イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,608、パスタのレシピ数は1599。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

パプリカ アンチョビー・ブラックオリーブ・ペコリーノロマーノ

      2017/06/17

イタリア料理レシピ

パプリカの旬は6・7・8月です
夏にもっとも栄養価が高くなります。
もちろん鰺も最高です
アンチョビー・ブラックオリーブ・
ペコリーノロマーノチーズを飾り
オリーブオイルとレモン汁を振りかけます



ナデシコ

ナデシコ

ナデシコ




イタリア料理に使用する食材2人分

パプリカ 赤・黄1個
アンチョビーフィレ 6枚
ブラックオリーブ 3個
レモン 1/2個
ペコリーノロマーノ 2cm角3個
オリーブオイル 20cc



イタリア料理に使用する食材


高知県産 パプリカ(赤・黄)
1個、約200g、直径約8.5cm




ORTIZ★【オルティス社製】樽出し芳醇アンチョビ(瓶詰)★
スペイン産アンチョビ・フィレ
柔らかく深い味わい。アンチョビの概念がくつがえる極上品です。
原材料はスペイン・カンタブリコ海で水揚げされたカタクチイワシ。
新鮮なイワシから骨や皮を取り除いてフィレにし、
樽の中で6ヶ月以上も寝かせて発酵させています。
肉厚の身はやわらかく引き締まっていて、
お口の中で深い旨味がじーんとひろがります。
一般のアンチョビにありがちな骨っぽさは全くありません。
まさに、アンチョビの概念をくつがえす一品。


【イタリアから直輸入】
120年以上家族代々守ってきたオリーブ畑で作った極上のオリーブ。
フラーテピエトロ一家
【イタリアから直輸入】最も大きな「GGG」サイズの極上のオリーブ。
太陽の恵みを受け、 ほんのりとした甘みがあります。
オリーブの中でも最大となる 「ベッラディチェリニョーラ」種。


★イタリア産 ハード系チーズ
ペコリーノ ロマーノ チーズ 約500g


【イタリア/トスカーナ】
世界最高のEXオリーブオイルを選ぶFLOS OLEI 2010で1位に輝いた
エクストラヴァージンオリーブオイル ヴィッラマーグラ 500ml
(フランチ)
Olio extra vergine di oliva Villa Magra
Franci


『クトレラ社シリーズ!』
Frantoi Cutrera社 シチリア産 海塩(細) 320g

にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村こちらにもクリックよろしくお願いしますTop Food Blog


イタリア料理レシピ手順

  1. パプリカは直火で焼いて

    皮を剝きます
  2. 水気をキッチンタオルで
    綺麗に拭き取ります
  3. 縦に二等分にしへたを取り
    中の種と白い部分を例に掃除します
    二等分した物を更に縦に4等分にします
  4. アンチョビーフィレは
    みじん切りにします
  5. ブラックオリーブは
    種抜き木で種を取り
    3mmの厚さの小口切りにします
  6. ペコリーノロマーノチーズは
    2cmt角にカットします
  7. 食器に盛り付けます
  8. パプリカを赤・黄を相互に並べます
    上にアンチョビーフィレを振りかけます
    ブラックオリーブとペコリーノロマーノチーズをのせ飾ります
    オリーブオイルを回しかけます
    レモンをオリーブオイル絞りを振りかけます

お勧めの食器


リチャードジノリ (Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm


ペルージャのレストラン 12 Osteria A Priori 

Osteria A Priori
Osteria A Priori
Osteria A Priori Face book
所在地: Via dei Priori, 39, 06123 Perugia, イタリア
時間: 本日営業 · 12時30分~14時30分, 19時30分~22時30分
電話: +39 075 572 7098




 - アンチョビーフィレ, イタリアレシピ, イタリアンレシピ, イタリア料理, イタリア料理レシピ , , , , ,

Comment

  1. kazuyoo60 より:

    カワラナデシコ沢山咲かされて可愛いですね。
    パプリカが好きです。仏壇に赤と黄色としばらく供えてから食べています。(笑い)
    イラストも綺麗です。美味しい一品ですね。

  2. masakohime より:

    ryujiさん、こんにちは。
    パプリカを焼くと、どうしてあんなにも甘く美味しくなるのでしょう!
    いつもマリネにしてしまうのですが、そのまま並べてアンチョビやペコリーノ・ロマーノと一緒に前菜に仕上がるのですね。
    大好きなパプリカ料理、ありがとうございます^0^

  3. mana より:

    ryujiさん こんにちは♪

    わ~ パプリカの彩がきれいですね~^^
    白いお皿にすごく映えています。
    美味しそうです~♪

  4. misya より:

    こんばんは♪
    綺麗な1品ですね~赤いパプリカとブラックオリーブ。
    パプリカは直火で焼く、このひと手間が美味しくさせますね(^^
    目にも鮮やかな1品。
    食べてみたいです♪

  5. らるむ。 より:

    こんばんは。

    赤と黄色に黒などが混ざりで色彩豊かなひと皿ですね♪
    美味しそうですヽ(*´∀`)ノ

    応援3☆

コメントを残す

  関連記事

イタリア風 ウナギの蒲焼き
パスタ リングイネ 新タマネギとドライトマト
塩漬けケッパーとアーモンドペーストのパスタ バジルスパゲッティ
鶏の手羽先のスパイスロースト
パスタ リングイネ カルボナーラ
水郷鶏もも肉のソテー ジャガイモ添え
ホワイトアスパラ フォンティーナチーズソース 生ハムのせ
ミートボウルのスープ
パスタ フジッリ・コン・ブーコのアンチョビーソース風味
ラディッキオ プレコーチェのグリル
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。