イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,990、パスタのレシピ数は1693。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

鯖のセージバター

      2016/02/01

鯖のセージバター


イタリアン料理レシピ

新鮮な鯖をお頭付きで
セージバターで炒めます
それだけです
低温で炒めた鯖はジューシーで
凄く美味しいです
セージの香りが良く合います
レモンをたっぷり搾って
お召し上がりください


ビオラ

IMG_5535ビオラ

IMG_5536ビオラ


イタリア料理に使用する食材6人分

300g2本
無塩バター/td>

30g
セージ4枚
薄力粉適量
レモン1個
塩(塩の花)適量



イタリア料理に使用する食材
栄養満点で脂のノリ、身の締まり共に抜群です。
弱火で焼いてください。
生塩鯖(真サバ) 冷凍1本-300g前後

冷凍生真鯖(まさば)
北海道
1本-300g前後


イタリア/ピエモンテ産
:ベッピーノ・オッチェリ氏の手作りフレッシュバター(無塩)|
冷蔵空輸品 |【250g】【
※当店は冷蔵のフレッシュバターをお届け致します】


セージ フレッシュハーブ 15g 食用 和歌山県産
ソーセージや肉類の臭み消しビネガーの風味付けに、
豚肉、挽き肉、イワシやサバなどくせの強いものとよく合います


内容量 : 約340g

生産社 : マリソル(MARISOL)

商品ブランド : フロス・サリス(FLOS SALIS)

「Flos Salis」とは、ラテン語で塩の花という意味。
最も上質でデリケート、繊細でありながら
パリッとした歯ざわりの雪の結晶のような塩が
Flos Salisと呼ばれる最高級の無精製、無添加の塩となります。
■ 内容量:約340g
■ 生産社:マリソル(MARISOL)
■ 商品ブランド:フロス・サリス

にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村こちらにもクリックよろしくお願いしますTop Food Blog


イタリア料理レシピ手順

  1. レモンは
    搾って絞り汁をつくります
  2. 鯖は冷蔵です
    常温に戻します
    流水で合い鱗を取ります
    腹に包丁を入れ開き
    内臓を綺麗に取り出します
    えらを取ります
    流水で綺麗に洗い流し
    中骨についている血糊も綺麗に洗い流します
    キッチンタオルで綺麗に拭き取ります
  3. 塩の花を
    鯖の腹の中に塗り込みます
    表面の皮目に
    塩を振ります
    薄力粉をまぶします
  4. フライパンに
    無塩バターを入れ弱火にかけます
    無塩バターが泡だってきたら
    セージの葉を入れます
    セージの葉がからからになってきたら
    取り出し塩を軽く振り入れます
  5. 鯖を入れ弱火で炒めます
    じっくりと炒め弱火である程度の焼き色をつけます
    軽く焼き色がついたら裏返します
    同じように弱火のまま炒めかめく焼き色をつけます
  6. 軽く焼き色が付いたら中火にし
    綺麗な焼き色をつけます
    裏返し中火で焼き色を付けます
  7. 食器は
    電子レンジ600wで3分30秒間熱し
    暖めておきます
  8. 食器に
    盛り付けます
    フライパンに残っているセージバターソースを
    ふりかけます
  9. レモン汁を振りかけます

おすすめの食器


リチャードジノリ (Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm


ラツィオ州フロジノーネ県チェッカーノCeccano

チェッカーノは
あるイタリアの町で23504住民のフロジノーネ県でラツィオ。
住民にとっては、州で5番目に大きい都市です。

ラツィオ州フロジノーネ県ソーラSora

チェッカーノCeccano  レストラン ristorante Il Contadino
Taverna Viro10

La Ciociara7

La Ciociara5

La Ciociara6

La Ciociara3

La Ciociara4

La Ciociara1

La Ciociara2

La Ciociara

Taverna Viro

Taverna Viro1

Taverna Viro3

Taverna Viro4

Taverna Viro8

Taverna Viro5

Taverna Viro9

 - イタリアンレシピ, イタリア料理, イタリア料理レシピ , , , ,

Comment

  1. masakohime より:

    ryujiさん、こんばんは。
    セージは肉料理に使うものだと、思い込んでいました。
    癖のある鯖やイワシにも合うのですね!
    セージの香りがするバターソース、想像するだけで嬉しくなります。
    内臓が入った鯖。ここまで新鮮な鯖でしたら、美味しさもひときわ。
    いつも素敵なレシピをありがとうございます^0^

  2. らるむ。 より:

    こんばんは。
    フレッシュセージを使った料理はまだ作ったことがないので、来年は挑戦してみたいです。
    ドライは持ってるけど、どうやって使ったらいいか・・・。

    応援3☆

  3. misya より:

    こんにちは♪
    いつも有難うございます♪
    鯖のセージバターですか!!
    思いつきもしませんでした!
    鯖もこんなふうにお洒落な1品になるのですね~♪
    とっても美味しそうです♪

  4. kazuyoo60 より:

    鯖をゆっくりと焼くのですね。今、鶏の足を炭火です。ほぼ焼きあがっています。
    炭火起こしをガス台に乗せました。
    ゆっくりと、美味しくな~れですね。

  5. ANNAsarara より:

    Ryuji3さんへ

    いつもありがとうございます。

    セージバター
    美味しそうですね♪
    作ってみたいレシピが増えました♪

是非 あなたのご意見をお願いします 質問があれば分かる範囲でお答えしたいと思っております

  関連記事

なすの赤ワインビネガーマリネ 水牛リコッタタソーズ風味
パスティフィーチョ・ヴィチドーミニパスタ ペコリーノ・トスカーノ・スタジオナート ポーチェドエッグ添え
新じゃがいもと下仁田葱のzuppa(ズッパ)
ポレンタ(Polenta)のフリット
たらことバジルのパスタ スパゲティーニ
スペアリブのコンフィ ラルド風味
パスタ リングイネ オレンジのクリームソース
ガットー・ディ・パターテ(gateau di patate)
鶏むね肉 たまねき炒め バルサミコソース
パスタ カンデーレ 豚肩ロースのラグー リコッタチーズ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。