イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は5,026、パスタのレシピ数は1697。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

牛肩肉の煮込み ソフリット風味

   

オギザリスオギザリス
オギザリス
牛肩肉の煮込み ソフリット風味

牛肩肉の煮込み ソフリット風味

イタリア料理レシピ
***ソフリットとは、
 タマネギ、ニンジン、セロリといった甘味野菜を
 オリーブオイルでじっくりと炒めることによって
 作られるものをいいます。
 野菜の甘みと旨みを手軽に料理に加えることができ、
 イタリア料理の隠し味としてよく使われます。
 タマネギ、ニンジン、セロリをみじん切りにする。
 フードプロセッサーを使うとよいです。
 このオリーブオイルのたっぷり加減ですが、
 オイルの中に野菜が浮ぶ程度です。
料理食材   4人分
牛肩肉………………………..1000g
にんじん………………………1/2本
たまねぎ………………………1/2個
セロリ………………………..1/2本
赤ワイン………………………400cc
ホールトマト…………………..600cc
ローズマリー…………………..3枝
オリーブオイル ソフリット用……..50cc
オリーブオイ.ル 牛肩肉のソテー用..100c
強力粉………………………..適量
塩……………………………適量
胡椒………………………….適量
イタリア料理レシピ パスタ レシピ 食材 オリーブオイル イタリア チーズ イタリア料理 洋食器
黒毛和牛肩ロースブロック1kg
イタリア料理レシピ パスタ レシピ 食材 オリーブオイル イタリア チーズ イタリア料理 洋食器
コッレ・アリオーゾ農園自慢の
エキストラバージンオリーブオイル
イタリア料理レシピ パスタ レシピ 食材 オリーブオイル イタリア チーズ イタリア料理 洋食器
生食できるトマト缶です
アナリサ フィレッティ 4号缶
(サンマルツァーノトマト6つ割り)
イタリア料理レシピ パスタ レシピ 食材 オリーブオイル イタリア チーズ イタリア料理 洋食器
”特選ハーブ” ローズマリー 
イタリア料理レシピ パスタ レシピ 食材 オリーブオイル イタリア チーズ イタリア料理 洋食器
イタリア料理レシピ パスタ レシピ 食材 オリーブオイル イタリア チーズ イタリア料理 洋食器
バローネ・リカーゾリ /カザルフェッロ[2003]
イタリア料理レシピ パスタ レシピ 食材 オリーブオイル イタリア チーズ イタリア料理 洋食器
静岡県産 ルッコラ(1束)
料理レシピ手順
①たまねぎは皮をむ縦に2等分して芯をカットします、
横に2つに縦に3つにカットします、
にんじんは1/2にカットして1cmの小口切りにします、
セロリは1/2にカットして筋をむきます、
1cmの小口切りします、
チョッパーまたはフードカッターを使い、
粗みじんにします、
ホールトマトは裏ごししておきます、
ルッコラは葉の部分を使用します、
②フライパンにオリーブオイル50ccを入れて
 粗みじんにした香味野菜を最初は中火で
 オイルが加熱したら弱火にして30分ぐらい炒めます、
 焦げ付かないように木べらでフライパンの底を
 なでる様にしてかき混ぜます、
野菜の水分をしっかり飛ばして野菜の持つ甘みと旨みを
 際だたせます、
③牛肩肉のブロックはほぼ5cm角に切りわけます、
 塩・胡椒を振りかけます、
 強力粉をまぶします、
 
④まぶしたらすぐにフライパンに100ccのオリーブオイルを
 入れ強火にかけ肉を入れ炒めます、
 ローズマリーを入れます、
 美味しそうな焼き色がついてきたら裏がえします、
 全体に綺麗な焼き色を付けます、
⑤肉が綺麗に焼けたら鍋の脂をボウルに取ります、
 ローズマリーは取っておきます、
⑥鍋にフライパンから肉と出汁を戻し入れ
 中火にかけグツグツ行ってきたら強火にして
 赤ワインを注ぎ入れます、
 アルコール分を飛ばします、
 20分ぐらい煮込みます、
 肉に付けた強力粉が溶けてソースになじみ
 とろみが出てきます、
⑦トマトホールの裏ごししたものを入れます、
 水を400cc入れて中火にかけて煮込みます、
 ⑤で取っておいたローズマリーを加えます、
⑧ ⑦を40分から50分煮込みます、
 塩・胡椒を入れて味を調えます、
⑨食器に盛りつけます、
ルッコラなどを添えます、
料理に使用する調理器具

イタリア料理レシピ パスタ レシピ 食材 オリーブオイル イタリア チーズ イタリア料理 洋食器
ビタクラフト ウルトラ浅型両手鍋4.0L
フライパン
イタリア料理レシピ パスタ レシピ 食材 オリーブオイル イタリア チーズ イタリア料理 洋食器
ビタクラフト ウルトラ(9層シリーズ) フライパン 27.0cm
ボウル
イタリア料理レシピ パスタ レシピ 食材 オリーブオイル イタリア チーズ イタリア料理 洋食器
柳宗理 ステンレスボール
裏ごし器
イタリア料理レシピ パスタ レシピ 食材 オリーブオイル イタリア チーズ イタリア料理 洋食器
メッシュシノアガード付き200mm
チョッパー
イタリア料理レシピ パスタ レシピ 食材 オリーブオイル イタリア チーズ イタリア料理 洋食器
タイガー スマートブレンダー SHA-100SF
食器
イタリア料理レシピ パスタ レシピ 食材 オリーブオイル イタリア チーズ イタリア料理 洋食器
マイセン 波の戯れホワイト プレート28.5cm 

 - レシピ, 牛肉 ロース フィレ もも バラ 頬肉 すね テール タン

Comment

  1. ortho より:

    ソフリットについての解説、参考になりました。

  2. aiちゃん より:

    牛肉を炒める時にローズマリーを入れるんですね
    私ハーブが大好きなんですけど料理に活用したことがなくって
    今度、入れてみようかな?どんな感じなのか楽しみです
    ↓のクリスマスローズきれいですね
    我が家は白が咲きました

  3. ぴえ より:

    ソフリットですか!本当に勉強になります(^▽^)ノ
    なんとも上品な味がしそうですね~♪

  4. オキザリスが綺麗に咲きましたね。
    新鮮なセロリが今出回っていますね。
    サラダやスープなどに使うしかなかったですが、このように炒めてからスープにすると野菜としての甘みが味わえるんですね。
    勉強になりました。

  5. 牛肩肉の煮込み美味しそう♪
    たくさんの料理&花のレパートリーはどこから出てくるのでしょうか。
    ドラえもんのポケットがあるんですか(笑)
    クリスマスローズ綺麗に咲きましたね♪

  6. みちこ より:

    暖かくなりましたね。生食のトマト缶は嬉しいですね。買い置きに是非。

  7. はせとも より:

    サイト訪問&コメントありがとうございました!
    とっても美味しそうなレシピが色々ありますね☆ おもてなしによさそうなメニューばかりなので、参考にさせていただきます~

  8. みゆ より:

    オギザリス可愛い花ですね
    育てるのが難しそうですが、どうなんでしょうか?
    私は料理にオリーブオイルを使うことが多いんですよ

  9. なっちん より:

    こんにちは
    柔らかく煮込んだ牛肩肉に
    甘味野菜のソフリット よくあいそうですね。
    おいしそうです。
    オギザリス きれいですね。

  10. tansunidon2 より:

    ryujiさん、おはようございます、
    今日もお料理のTBありがとうございます、
    美味しそうですね、
    オキザリスのお花が可愛らしく咲きましたね、

  11. kazraasch より:

    これまた素材の本当のおいしさがわかるようなお料理ですね。是非いただいてみたい!
    オギザリスって初めて見ました。とてもかわいい花ですね。ryujiさんのお庭は本当にたくさん植物があって素敵ですね。

  12. kazuyoo60 より:

    1種類だけオキザリスを持ってますが、この時期にも咲くのがあるのですね。
    ソフリットですか。野菜の甘みと美味しさをでしょ。野菜大好きです。
    手間暇かけて、美味しいものたちの共演です。

  13. ゆい より:

    おはようございます♪
    また凄くおしゃれ~♪
    ワインと一緒に頂きたいです~^^
    まだ一度も食べたことがない味だと
    思います^^

  14. siawasekun より:

    牛肩肉の煮込み ソフリット風味 、美味しそうですね。
    こういう料理を食べて、体力をつけたくなってきました。
    オギザリス、綺麗ですね。
    見て、嬉しい花ですね。
    応援ポチ。。

  15. ソフリット??
    初めて聞くよ~~
    ryuji_s1さんはお料理系のお仕事かなんかされてる方なんですか~??

  16. Sivaji より:

    今日はブフブルギニョンと似た料理ですね。
    ソフリットはフレンチではミルポワになるのかな。でも使い方は少し違いますね。
    肉を切ってからの煮込みなので、短い時間で済むのが各ご家庭ではありがたいでしょうね。
    最後にトマトを加えるのがいかにもイタリアンで、軽快さを醸し出し、その分、ワインも陽気な楽しみ方ができそうです。
    強めのキャンティでも美味しくいただけそうですね。

是非 あなたのご意見をお願いします 質問があれば分かる範囲でお答えしたいと思っております

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

牛モモ肉のステーキ レモン風味
カポナータのパスタ
ミニトマトとブラックオリーブのソテー
スペアリブのオレンジママレード煮
海老のニンニク焼き
レモンとパルジャーの生クリームのパスタ フェットチーネ
葡萄のカッテージチーズベニエスタイル
フェトチーネ 牛肉の赤ワイン煮
赤ワイン風味のトマトソース パスタ バベッティ
カサゴの紙の包み焼き
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。