イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,574、パスタのレシピ数は1583。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

パスタ リングイネ ァラ・グリッチャ

   

パスタ リングイネ ァラ・グリッチャ

イタリア料理レシピ

ローマでトマトを使用しないパスタをアッラ・グリッチャといいます
ペコリーノ・ロマーノチーズとクアカチャーレを使います


ナデシコ

IMG_5783ナデシコ

IMG_5784ナデシコ


イタリア料理に使用する食材2人分

>

パスタ リングイネ/td>

140g
グアンチャーレ 5mm角長さ25mmの拍子木型20個
たまねぎ 45g
にんにく 1片
ペペロンチーノ 1本
ペコリーノ・ロマーノチーズ 60g
白ワイン(辛口) 40cc
オリーブオイル 40cc
適量
ブラックペパー 適量



イタリア料理に使用する食材


パスタ リングイネ
パスタ発祥の地と言われるグラニャーノ地方のIGP(保護指定地域表示)。
職人の手作業で作られた希少なパスタ。
伝統的なブロンズ製の型を用いることで表面に
ざらつきが生じ、ソースが絡みやすくなる。
低温長時間乾燥でうまみ成分が熟成されるのも、
職人の手作業ならでは。 断面が楕円形の平麺ロングパスタ、リングイネです。
ジェノベーゼのほか、濃厚なソースによく合う。
ゆで時間8‐9分。
【内容量】500g
【原材料】デュラム小麦のセモリナ
【原産国名】イタリア





辛味の中に旨味たっぷりのペペロンチーノ
イタリア産ペペロンチーノ 100g


グアンチャーレ・クルード
トスカーナ産豚ほほ肉の生ハム
(大理石熟成 2カ月)
スローフード協会が、
コロンナータのラルド「Lardo di Colonnata」をとりあげた事もあり
今や美食家の間でも評判となっている
「ラルド ディ コロンナータ」を製造する工房でグアンチャーレは造られています。
その製造の名人アドルフォ・バルデーリの遺志を受け継ぐ「
ボッテガ・ディ・アド」では、
昔ながらの製法と誠実な仕事を現代に守り続けています
コロンナータの大理石で塩漬けされた豚のほほ肉の生サラミ
グアンチャーレ・クルードGuanciale crudo 約400~600g(冷蔵) 
不定貫Kg当たり7,949円(税


★イタリア産 ハード系チーズ
ペコリーノ ロマーノ チーズ 約500g


ゴルゴンゾーラ・マスカルポーネ
ゴルゴンゾーラとマスカルポーネを重ねて層にした優しい味わいのブルーチーズ。


無農薬オリーブで
厳しい基準のもとに作られた
イルレチェート エキストラヴァージンオリーブオイル750ml
IGPトスカーナ&EU有機認定 750ml(687g)


入荷しました!イタリア/ピエモンテ産
:ベッピーノ・オッチェリ氏の手作りフレッシュバター(無塩)
冷蔵空輸品 |【125g】【※当店は冷蔵のフレッシュバターをお届け致し】
【冷蔵/冷凍可】


サーレ ディ トスカーナ フィーネ
(トスカーナ・ヴォルテッラ産 岩塩) 1kg ソサルト
知る人ぞ知るトスカーナは
ヴォルテッラ産の岩塩で作られたミネラル豊富な岩塩。
マイルドな塩は素材の旨みを引き出します。
パスタ・野菜・シーフードなどを茹でる際に、
またスープなどの味付けにもどうぞ。

胡椒産地で有名なムントック産ホワイトペパー
315ムントック・ホワイトペパー(White Pepper,Muntok)
ガラスチューブパッケージ 25g入り

にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村こちらにもクリックよろしくお願いしますTop Food Blog


イタリア料理レシピ手順

  1. ペコリーノ・ロマーノチーズは
    すり下ろしておきます
  2. タマネギは
    繊維に沿って薄くスライスします
  3. にんにくは
    縦に二等分し
    中の芽の部分を綺麗に取り出します
    2mm角にカットします
  4. ペペロンチーノは
    へたをカットし中の種を振るい落とます
  5. グアンチャーレは
    5mm角長さ25mmの拍子木型にカットします
    20個作ります
  6. フライパンに
    オリーブオイル・グアンチャーレ・にんにく・ペペロンチーノを加え
    弱火で丁寧に炒めます
  7. グアンチャーレの
    脂が絞り出されたら
    白ワインを入れ中火で炒めます
    アルコール分を飛ばし
    グアンチャーレを取り出し別の器に移しておきま
  8. フライパンの火を止め
    水を20cc加え混ぜ合わせます
  9. パスタパンに
    たっぷりのお湯を沸騰沸かしお湯の量の1%の塩を加え
    パスタを入れ茹でます
    パスタのゆで時間は
    パスタの袋に表示されている時間より
    2分間短めに茹でます
  10. パスタが
    茹で揚がる2分前に
    パスタの茹で汁80ccを加え
    混ぜ合わせオイルを乳化させます
  11. 移しておいた
    グアンチャーレを戻しレます
  12. パスタが茹で揚がったらパスタの水気を切り
    ふらいぱんに入れソースを絡めます
    ペコリーノ・ロマーノチーズを振り入れ混ぜ合わせます
  13. 食器に盛り付け
    ブラックペパーを振りかけます



おすすめの食器


料理を一層引き立てるモダンでスマートなレリー
フグラシア ブラック 26cm平型スープ


ローマのレストラン中心部のレストラン14

Acquolina Hostaria
Acquolina Hostaria
Acquolina Hostaria

Acquolina Hostaria01

Acquolina Hostaria0

 - イタリアンレシピ, イタリア料理, イタリア料理レシピ, パスタ , , , , , , , , ,

Comment

  1. kazuyoo60 より:

    可愛いナデシコですね。大量生産されるのは有り難いですが、希少な味も続いてるのが良いですね。
    5mm角の面ですか。何世紀も受け継がれてきて今なのでしょう。

  2. puffpuff より:

    脂が美味しいですね!
    ジムへ通って食事が美味しくて…
    体重も体脂肪も右肩上がりで…^^;

    なでしこ、小さい頃よくこの花を摘んで遊んだ記憶があります。
    今から考えると、他人様の庭先のお花だったかも!!!

  3. mana より:

    ryujiさん こんにちは♪

    >職人の手作業で作られた希少なパスタ
    うわ~ そんなパスタがあるんだ (゚д゚)!
    凄いですね~
    一度は食べてみたいパスタですね。

    >いつもありがとうございます(=^・^=)
    ☆彡

  4. イヴォンヌ より:

    トマトを使用しないのをアッラグリッチャって言うんですね~
    おいしそう♪

  5. misya より:

    こんにちは♪
    いつも有難うございます(^^
    厳選された食材で作るパスタ!
    うまみたっぷりで、とっても美味しそうです♪
    食べてみたいです~格別な美味しさ何でしょうね(^^

  6. masakohime より:

    ryujiさん、こんばんは。
    >ローマでトマトを使用しないパスタをアッラ・グリッチャといいます
    ローマではパスタには、トマト!なのでしょうか(笑)
    嬉しい知識です。
    グアンチャーレの脂とペコリーノ・ロマーノの美味しそうなパスタですね^0^

コメントを残す

  関連記事

じゃがいものサラダ クルミ風味
パスタ リングイネ 花ズッキーニ クリームソース
最高のアンチョビーを パスタ スパゲッティ
彩りパスタ パドンニ ハートのクリームソース
パスタ チプリアーニ パパルデッレのセージバター風味
no image
今日の夕飯
ズッキーニとトマトソースのチーズロースト
鶏レバー 白ワイン風味
鯛のソテー アンチョビーソース・コラトゥーラ風味
戻りがつおの冷燻 ガルム風味のカルパッチョ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。