イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は5,030、パスタのレシピ数は1698。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

南まぐろの中トロとアンチョビーのパスタ

   

おぎざりすおぎざりす
おぎざりす
南まぐろの中トロとアンチョビーのパスタ

南まぐろの中トロとアンチョビーのパスタ

イタリア料理レシピ

マグロの中トロの部分とマグロのボッタルとアンチョビー
を使用して見ました
アンチョビーの塩気とボッタルの塩気で十分あ゛じが整うと思います、
イタリア料理食材4人分
スパゲッティ(パスタ)………………320g
南まぐろの中トロ………………….160g
アンチョビー……………………..5枚
マグロのボッタル………………….30g
たまねぎ…………………………1個
タイム…………………………..6枝
オリーブオイル……………………20cc
岩塩…………………………….適量
ブラックペパー……………………適量
イタリア料理に使用する食材の紹介

ジロロモーニ 有機古代小麦グラツィエッラ・ラ スパゲッティ
イタリア産
イタリア有機農業の先駆者であるジロロモーニ氏が
代表を務める、
農業共同組合の生産農家と組合に認定された生産農家が、
1970年代の終わりに5000年前の古代エジプトの
遺跡から発見された小麦の種から栽培された古代小麦
グラツィエッラ・ラを使用し、風味や栄養分を損なわないように、
26時間をかけて低温乾燥しています。
太さ1.65mm、ゆで時間8分。

静岡県焼津直送
南まぐろの中トロ
厳選の天然南まぐろの中トロ。天然のまぐろにこだわった
石原水産イチオシ商品。ご家庭で召し上がりやすいよう
さくでご用意しました。
■商品内容■
天然南まぐろ中トロ150グラム

カンタブリア海からのアンチョビー
スペインからの美味しい食材
アンチョビー 365g

香り豊かな
オーガニックのフレッシュハーブ
【フレッシュハーブ】有機タイム

イタリア産 マンカ農園自家製 無農薬
エキストラバージンオリーブオイル サンジュリアーノ 750ml(常温)

トンノボッタルガ(マグロのからすみ)約110g
イタリアではボラのからすみよりマグロのほうが価値が高く貴重なものとされています。
【内容量】約110g
【原材料名】まぐろ腹卵、食塩
【保存方法】冷蔵
【発送方法】冷蔵発送
【原産国】イタリア、シチリア


ブラックペッパー(ホール)

プジョーPEUGEOT 電動ペッパーミル アルティア 20cm

ドロゲリア フィーノBOX
600g
イタリア産
シチリア島のペレッリーノ鉱山の地下1000mの
ところから採掘された岩塩です。
それを細粒状にしたものです。
お肉料理との相性は抜群です。
また、パスタの茹で塩から仕上げまで、
オールマイティーにお使い頂けます。
イタリア料理レシピ手順
①マグロは1cm角にカットします、
②アンチョビーフィレは微塵にします、
③マグロのボッタルガは細かくします、
④たまねぎは粗みじんにします、
⑤タイム4本はそのまま使います、
 タイムは2本は茎を取り除き葉のみにしておきます
⑥フライパンにオリーブオイルを入れたまねぎを
 弱火で炒めます、
 丁寧に透明感が出るまで炒めます、
⑦アンチョビーを入れ混ぜ合わせます、
⑧タイムとたまねぎが良く混ざり合ったらタイムの
 葉を入れます、
 ブラックペパーを振り入れます、
⑨パスタパンにたっぷりの水を入れ沸騰させ塩を
 軽くひとつかみ入れパスタを茹でます、
 パスタの茹で時間は袋に表示されている時間より
 2分間短めに茹で揚げます、
⑩フライパンにマグロを入れ炒めます、
 炒めすぎないように軽く焼き色が少しつくくらいに
 お願いします、
⑪フライパンにパスタの茹で汁をお玉一杯分60ccから80cc
 を入れ混ぜ合わせ茹で上がったパスタを入れかき混ぜ
 ソースを絡めます、
⑫食器に盛りつけパスタの上にマグロのボッタルをふりかけ
 タイムの枝を飾りに添えます、
イタリア料理に使用する調理器具

ビタクラフト ウルトラ フライパン補助把手付27.0cm 
IH対応等のマルチ熱源対応 全面多層構造で
弱火で素早く調理 無水、無油料理も

熱が伝わりやすい構造だから、少量の油や水でも美味しく出来る◎
WMF ミニシリーズ パスタ ポット 
サイズ(mm) 直径180
材質・原材料 18-10ステンレス
メーカー WMF

ロイヤルコペンハーゲン ホワイトプレイン パスタプレート 
パスタ
パスタ とは – 意味・用語解説 Weblio辞書

イタリア料理
イタリア料理 とは – 意味・用語解説 Weblio辞書

 - レシピ,

Comment

  1. ぷく より:

    まぐろに程よく火が通った、とっても美味しいパスタですよね
    まぐろの火の通し加減がちょっと難しそうですが・・
    アンチョビー+ボッタルガでうまみもたっぷりで、凄く贅沢なお料理ですね。
    お店で食べると、びっくりしそうなお値段がしそうです・・・

  2. きなこ より:

    アンチョビとマグロが出会うと…
    さらにからすみ(それもマグロの(゜o゜)が加わるとなると、
    もう、私の頭では味の予測がつかないですorz
    まだ知らないおいしさに魅力を感じつつ…(^^ゞ

  3. Ryujiさんこんばんは
    お集まりの皆さん初めまして
    に足跡をつけていただいてありがとうございます
    お礼に伺いましたが、結構本格的なお料理レシピにビックリ(・`∀・ノ)q
    まぐろのカラスミって、初めて聞きました。
    …まだカラスミ自体食べたことないのに…( ̄┰ ̄*)ゞ(笑)
    材料も貧乏人にゃ『???』だけど、とても美味しそうです
    またチラ見しにきますね(´∀`*)ノシ
    今日もお疲れ様でした
    明日も頑張りまっしょ~い★

  4. こんにちわ。
    アンチョビパスタはよく作りますが、マグロは入れたことないです。
    おいしそうですね。
    豪華さがますなあ。
    いつも勉強させていただきます。

  5. puffpuff より:

    オキザリス、はっぱも可愛いですね。
    マグロのからすみ、初めて知りました!
    マグロの炙りも美味しいですものね。
    とろっと柔らかいマグロがパスタに絡んで…
    はぁ~お腹が空いてきました。

  6. tansunidon2 より:

    ryujiさん、おはようございます。
    南マグロもなかなか食卓にあがらなくと聞きますが、美味しそうですね。
    何時もレシピとコメントありがとうございます。

  7. kazuyoo60 より:

    メバチマグロの規制?を報道で知りました。マグロをこのんでも食べていませんが、海の幸が各地で保護?規制?されたら、良いことではありますが、高くなっても困ります。
    南マグロ、さあ、どれくらい私の口に入ったでしょう。(笑い)

  8. junebug より:

    トンノボッタルガ、食べたことありません!
    どんなお味なんでしょうね、興味津々です。
    シーフードのないシカゴからすると中トロをパスタに使うというのは思わず「もったいない!」と思ってしまいますが、やっぱり美味しそう。。

是非 あなたのご意見をお願いします 質問があれば分かる範囲でお答えしたいと思っております

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

カボチャのニョッキ セージ風味
あまおうイチゴのリコッタ添え
ニョッキ トマトソース仕上げ
タコのパスタ ラグーソース
鱈の白子フッターのパスタ リングイネ トマトソース
no image
ドライ・ミニトマトミックスソースのパスタ ボッタルガ風味
マッシュルームのクリームソース 卵たっぷりのパスタ タリアテッレ
no image
セロリとジャガイモのローズマリー風味
煎りぎんなん
no image
ジャガイモのスープ(ビシソワーズ) キャビア添え
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。