イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,985、パスタのレシピ数は1693。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

パスタ キタッラ ラムチョップのカチャトーラ風

      2018/05/03

イタリアン料理レシピ

ラムチョップ4本分のブロックを使います
じっくり火を通し中がビンク色にします
柔らかく美味しいです
カチャトーラとは狩人のことを言います
野性的な感じがします
パスタはキタッラを使います


フレンチラベンダー



イタリア料理に使用する食材2人分

パスタ キタッラ140g
フレンチラムラック4本ラック
白ワインビネガー10cc
白ワイン 辛口20cc
アンチョビー4フィレ
にんにく2片
フォンドボー20cc+200cc
ローズマリー2枝+2枝
オリーブオイル10cc
適量
ブラックペパー適量



イタリア料理に使用する食材


こだわりのデュラム小麦を使用!
パスタ・マンチーニ社 マンチーニ キタッラ 2.0mm 500g 箱




オーストラリア産フレンチラムラック 約1.1kg前後(ラム骨付きロース ラ
ム肉 ラムブロック)
オーストラリア 肋骨のロース あばら骨付き
French Rack
骨付きフレンチラムラック、ラムブロック
ラムチョップ 1本ずづ
柔らか ジューシー 子羊の肉

<a href=”https://hb.AFL.楽天.CO.JP/hgc/13518feb.52a9ディーシー0a.13518fec.fe48222e/?PC=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Firodoriya%2Frosemary%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Firodoriya%2Fi%2F10004864%2F&link_type=pict&ut=eyJwYWdlIjoiaXRlbSIsInR5cGUiOiJwaWN0Iiwic2l6ZSI6IjI0MHgyNDAiLCJuYW0iOjEsIm5hbXAiOiJkb3duIiwiY29tIjoxLCJjb21wIjoiZG93biIsInByaWNlIjowLCJib3IiOjEsImNvbCI6MH0%3D” target=”blank” rel=”nofollow” style=”word-wrap:break-word;” >
ローズマリー 15g フレッシュハーブ 食用 和歌山県産
肉、魚料理の風味づけやハーブティーに
肉料理やポテト料理に、煮込み料理によく合います
彩り屋


TOMIZ cuoca (富澤商店 クオカ) イナウディ アンチョビフィレ / 80g
イタリアンと洋風食材 アンチョビ


フォンドボー
キスコ:HCQフォンドボー!
仔牛骨をコトコト煮込み一切化学調味料、添加物を使用せず作り上げた
HOTEL CLASS QUALIT の製品です!
【1kg】【冷凍のみ】


キレのある香り
ポイエル・エ・サンドリ 白ワインビネガー イタリア産 375ml


モンテヴェルティーネ エキストラヴァージン オリーブオイル 750ml


サーレ ディ トスカーナ フィーネ
(トスカーナ・ヴォルテッラ産 岩塩) 1kg ソサルト
知る人ぞ知るトスカーナは
ヴォルテッラ産の岩塩で作られたミネラル豊富な岩塩。
マイルドな塩は素材の旨みを引き出します。
パスタ・野菜・シーフードなどを茹でる際に、
またスープなどの味付けにもどうぞ。


326タスマニア・ブラックペパー(Black Pepper,Tasmania)
ガラスチューブパッケージ 15g入り

にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村



イタリア料理レシピ手順

  1. ラムチョップは
    冷蔵庫に入れ
    一日かけて自然解凍します
    取り出し室温に置き
    肉の
    中心温度が室温と同じになるように
    4時間かけます
  2. ラムラックの脂身の部位に
    亀甲形に内部で深めに切り目を入れます
  3. 塩・ブラックペパーを振りかけ
    全体にすり込みます
  4. ローズマリーは
    葉の部分を集め
    みじん切りにします
  5. にんにくは
    縦に二等分し中の芽のを綺麗に取り出します
    2mm角にカットします
  6. アンチョビーは
    みじん切りにとて
    潰してペースト状にします
  7. フライパンに
    ラムチョップの脂身を下にして
    弱火で炒めます
    じっくり炒め
    脂を搾りだし
    その脂をスプーンですくい
    上からかけます
    上からも柔らかい熱を加えます
  8. 脂身にしっかり焼き色をつけます
  9. オーブンを
    100℃に設定しておきます
  10. フライパンに
    白ワインを入れ
    中火で熱しアルコール分を飛ばします
    白ワインビネガー
    アンチョビーフィレ
    を加え弱火にしで温め撹拌します
    ローズマリーの葉のみじん切りを加えます
  11. グラタン皿に
    オリーブオイルを振りかけ
    上にラムチョップをのせ
    ローズマリーを2本載せて
    オーブンに入れローストします
    40分間ローストします
  12. 取り出して
    1本づつカットします
  13. ラムチョップの
    上の骨の部位を
    身から切り離します
    フライパンにオリーブオイルを入れ
    中火でカリカリに焼きます
  14. ラムチョップの
    身の部分を
    沿い切りにします
  15. バスタパンに入れ
    塩をお湯の量の1% を入れま
    パスタを入れゆでます
    バスタのゆで時間はバスタの袋に表示されている時間より
    2分ほど短くゆでます
    アルデンテの麺が楽しめます
  16. グラタン皿に残ったソースを
    骨の部位を炒めているフライパンに入れます
    フォンドヴォーを加えます
    塩・ブラックペパーを振り入れ
    味を調えます
  17. パスタが
    茹であがったら
    パスタの水気を切り
    フライパンに入れ
    ソースを絡めます
  18. 食器に
    パスタを盛りつけ
    ラムチョップを盛りつけ
    骨の部位を飾ります



お薦めの食器


リチャード・ジノリ 引き出物 ベッキオホワイト 白い食器 プレート
皿リチャードジノリ (Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm

にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村

 - イタリアレシピ, イタリアンレシピ, パスタ , , , , , , , , , ,

Comment

  1. ラムは大好きなお肉です。一度フライパンで脂を落としその脂でうまみを閉じ込め100度の低温温度で焼いてから又カリッと焼くとはとても手のかかっている作業さぞかし美味しいと思います。ラムとローズマリーの相性は大好き。そしてアンチョビーソースのパスタと一緒に。是非ご賞味させていただきたいお料理です。

  2. misya より:

    こんにちは♪
    いつも有難うございます(^^
    ラムチョップのパスタ!初めてです!
    豪華ですね~ラムチョップ好きにはたまりませんね(^^
    とっても美味しそうです(^^
    素敵な連休を♪

    • ryuji_s1 より:

      misya さん

      ラムチョップ
      美味しいです
      肉のうま味がたっぷり味わえます
      ありがとうございます

  3. masakohime より:

    ryujiさん、こんにちは。
    カリッと焼き上げたラムチョップを切って、パスタに。
    肉のしっかりした食感を残した美味しそうなパスタ。
    肉汁もパスタソースとしてしっかり吸わせているので、パスタ自体にもしっかり味が入っているのでしょうね。
    いつも素敵なレシピをありがとうございます^0^

  4. kazuyoo60 より:

    オーストラリア産なのですね。ニュージーランドも羊の国のイメージです。
    1.1kgなら、冷凍庫が空いたときなら買えないこともないです。注文しようかなと思います。

是非 あなたのご意見をお願いします 質問があれば分かる範囲でお答えしたいと思っております

  関連記事

春キャベツとはるみのサラダ
ホタルイカの白バルサミコマリネ
パスタ スパゲッティ 鶏レバーのラグー
さやいんげんの 生ハム添え
パスタ キタッラ うすいえんどう そら豆 クルミペースト
マルケ州の県と主要都市 アンコーナ レストラン 14 Vino e Cucina Miscia
燻製アンチョビーのパスタ スパゲッティ
花ズッキーニ フリット 水牛モッツアレラチーズとツナ
パスタ フジリのポロネーズ
パスタ カラマーリ ミニトマトと水牛のリコッタ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。