イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は5,054、パスタのレシピ数は1704。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

あんこうのトマト煮込み

   

ほととぎす1ほととぎす2
ほととぎす
ステキな花です。
イタリア料理レシピで作るあんこうのトマト煮込みイタリア料理

冬はアンコウがおいしいですね。
あんこうをイタリア料理でいかがですか
イタリア料理レシピ イタリアでもアンコウは食しています。ちゃんとしたイタリア料理です。
朝とれ!新鮮!山陰浜坂港の「アンコウ(生)」1尾 約1.3-1.9kg
ちゃんと捌いてくれるそうです。
イタリア料理レシピ イタリア料理に良く使います。
キスコ 冷凍 フュメドポワソン 1Kg (魚のブロード)
選りすぐった3種類の白身魚(ホキ、鱈、鯛)と新鮮な野菜を煮出しました。
魚の風味を引き立てたいときに最適です。
オリーブオイル
イタリア料理レシピ 絶対に必要なオリーブオイルです。イタリア食材の傑作です。
オリーブオイル
フレスコバルディ・ラウデミオ 500ml
イタリア・トスカーナ州、フィレンツェ近郊産
13世紀から続くフィレンツェの貴族、フレスコ
バルディ侯爵の領地で、伝統的な製法で作られて
います。
にんにく
イタリア料理、イタリア料理レシピに欠かせません。
青森県産ニンニク_特大お手頃2L(約1kg)
料理 材料 4人分
アンコウ      1人分 3切り
生ハム       12枚
にんにく      2片
玉ねぎ       1個
オリーブオイル   100cc
魚のブロード 400cc
にんじん 1本
セロリ       1本
ジャガイモ     1個
トマト       2個
塩         適量
胡椒        適量
セフィーユ     適量
料理の下ごしらえ
アンコウは一口大の切り身にして塩・胡椒を振り掛けそのまま30分から40分
位置いておきます。
にんにくはスライスいます。
トマトは湯むきして横に2等分して中の種とわたの部分をスプーンの柄を使って
取り除きます。
◎ソースを作る
 ①玉ねぎ・にんじん・セロリ・ジャガイモは茹でます。
 ②アンコウのキモ・アンコウの身5きれを茹でます。
 ③茹でた野菜とキモを適当な大きさにカットしてオリーブオイル・魚のブロードを
 ④チョッパー(ミキサー)にいれて撹拌します。
  塩・胡椒で味を調えます。
 ⑤裏漉しします。
  ソースの濃さは魚のブロードで調整します。
ブラックオリーブのペースト
 ブラックオリーブ    20個
 アンチョビーフィレ   4枚
 オリーブオイル     100cc
 ①鍋にオリーブオイル・アンチョビー・ブラックオリーブを入れ1時間煮込み
  チョッパーにかけてペーストにします。
◎盛り付け
 ①器にソースを流し込んで生ハムを巻いたアンコウを入れます。
 ②ブラックオリーブのペーストで格好良く線を描きます。
 ③セフィーユを飾ります。
料理に使用する調理器具
チョッパー
ブラウン マルチクイック プロフェッショナル MR 5550 M CA
Enjoy your cooking life with Braun smart hand.

ビタクラフト ウルトラシリーズ
両手鍋3L/19cm
漉し器
エコクリーン UK18-8ステンレス製 スープ漉し 21cm

【リチャードジノリ】
☆スープ皿(深皿)
◆ルナ・モザイコ
◆洋食器◆陶磁器☆Richard Ginori
http://item.rakuten.co.jp/sevres/rg01649mosaico0172/

 - レシピ,

Comment

  1. カー より:

    おはようございます♪
    ほととぎす、とっても色鮮やかで綺麗です。
    ほんと、あんこうの季節になってきましたねぇ
    あんこうといえば、鍋か唐揚げぐらいしか知らなかったけど、
    こんなお料理方法があったんですね。
    とってもお洒落なお料理で、勉強になりました。

  2. siawasekun より:

    TBチャレンジしています。
    上手くいっているのか、どうか、分かりません。
    今後も、時折、チャレンジはしますね。
    応援ポチも、当然しますが、・・・・。

  3. みゆ より:

    ほととぎす可憐に咲いていますね
    花びらの模様がなんとも大胆な彩りですよね
    生ハムで巻いたアンコウなんて美味しそうなんでしょう

  4. monii より:

    こんばんは♪
    先日はコメントありがとうございました。
    あんこう、食べたことがないのですが、
    イタリアンですか~。
    意外な組み合わせですね。

  5. 今日のレシピも斬新で凄く美味しそうです♪
    流石にあんこうを捌いた事はないですが★
    あんこうとトマトが凄く合う感じがします。

  6. かおりん より:

    こんばんは~♪
    遅くなってしまいました!
    今日、写真検索からお花のブログでコメントしました。
    あとで右側コメント履歴にryujiさんの名前が!
    驚くとともにryujiさんってスゴイなぁと思いました。
    ryujiさんって人気があるのですね。
    あんこうは食わず嫌いかも…(^-^

  7. siawasekun より:

    TBしましたよ。
    受け入れてくださいね。

  8. なっちん より:

    こんばんは
    今日は遅くなってしまいました( ̄∀ ̄;)
    あんこうをイタリアンでなんて♪
    あんこうといえば アンキモとあんこう鍋くらいしか思いつかない私には カルチャーショックです!
    でも トマトとあんこう 合いそうですよね♪

  9. drkoontz より:

    アンキモでソースをつくり、アンコウを食べるのですね。
    なるほどね、おもしろい。
    ぴったりでしょうね。
    贅沢な一品ですね。^^

  10. やんやん より:

    アンコウをイタリアンで!
    思ってもみませんでした~
    あんこう鍋しか知りません。^^
    赤いソースの中に白いアンコウ。
    最後のブラックオリーブのペーストが効いてますね。

  11. kazraasch より:

    おお、アンコウですか。数年前、オージーの主人がはじめてアンコウを魚市場でみてたまげてました。日本人はこんなものまで食べるのかと・・(笑)
    ホトトギス、和風の渋い花ですね。大好きです!

  12. nene より:

    こんにちは~♪
    あんこうをイタリアンで!!
    ryujiさんらしいアイディアで楽しいですね☆(*^V^*)
    体があたたまりそう♪

  13. tansunidon2 より:

    ryujiさん、こんにちは
    ほととぎすのお花ははじめて見ました。
    あんこうのお料理は日本ポイ感じですが、
    イタリアンなんですね。
    これから寒くなるのであたたかなイメージを思い浮かべます。

  14. jugon より:

    ryuji s1さん、こんにちは。
    ホトトギス、地味ですが何か存在感のあるお花ですよね?ryuji s1さんのところのは、色が鮮やかですね。
    あんこうのトマト煮、肝も入って、ブラックオリーヴのペーストで美味しそうです。

  15. こんにちは
    ホトトギスの季節ですね
    好きな花です^^
    あんこうは、ちょっとグロテスクで食べた事がありませんが、パスタ料理に使われるなんて、驚きです
    自分では調理できませんが、食べてみたいなぁって思いました

  16. kazuyoo60 より:

    アンコウをですか。余り買わないですが、鍋かなと思っていました。
    トマトは煮ると美味しいですね。こちらはよく使います。今の時期は水煮缶ですが。

  17. かのこ より:

    ryujiさん今日は。
    アンコウのイタリアンお料理・・
    アンコウはお鍋しか食べてことがありません。
    こう言う食べ方も・・と
    びっくりしたりなるほどと思ったりしています。
    ryujiさんのお料理で頂いて見たいですね。
    素敵なデナーになりそう。
    きっと美味しいでしょう~。
    肝が味噌ですね。
    ホトtギス綺麗でした。

  18. さと より:

    おはようです。アンコウ、去年はアンコウ鍋にしました。お高かったりするので時々見つけてしてみました。
    今日はキムチ牡蠣鍋を夕食にするつもりです。
    ほととぎす、かわいらしいなと思いました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

活シャコエビのオーブンロースト

活シャコエビのオーブンロースト イタリア料理レシピ コラトゥーラ ディ アリーチ …

皮付き豚バラのロースト ほうれんそう添え

皮付き豚バラのロースト ほうれんそう添え   イタリア料理レシピ 皮付きの豚バラ …

ポークジンジャー

      材料(二人前) 豚ロース肉(ステーキ用 …

浜名湖の鰻のローストパン粉合え

シレネ(スワンフレーク) 花が垂れ下がってきます、 結構長く咲いてくれそうです、 …

シラスのオリーブオイルとレモン

ジュリアン シラスのオリーブオイルとレモン イタリア料理レシピ イタリア料理食材 …

ジャガイモのフリッタータ ナツメグ風味

タピアン Section targeting ジャガイモのフリッタータ シナモン …

鶏モモ肉のトマトとチーズの煮込み

          &nbsp …

カチョカバロのソテーアンチョビー・ガルムソース

カチョカバロのソテーアンチョビー・ガルムソース イタリア料理レシピ アドナイ・カ …

鶏むね肉の白インゲンクリームソース

イタリアン料理レシピ 鶏むね肉を薄力粉をつけて ソテーします 白いんげん豆を生ク …

タコとグリーンオリーブのパスタ スパゲッティ

イタリアン料理レシピ 生のタコを使います 新鮮なタコを赤ワインと 香味野菜・にん …