イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は5,030、パスタのレシピ数は1698。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

鮭のソテー キノコの素揚げ添え

   

ダリア1ダリア2
ダリア
鮭のソテー キノコの素揚げ添え

鮭のソテー キノコの素揚げ添え
秋の料理です。
鮭とキノコのコラボレーション
キノコはお好きなキノコをお選び下さい。

新鮮な海の幸♪
鮭切身三昧 1.2kg前後(120g前後×10切)

黒いダイアモンド!黒トリュフエキスがギュッと入ったオリーブオイル♪
<イタリア・イナウディ社>黒トリュフオイル 40ml
イタリア・ピエモンテ産黒トリュフの天然エキスをオリーブオイルに封じ込め、
四季を問わずトリュフの味を楽しめるようにしました。
イタリア料理のみならずフランス料理の素材としてお使いいただけます。
オリーブオイル
最高級エクストラヴァージンオイル「MANAKI」(マナーキ)200ml
オリーブは、ギリシャ特有の原木マナーキを100%使用しています。
ギリシャ エルミオニ地方では、昔から最高品質のオイルを産む品種
として知られ、2年に1度しか実を付けない貴重な品種です。
オリーブはギリシャ、エルミオニ地方で生産されたものが、
世界最高品種といわれています
バルサミコ
Balsamico di Modena
La Vecchia Dispensa 20年
ラ・ベッキア・ディスペンサ20年
20年物のバルサミコ酢。
とろっとしており、酸味のカドが取れ、甘酸っぱい味わいです。
料理の仕上げとして使用すると効果的です。
乾燥オレガノ
ギャバン オレガノ パウダー(はなはっか)250g
シソ科の植物で、マジョラム、タイムに似た香りとほろ苦さがあるが、
もっとクセがあり野性的。イタリア、メキシコ料理に欠かせないスパイス。
特にトマト料理によく合い、ピザには欠かせない。肉・魚の臭み消しによい
料理の材料 4人分
鮭の切り身     120gから150gのものを4枚
マッシュルーム   100g
舞茸        80g
シメジ       80g
エリンギ      80g
イタリアンパセリ  2本
ルッコラ      16枚
プチトマト     8個
黒トリュフのオイル 4cc
揚げ油       キノコの素揚げに

胡椒
ソース
バルサミコ     20cc
乾燥オレガノ    3g
オリーブオイル   80cc
レモン汁      1個分
ソースを作ります
ボウルにバルサミコ・レモン汁・塩・胡椒・乾燥オレガノを入れて
泡立て器で良く混ぜ合わせます。
トリュフ風味のオイルを少しずつ加え混ぜ合わせてください。
塩・胡椒を入れて味を調えます。
料理の準備
キノコは食べやすい大きさに小分けてください。
イタリアンパセリは千切りにします。
鮭の切り身の皮付きの部分に横に切り目を入れます。
身がちゃんと見えるくらい深く
ルッコラは最後の飾りに使います。
包丁で1枚を3等分ぐらいにカットします。
プチトマトは4等分にカットします。
料理の手順
①天ぷら鍋にたっぷりのサラダ油を入れ180℃に設定します。
②キノコを入れてカリッとなるように揚げます。
 ペーパータオルの上に載せ油を切ります。
 熱いうちにちに塩を振りかけます。
③フライパンにオリーブオイルを入れ鮭の皮の方から中火より強めに
 してソテーします。
 皮がカリッとソテーされたら裏返して中火でソテーします。
④素揚げしたキノコをソースの入ったボウルに入れて絡ませます。
 イタリアンパセリの千切りを入れ混ぜます。
⑤器に鮭のソテーを盛り付けキノコを載せその上にルッコラを飾ります。
 プチトマトは回りに飾り、残っているソースを廻しかけます。
出来上がりです。
使用する調理器具
パスタパン
柳宗理 18-8ステンレスパスタパン 22cm
フライパン
ビタクラフト ウルトラ(9層シリーズ) フライパン 27.0cm

ウエッジウッド パラティア 27cmプレート

 - レシピ,

Comment

  1. すぅ より:

    dragonさん
    TBありがとうございました!
    いついただいていたのかしら~~
    普段、あまりいただけないものですから、今気がつきましたm(__)m
    さすが、毎日の夕食を担当しているdragonさん!我が家との格差、巨大です。

  2. みゆ より:

    ダリアがとても可愛いらしくて、育てたくなりました素敵ですね
    鮭とキノコのコラボレーションあっさりして美味しそうですね

  3. jugon より:

    ryuji s1さん、こんばんは。
    きのこが美味しくて種類も豊富な季節到来ですね。
    鮭は年中見かけるのでいつが旬なのかよくわかりませんが、すじこが出回ってきた今は美味しい季節ですか?でも、鮭っていつでもいいろな料理が楽しめて美味しいお魚ですね♪
    先ほど、牡蠣のオイル漬けを作って、今熟成中です・・・美味しくできてるかしら?楽しみです。

  4. らっこ より:

    ryuji_s1さん、こんばんは~
    秋鮭ときのこ、良いですね
    今が旬で手に入りやすいので
    是非参考にさせてくださいね
    (^_-)-☆
    TBよろしくです♪

  5. nene より:

    鮭と茸、美味しい組み合わせですね(*^v^*)
    お花もとってもかわいいです☆

  6. goya7e より:

    こんばんは。鮭のソテー は、いいですね。鮭は、好きで、よく食べるほうです。うまい工夫で、茸の素揚げ、できるんですね。
     鮭の絵、リアルで、ルッコラの緑が映えています。(この葉っぱは、比較的食べるのですが、ルッコラの名前とあってなくて、今回、マッチしました・・笑)。

  7. かのこ より:

    こんばんは。
    色々なキノコと鮭のお料理
    美味しそうですね~。
    秋をたっぷり頂く感じで
    体にも良さそうですね
    キノコの芳ばしさと鮭のソテーが
    あいそうですね。
    ワインがいいようですね。
    ステキデス。

  8. drkoontz より:

    シャケときたら、
    ムニエルくらいしかつくったことがないので、
    これはいいですね。
    カリカリになったシャケの皮は、
    これまた特段においしいです。
    きのこの添え物もあって、秋らしいおいしさが、楽しめそうです。^^

  9. korute より:

    きのこを油で揚げるなんて知りませんでした。
    近くにきのこを作っている工場があって
    この辺りでは色々なきのこが手に入ります。
    ただいためたり鍋物に入れていましたが
    早速作ってみます。いつもいつも教えていただいて楽しみが増えました。

  10. tansunidon2 より:

    ryujiさん、こんにちは、
    秋鮭の美味しい季節になりましたね、
    昨日は鮭のフライを作りましたけど、
    きのこをいれて、ソテーおいしそうですね。

  11. kazraasch より:

    いろいろなきのこがたくさんでおいしそうですね。私がいるところでは、いいシメジやらエノキやらまいたけが手に入らず(泣) 日本に帰ったら真っ先にいただくものの1つです。サーモンだったら負けないんですけどね~(笑)

  12. maruco より:

    鮭のソテーに茸を素上げにして沿える
    したしみやすいですね。
    早速出来そうです。

  13. かおりん より:

    おはようございます~♪
    鮭ときのこ、美味しそう!
    これは是非、作ってみたいです。
    鮭もきのこも大好きです。
    ルッコラは最後の飾りつけなんですね。
    今日のダリアも綺麗です。
    ryujiさん、尊敬しちゃいます(^-^*

  14. kazuyoo60 より:

    銅葉色で黄色のこのダリア、昔作ったことがあります。消えて残念です。
    キノコを素揚げですか。まだしたことが無かったです。
    鮭のソテー、こちらは時々します。こんなに手の込んだのは出来ませんが。

  15. 鮭のソテー良いですねヾ(@~▽~@)ノ
    秋鮭が美味しいです。それに今きのこが安くて秋の味覚って感じですヾ(@~▽~@)ノ
    ryuji_s1 さんいつも思いますが物凄い量のレシピですね。感心と尊敬です脱帽!
    黄色いダリア綺麗ですね。

  16. なっちん より:

    おはようございます
    鮭 おいしい季節ですよね。
    つい先日 食べました~!
    素揚げのキノコとの相性 良さそうですね♪
    黒トリュフのオイルが 風味を添えてくれるのかしら?
    ダリア
    まだきれいに咲いていてくれるんですね!

是非 あなたのご意見をお願いします 質問があれば分かる範囲でお答えしたいと思っております

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

たまねぎの風味 パスタ ビゴリ
鱈の白子のスパゲッティ-ニ
なすとモッツアレラチーズのパスタ
豚スペアリブとキャベツの煮込み料理 カッソーラ
アンティパスト 前菜 クリスマスのお楽しみ
鶏レバーのソテー トマトソース 巨峰添え
ペンネのトマトソース グラタン
栗の渋皮煮
そば粉のニョッキ
カルボナーラ パスタ カラマーロ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。