広告

イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,746、パスタのレシピ数は1652。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

パスタ リングイネ かきのゴルゴンゾーラソース ピスタチオ添え

      2016/12/11

%e3%83%91%e3%82%b9%e3%82%bf-%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%a4%e3%83%8d-%e3%81%8b%e3%81%8d%e3%81%ae%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%82%b4%e3%83%b3%e3%82%be%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%82%b9

イタリアン料理レシピ

新鮮な牡蛎を
ゴルゴンゾーラ・ピカンテチーズのソース絡み
パルミジャーノチーズをふりかけ
ピスタチオチオをふりかけます
パスタはリングイネを塚ます
半生の牡蛎の風味がジューシーで海の香りがしてて
美味しいです



ローズマリー

img_6581%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%83%bc

img_6582%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%83%bc



イタリア料理に使用する食材2人分

パスタ キタッラ 140g
牡蛎 20粒
/td>ゴルゴンゾーラ・ピカンテチーズ

60g
ピスタチオ 30粒
生クリーム 150cc
にんにく 1片
パルミジャーノチーズく 40g
オリーブオイル 40cc
適量
ブラックペパー 適量



イタリア料理に使用する食材


ラ・ファッブリカ・デッラ・パスタ リングィーネ 500g




奥松島産 むき身牡蠣 500g
濃厚でクリーミーな牡蠣を鮮度そのまま直送します!【生食用】


イタリア産 チーズ ゴルゴンゾーラ ピカンテ
(辛口タイプ チーズ) D.O.P 約500g CAROZZI社


『クトレラ社シリーズ!』
Frantoi Cutrera社 シチリア産ピスタチオ 殻なし 50g


【イタリア/トスカーナ】
世界最高のEXオリーブオイルを選ぶFLOS OLEI 2010で1位に輝いた
エクストラヴァージンオリーブオイル ヴィッラ マーグラ 250ml(フランチ)


ミラノブルガリホテル採用パルミジャーノ界のフェッラーリと称えられるハイクオリティパルミジャーノ 24ヶ月熟成 パルミジャーノ ・ レッジャーノ 約300g
【商品情報】
24ヶ月熟成はジェンナーリの基本のパルミジャーノです。
技術的には難しいと言われる脂肪分を多く残す作り方で、
いつまでも滑らかな味わいが特徴です。固くならないのが、うれしいチーズです。
最後のひとかけまでおいしくお召し上がりいただけます。


サーレ ディ トスカーナ フィーネ
(トスカーナ・ヴォルテッラ産 岩塩) 1kg ソサルト
知る人ぞ知るトスカーナは
ヴォルテッラ産の岩塩で作られたミネラル豊富な岩塩。
マイルドな塩は素材の旨みを引き出します。
パスタ・野菜・シーフードなどを茹でる際に、
またスープなどの味付けにもどうぞ。


別名「ギニアの黒とうがらし」
327セリム・ブラックペパー(Selim Black Pepper)
ガラスチューブパッケージ 11g入り

にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村こちらにもクリックよろしくお願いしますTop Food Blog


イタリア料理レシピ手順

  1. 牡蛎をあらいます
  2. 牡蛎は
    キッチンタオルで包み水気をしっかり吸い取ります
  3. パルミジャーノチーズは
    すりおろします
  4. ゴルゴンゾーラ・ピカンテチーズは
    細かく刻みます
  5. にんにくは
    縦に二等分し中の芽を綺麗に取り出します
    みじん切りにします
  6. ピスタチオは
    粗く刻みます
  7. パスタを茹でます
    パスタパンにお湯を沸騰させお湯の量の1%の塩を加え
    パスタを入れ茹でます
    パスタの茹で時間は
    パスタの袋に記載されている時間より2分短めにゆであげます
    アルデンテをお楽しみ頂けます
  8. フライパンに
    にんにくを入れ
    オリーブオイルを加え
    弱火で丁寧に炒めます
    にんにくが色づいて着たら
    火を止め
    水15ccを加え混ぜ合わせます
  9. 中火し
    生クリームを加え一度沸騰させ
    弱火にしてゴルゴンゾーラ・ピカンテチーズを加え
    溶かし混みます
  10. パスタの
    茹で揚がる2踏まえに
    牡蛎を入れ弱火で軽く火を通します
    塩・ブラックペパーで味を調えます
  11. パスタが
    茹で揚がったら
    パスタの水気を切りフライパンに
    入れソースを絡めます
  12. 食器に
    盛り付けます
    パルミジャーノチーズをふりかけます
    ピスタチオチオをふりかけます

お勧めの食器


リチャードジノリ (Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm


 ベニス レストラン 21   Bacaromi 

Bacaromi
Bacaromi Face book
ヒルトンモリノスティッキー、ヴェネツィア
ジュデッカ810、30133、ヴェネツィア、イタリア
電話 39041 311 2723
当ホテルのレストランBacaromiにベネチアの伝統の味を体験してください。
自分自身に私たちの現代Bacaroののおいしい料理の喜びを与えます。

bacaromi02

bacaromi01

広告

 - イタリア料理レシピ, パスタ , , , , , ,

Comment

  1. らるむ。 より:

    こんばんは。

    牡蠣大好き♪
    今年こそは牡蠣×クリームパスタに挑戦したいな。

    応援☆

  2. misya より:

    こんばんは♪
    いつも有難うございます〈^^
    ゴルゴンゾーラと牡蠣と、ピスタチオ!
    食材の組み合わせがなんともお洒落ですね〈^^
    センスの良さが光る1品・・とっても美味しそうです〈^^
    彩りも綺麗ですね♪

  3. イヴォンヌ より:

    牡蠣にチーズそして生クリームを加えておいしそうなパスタですよね~(*^_^*)

  4. masakohime より:

    ryujiさん、こんにちは!
    牡蠣とゴルゴンゾーラの組み合わせ、どんな濃厚な味になるのかしら。
    想像もできません!
    少し食感に違うピスタチオが、また楽しそうです。
    シチリア産のピスタチオ、美味しいのですよね。
    いつも、極上のレシピをありがとうございます^0^

  5. kazuyoo60 より:

    表題のピスタチオが誤植です。
    ローズマリーが賑やかに咲いて綺麗です。
    今度行ったときにピスタチオを買いましょう。大好きな味です。

  6. おはようございます(*^_^*)
    牡蠣とゴルゴンゾーラチーズと
    にんにくの香りがしてくるようです(*^_^*)
    とっても美味しそうですね〜
    私も食べたいです(*^_^*)

  7. fleur de sel より:

    ゴルゴンゾーラ ピカンテチーズと牡蛎のどちらも個性的な味の組み合わせとってもこくのある美味しいものでしょうね。パルミジャーノチーズにそしてピスタチオ
    とっても豪華です。

是非 あなたのご意見をお願いします 質問があれば分かる範囲でお答えしたいと思っております

  関連記事

チコリの野菜のブイヨンロースト

イタリアン料理レシピ アンディーブとは ヨーロッパ原産の野菜でヨーロッパでは一般 …

広告
パスタ リングイネ牡蛎のコラトゥーラ風味

イタリア料理レシピ 殻から出る牡蛎のエキスをしっかり使います 風味が違います そ …

広告
パスタ ソバのフェットチーネ 鹿肉のラグー

イタリアン料理レシピ ジビエ料理ですが 鹿肉の柔らかく癖のない部位をもも肉を使い …

広告
なすとパンチェッタのパスタ リングイネ

イタリアン料理レシピ 焼茄子の風味を活かしたパスタ料理です 素晴らしアンチョビー …

広告
パスタ ファルファッレ 生ハムとそらまめ ウスイエンドウのクリームソース

イタリアン料理レシピ ファルファッレ 蝶のパスタ  ストライブ模様のオシャレなパ …

広告
no image
京都のイタリアンレストラン

お箸で食べるイタリアン SCORPIONE 祇園店です 京都のイタリアンレストラ …

広告
菜の花のバスタ キタッラ ペコリーノロマーノ風味

イタリアン料理レシピ イタリアでは 菜の花はチーマデラーパといいます 菜の花のほ …

広告
パスタ キタッラ なすとパンチェッタ トマトソース

イタリア料理レシピ なすとパンチェッタの風味が凄く合います それに裏ごしした な …

広告
グーリーンアスパラのパルミジャーノソース ラルド風味

アジサイ アナベル イタリア料理レシピ パルミジャーノチーズソースとラルドの風味 …

広告
アスパラの牛ローススライス肉巻き ブィンコット風味

イタリアン料理レシピ ヴィンコットとは まだ砂糖が存在しない時代、 南イタリアで …

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。