イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,636、パスタのレシピ数は1613。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

パスタ キタッラ ジロール茸

   

パスタ キタッラ ジロール茸

イタリアン料理レシピ

ジロール茸しイタリア・フランスのキノコです
アンズタケ ジロール茸
ジロール茸を炒めてトマトソースを加えて
ソースにします
食器にパスタを入れパルミジャーノチーズを振りかけ
バターを入れ溶かし
そのうえにキノコソースをかけます

シュウメイギクの綿毛

IMG_4356

IMG_4358

イタリア料理に使用する食材2人分

パスタ キタッラ 140g
ジロール茸 250g
たまねぎ 1/2個
無塩バター 15g
トマトホール缶 150g
イタリアンパセリ 60cc
オリーブオイル 40cc
パルミジャーノチーズ 40g
岩塩 適量
ブラックペパー 適量

イタリア料理に使用する食材


【アンティカ・ロッカ パスタ】 スパゲティ アッラ キタッラ 500g
小麦本来の味を引き出すため、
ゆっくり時間をかけて低温乾燥で仕上げています。
生パスタ同様のもっちりとした食感がお楽しみいただけます。
断面が四角いロングパスタ。新しい食感に出会えます。


【Champignon】ジロール 250g  [生きのこ・空輸品]
ヨーロッパでは人気のあるキノコのひとつ。
新鮮なうちに湿らせた布で拭き、生の時は杏に似た甘い香り。
上品な味で歯ごたえがあります。


アナリサ サンマルツァーノDOPトマト缶 400g
水分の少なさと果肉の多さは、
ソースになった時に他種と比べ
3割程の量の違いとなってあらわれます。
また口に残る種も少なく出来上がりも
滑らかでこっくりとしたまろやかさと
味の深みが出てきます。ぜひ味わってみてください。


パルミジャーノ レッジャーノ 24ヶ月熟成 約1kg
北イタリア、レッジョ・エミリア地方で
24ヶ月(2年)熟成した、
パルミジャーノ・レッジャーノを、
約1kgにカットしました。
細かく砕いてワインのおつまみに、
すりおろしてパスタやリゾットなど、
様々な料理でお楽しみ頂ける、
お得な大容量タイプです。


無塩 バター 250g フランス ノルマンディー産 イズニー Isigni AOP
ノルマンディーの大自然で作られるイズニーのバターは、
新鮮なハーブを餌と出来る環境があり、
ストレスを最も少ない放牧から育つ乳牛から作られます。
その色は黄色に輝きコクのある風味が特徴です。


イタリア/マトライア:エクストラバージンオリーブオイル【500ml】
サラダやグリル野菜、根菜や豆料理に。
すべてのパスタやリゾットに。豚肉や鶏肉など白身の肉料理にも

にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村

こちらにもクリックよろしくお願いします

Top Food Blog

イタリア料理レシピ手順

  1. たまねぎは
    繊維にそって出来るだけ薄くスライスします
  2. パルミジャーノは
    すりおろしておきます
  3. イタリアンパセリは
    茎を取りのぞき葉の部分をあら微塵にします
  4. トマトホールは
    缶からホール3個とジュース50cc
    取り出しボウルに入れておきます
  5. フライパンにオリーブオイルを入れ
    たまねぎとジロールだけを入れ
    弱火で10分ぐらい丁寧に炒めます
  6. フライパンに
    トマトホールとジュースを入れ
    弱火で40分間煮込みます
    火を止めイタリアンパセリを入れます
  7. パスタパンに
    お湯を
    沸騰させ塩を水量の1%を加えます
    パスタを入れ茹でます
    パスタのゆで時間は
    袋に表示されてある時間より
    2分間短めに茹で上げます
    仕上がり時にアルデンテを楽しめます
  8. パスタが茹で揚がったら水気を切り
    食器に盛り付けます
    パルミジャーノを振り入れ
    無塩バターを加え溶かし込みます
    上なフライパンのソースをかけます

イタリア料理に使用する調理器具


ステンレス4面チーズおろし


【柳 宗理】ステンレスボール3P・ザル3Pセット


フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm


フィスラー(Fissler) NEWプロコレクション マルチスター(パスタ鍋) 20cm


リチャードジノリ (Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm

 - イタリア料理レシピ, パスタ

Comment

  1. kazuyoo60 より:

    水分少な目に加工されたトマト缶、なるほどです。
    我が家のシュウメイギクも少しだけ綿毛が残っています。

  2. mana より:

    ryujiさん こんにちは♪

    今日も美味しそうなパスタですね^^
    ジロール茸、イタリア・フランスの茸ですか~
    まだまだ知らない食材があります。
    勉強になります、

    >いつもありがとうございます^^

  3. hokkoricafe より:

    ジロール茸、気になります。
    日本ではまず見かけないですね。
    ポルチーニも大好きなんですがスーパーで買えないから残念です。
    一度食してみたいな~。

  4. イヴォンヌ より:

    ジロール茸っていうのがあるんですね~
    トマトソースでおいしそう♪

  5. misya より:

    こんばんは♪
    アンズダケ・・・リンク先飛んで拝見してきました^^
    凄い形してますね^^
    美味しそう♪
    大人なパスタ・・そんな感じがします。
    とっても美味しそうです♪
    いつも有難うございます~感謝。

  6. らるむ。 より:

    こんばんは。
    ジロール茸は食べたことがないと思います。
    どんな味なのか興味深々です♪

    応援☆☆

コメントを残す

  関連記事

宮崎マンゴー パルミジャーノチーズ・生ハチミツのせ
パスタ リングイネ 鴨ロースと下仁田ネギ
フェットチーネのほうれん草とミモレットチーズ
ズッキーニのfrittella フリットゥーラ
パスタ スパゲッティ 栗と松きのこ クリームソース
パスタ スパゲッティーニ 稚鮎ポレンタの衣 タブナードソース
蕾菜とサルシッチャのソテー
パスタ スパゲッティ 桜エビのブラッドオレンジ風味
えびとブロッコリーのインサラータinsalata
パスタ イカ墨 スパゲッティー 秋鮭のクリームソース