イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,637、パスタのレシピ数は1613。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

パスタ リングイネ ブロッコリーソース

   

イタリア料理レシピ

12月のブロッコリーは
一杯ビタミン類、ミネラル類がバランス良く含まれている緑黄色野菜
栄養満点ですね
菜のブロードで煮込み
クタクタにしたソースを使います
にんにん・ペペロンチーノで香り付けします
アンチョビーを隠し味に使います
パスタはリングイネを使います



ビオラ




イタリア料理に使用する食材2人分

>

パスタ リングイネ 140g
ブロッコリー 1株
にんにく 2片
ペペロンチーノく 2本
アンチョビーフィレ 2フィレ
野菜のブロード 顆粒8g
パルミジャーノチーズ 30g+30g
オリーブオイル 50cc
イタリアンパセリ 1枝
適量



イタリア料理に使用する食材


カロリ パスタ リングイネ
【このモチモチッとした弾力!!コシの強さ!!たまりません!】




とれたてブロッコリーです。地元農家の朝採りなので新鮮!
ブロッコリー 福岡産


【ペペロンチーノを作るならコレ!】ディアボレッティ ペペロン・チーノ 50g


ORTIZ★【オルティス社製】樽出し芳醇アンチョビ(瓶詰)★
スペイン産アンチョビ・フィレ
柔らかく深い味わい。アンチョビの概念がくつがえる極上品です。


ウェル ビオロジコ 野菜ブロード 150g【輸入食品】


ミラノブルガリホテル採用
パルミジャーノ界のフェッラーリと称えられるハイクオリティパルミジャーノ
24ヶ月熟成 パルミジャーノ ・ レッジャーノ 約300g
【商品情報】
24ヶ月熟成はジェンナーリの基本のパルミジャーノです。
技術的には難しいと言われる脂肪分を多く残す作り方で、
いつまでも滑らかな味わいが特徴です。固くならないのが、う
れしいチーズです。
最後のひとかけまでおいしくお召し上がりいただけます。


無農薬オリーブで
厳しい基準のもとに作られた
イルレチェート エキストラヴァージンオリーブオイル750ml
IGPトスカーナ&EU有機認定 750ml(687g)


サーレ ディ トスカーナ フィーネ
(トスカーナ・ヴォルテッラ産 岩塩) 1kg ソサルト
知る人ぞ知るトスカーナは
ヴォルテッラ産の岩塩で作られたミネラル豊富な岩塩。
マイルドな塩は素材の旨みを引き出します。
パスタ・野菜・シーフードなどを茹でる際に、
またスープなどの味付けにもどうぞ。

にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村こちらにもクリックよろしくお願いしますTop Food Blog


イタリア料理レシピ手順

  1. ブロッコリーは
    つぼみの部位を切り取り集めます
    残りの部位は柔らかい穂先の部位はそのまま
    茎は薄くスライスします
  2. ソースパンに野菜のブロードを作ります
    300cのお湯を沸騰させ野菜のブロード顆粒8gを入れ
    溶かします
  3. ソースパンに
    つぼみを入れ煮込みます
    木べらで潰しどろどろにします
  4. にんにくは
    縦に二等分し
    中の目の部分を綺麗に取り出します
  5. ペペロンチーノは
    へたをカットし
    中の種を振るい落とします
  6. フライパンに
    にんにく・ペペロンチーノを入れ
    オリーブオイルを加え
    弱火で丁寧に炒めます
    アンチョビーを加え混ぜます
  7. にんにくの香りが立ってきたら
    火を止めます
    水15ccを入れ木べらで混ぜ合わせます
  8. ペペロンチーノは取り出し
    別の器に移しておきます
    最後に飾りにします
  9. パスタパンに
    たっぷりのお湯を沸騰沸かしお湯の量の1%の塩を加え
    パスタを入れ茹でます
    パスタのゆで時間は
    パスタの袋に表示されている時間より
    2分間短めに茹でます
  10. フライパンを中火にかけ
    ブロッコリーの柔らかいぷ部位・
    を入れイタリア料理のレシピ目ます
  11. 野菜のブロードで煮込んだ
    ソースをフライパンに入れ
    混ぜ合わせます
  12. パスタが
    茹で揚がったら
    パスタの水気を切り
    フライパン入れソースを絡めます
  13. 食器に
    盛り付けます
    パルミジャーノチーズをすり下ろし振りかけます
    ペペロンチーノを上にのせかざります

お勧めの食器


Dimoda ディモーダ ディナープレート シルバー


トリノ レストラン 1 Stefano Fanti al Ristorante Circolo dei Lettori

Stefano Fanti al Ristorante Circolo dei Lettor
トリノ レストラン 1 Stefano Fanti al Ristorante Circolo dei Lettori
i
所在地: Via Giambattista Bogino, 9, 10123 Torino, イタリア
営業時間: 本日営業 · 9時30分~21時30分
電話: +39 011 432 6827
予約: thefork.it
歴史的な部屋にあるレストランは、
ピエモンテと遊び心絵画から芸術家の肖像画のギャラリーを特徴とする、
それが最初の果物の季節性と光の中で解釈し直し
、伝統的なピエモンテの特選料理を提供していますし、
チームによって調製ビュッフェ、ビジネスランチやテーマディナーを
提供しています
シェフステファノファンティ率いるの若い専門家、。

 - イタリアレシピ, イタリアンレシピ, イタリア料理, パスタ , , , , , , ,

Comment

  1. kazuyoo60 より:

    ビオラが可愛いです。
    パスタにも腰があると表現されるのですね。アルデンテでは食べてない気がしますので。ブロッコリーは残っています。

  2. fleur de sel より:

    野菜ソースでのパスタはあまり作ったことがないので新鮮です。ブロッコリーにアンチョヴィーはアクセントが付いて美味しいでしょうね。これからビオラ夏の始まりまで目を楽しませてくれますね。

コメントを残す

  関連記事

かぼちゃのグラタンスープ
米とウスイエンドウ豆のスープ
うすいえんどう豆とラザニア
パスタ スパゲッティ 白トリュフ風味のカルボナーラ
いわしのサフラン・フェンネル パスタ リングイネ
グリーンアスパラ 卵黄添え
芽キャベツのフリット ペコリーノ・トスカーノフレスコ風味
カボチャのリゾット 赤ワイン風味
Arista (イタリア フィレンツェの豚のロースト)
パスタ フェットゥッチーネ(たまご麺) ホワイトアスパラ焼き 白トリュフ風味