) 320g


309サラワク・ブラックペパー(Black Pepper,Sarawak)
ガラスチューブパッケージ 19g入り

にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村

こちらにもクリックよろしくお願いします

Top Food Blog

こちらにもクリックよろしくお願いします

イタリア料理レシピ手順

  1. 牛テールは
    冷凍ですので
    冷蔵庫に入れ一晩かけ自然解凍します
  2. 牛テールは
    1Kgの物がアクを取り脂を取り骨補取ると
    3割の歩留まりです
    300gが実質の量になります
    もちろんコラーゲンはたっぷりソースの中に残ります
  3. アクが一杯出ます
    鍋にたっぷりのお湯を沸かし、
    テールを入れて再度沸騰したら1分間茹でます
    その後お湯からすくいあげ、流水でアクを洗い流します
  4. 再度牛テールをソースパンに入れ
    コトコトと2時間煮込みます
    室温で冷ましその後
    冷凍庫に入れ一晩冷やします
    取り出すとソースパンの上の部分に脂が
    固まっています
    それを取り出します
    取り出す量は
    旨みがなくならない半量です
  5. たまねぎ・にんじん・セロリは
    みじん切りにします
  6. フライパンに
    オリーブオイルを入れ
    香味野菜を加え
    弱火で40分間炒めます
    焦げ付きやすいので木べらで鍋底をこすげながら
    丁寧に炒めます
    水分がしっかり飛んだらOKです
  7. フォンドボーは
    冷凍ですので
    室温で解凍
    必要量を取り出し
    残りは冷凍用のジップロックに入れ
    密閉し冷凍庫に入れ保管します
  8. ホールトマトは
    ボウルの上にざるを置き
    ざるの上にのせ
    ホールのへたと中の種を取り除き
    ざるの目を遠い裏ごしします
  9. にんにくは
    縦に二等分し
    中の芽の部分を綺麗にとりだします
    2mm角にカットします
  10. フライパンに
    香味野菜の炒めた物ソフリットを入れ
  11. 牛テールを入れ炒めます
    赤ワインを加え中火でアルコール分を飛ばします
  12. トマトホールの裏ごしした物を
    加えます
  13. フォンドボーを
    加え混ぜ合わせ煮込みます
    20分間煮込みます
  14. 牛テールの骨を
    取り出します
  15. パスタパンに
    たっぷりのお湯を沸騰沸かしお湯の量の1%の塩を加え
    パスタを入れ茹でます
    パスタのゆで時間は
    パスタの袋に表示されている時間より
    2分間短めに茹でます
  16. パスタが
    茹で揚がったら
    パスタの水気を切り
    パスタをフライパンに入れ
    ソースを絡めます
  17. 食器に
    盛り付けます

お勧めの食器


ベッキオホワイト プレート 26cm

カタンザーロのレストラン 22  Ristorante L’Olimpo 

Ristorante L’Olimpo

カタンツァーロのリストランテオリンポ:特定の選択肢が違いを生みます

にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村

こちらにもクリックよろしくお願いします

Top Food Blog

 - イタリアレシピ, イタリアンレシピ, イタリア料理, イタリア料理レシピ , , , , , , , ,

Comment

  1. kazuyoo60 より:

    >牛テールを1Kgを
    大昔に、1度だけ牛テールを買いました。すごい脂に仰天しました。
    1人ですし、もう買うことは無いと思います。

    • ryuji_s1 より:

      kazuyooさん
      テールは凄い脂です
      でも脂を綺麗に掃除すると
      淡泊なコラーゲンたっぷりのスープができます
      和ネギと良く合います
      コメントありがとうございます。

  2. puffpuff より:

    牛テール、美味しそう!
    仙台でよく食べた牛タン定食のテールスープが大好きでした。
    贅沢なソース♪

    • ryuji_s1 より:

      puffpuffさん
      牛テールのスープ
      仙台のテールスープ美味しいですね
      私も大好きです
      冷凍庫に入れ
      固まったあ゛ぶらを取りますと
      同じ澄んだスー部が仕上がります
      コメント
      ありがとうございます。

コメントを残す

  関連記事

Arista (イタリア フィレンツェの豚のロースト)
生ウニのにんにくとペペロンチーノ風味
no image
カチョカバロの白ワインビネガー風味
マイタケのスープ クリーム ベルパエーゼチーズ 風味
カジキマグロのカルパッチョ カポナータ添え
イチジクのパスタ フェデリーニ ゴルゴンゾーラ風味 過去recipe監修
パスタ キタッラ うすいえんどう そら豆 クルミペースト
なると金時のココットロースト アニス風味
パスタ リングイネ アンチョビーとコラトゥーラ・ガルム
アスパラの牛ローススライス肉巻き ブィンコット風味