イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,519、パスタのレシピ数は1558。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

フキノトウ アンチョビー 水牛モッツアレラ風味のフリット

      2017/03/23

イタリア料理レシピ

フキノトウに
アンチョビーと水牛のモッツアレラを詰め込み
卵白と卵黄・薄力粉・炭酸水で作った衣を付けあげます
トマトソース パッサードほ敷き上にフリットをオリーブオイルのせ
提供します



スズラン スイセン

スズラン スイセン

スズラン スイセン




イタリア料理に使用する食材2人分

フキノトウ 12個
アンチョビーフィレ 4枚
水牛モッツアレラチーズ 125g
薄力粉 60g
炭酸水 100cc
たまご 33個
トマトソース 120cc
トマトホール缶 400g
たまねぎ 1/2個
>バジルの葉 6枚
ローリエ 1枚
オリーブオイル 50cc+40cc
適量
>ホワイトペパー 適量



イタリア料理に使用する食材


【天然山菜】フキノトウ(ふきのとう)500g




ORTIZ★【オルティス社製】樽出し芳醇アンチョビ(瓶詰)★
スペイン産アンチョビ・フィレ
柔らかく深い味わい。アンチョビの概念がくつがえる極上品です。
原材料はスペイン・カンタブリコ海で水揚げされたカタクチイワシ。
新鮮なイワシから骨や皮を取り除いてフィレにし、
樽の中で6ヶ月以上も寝かせて発酵させています。
肉厚の身はやわらかく引き締まっていて、
お口の中で深い旨味がじーんとひろがります。
一般のアンチョビにありがちな骨っぽさは全くありません。
まさに、アンチョビの概念をくつがえす一品。


【イタリア】【冷蔵】モッツアレラチーズ/ブッファラ/水牛/125g【チーズ】


【00粉 ゼロゼロ粉】カプート社製 コンフェツィオーネ(イタリアの薄力粉タイプ) 950g
精製度の高い順(外皮の含有量が低い)に番号がつけられており、
00番は一番精製度が高い小麦粉で香りが強く風味があります。
コンフェツィオーネは発酵がよりスムーズに進むのでパンやタルトに適しています。
粒子の大きさが均等なので口当たりが良く風味を損ないません。


ベルトーリ エキストラヴァージン オリーブオイル 1000ml
揚げ油用


アルチェネロ 有機(オーガニック)ホールトマト 400g


フレスコバルディ・ラウデミオ (500ml)
<エキストラヴァージンオリーブオイルの逸品>


サーレ ディ トスカーナ フィーネ (トスカーナ・ヴォルテッラ産 岩塩) 1kg ソサルト


322テリチェリー・ブラックペパー(
Black Pepper, Tellechery)ガラスチューブパッケージ 22g入り

にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村こちらにもクリックよろしくお願いしますTop Food Blog


イタリア料理レシピ手順

  1. 最初にトマトソース パサードを作ります
    トマトホール缶は
    あけトマトホールをてでつぶしボウルに入れます
    ジュースも一緒にいれます
  2. たまねぎは
    縦に二等分し繊維に沿って
    薄くスライスします
  3. ソースパンに
    オリーブオイル50ccを入れ
    たまねぎを加えて弱火で丁寧に炒めます
    焦げ付かない様に木べらで鍋そこを
    こすげながら炒めます
    しっかり水分を飛ばします
  4. ボウルに入れたトマトホールとジュースを加えます
    バジルの葉・ローリエをを入れ煮込みます
    40分間ぐらいです
  5. 出来上がったトマトソースは
    フードプロセッサーのブレンダー機能を使い
    ピューレー状にします
  6. うらごしします
  7. ソースパンに移し
    15分間弱火で煮込み
    ホワイトペパー・塩を振り入れ味を調えます
    出来上がりです
  8. フリットの衣を作ります、
    玉子一個の重さはLで60g ぐらいです、
    殻の重さ10g
    卵黄の重さ20g
    卵白の重さ全体の重さから30gを引いたもの この場合は30gとなります、
    玉子3個90gの卵白
    卵黄2個分
    小麦粉90g
    炭酸水100cc
    2.卵白はボウルに入れ泡立て器で角が立つ
      くらいの堅さになるまで撹拌します、
    3.ボウルに卵黄・オリーブオイル・炭酸水・塩・
      ブラックペパーを入れ混ぜ合わせます、
    4.小麦粉を入れ混ぜ合わせます、
    5.泡立てた卵白を加えざっくりと混ぜ合わせます、
  9. フキノトウは
    表面の皮は剥きとります
  10. 下部の茎の部分は切り取ります
  11. アンチョビーはすりつぶします
  12. 水牛モッツアレラチーズは
    細かく刻みます
  13. フキノトウの中に水牛モッツアレラチーズを詰めこみます
    アンチョビへも詰め込みます
  14. フライパンに
    オリーブオイル500ccを入れ
    180℃に熱して
    フキノトウを衣の中に入れまぶして
    入れます
    綺麗に色が付いたらOKです
  15. キッチンペーパーのうえに 乗せ脂を切ります
  16. 食器に盛り付けます
  17. トマトソースを敷き
    その上にフキノトウのフリットを乗せます


リチャードジノリ (Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm


 ラクイラ レストラン 6 Elodia

Elodia

所在地: グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 via Valle Persiana, 22, 67100 Camarda, L’Aquila AQ, イタリア
電話: +39 0862 606830
Nの ADIAとヴィルマは、
インターンシップや専門的なトレーニングコースを通じて技術や知識を完成、
その現代的な感性で、Elodiaのお母さんからバトンを集めます。
その香りと味と心に取得するメモリの料理は、モダンな解釈が、
常に原料の真正でサポートされています。

 - イタリアレシピ, イタリアンレシピ, イタリア料理, イタリア料理レシピ , , , , , , , ,

Comment

  1. jugon より:

    ryuji s1さん、おはようございます。

    フキノトウにモッツアレッラとアンチョビ、絶対美味しいですね。
    それにとっても春らしい。
    フキノトウの香も¥りもお味も春そのものですもの。
    卵白を泡立てたり、ちょっと面倒っぽいけれど、頑張る価値ありのお料理ですね。
    綺麗なフキノトウを見つけたら作ってみたいです。
    いつも斬新で素敵なレシピ、すごいですね。ありがとうございます。

  2. kazuyoo60 より:

    スズラン水仙、沢山咲きましたね。我が家のも咲いては来ていますが。
    可愛いイラストです。我が家に残っていたフキノトウは花が咲いてきました。
    フキノトウを味わえる、丁寧なお料理ですね。

  3. イヴォンヌ より:

    フキノトウのフリットおいしそうですよね~
    アンチョビーとチーズ最高)^o^(

  4. らるむ。 より:

    こんばんは。

    ふきのとうが沢山あるので、パスタにできないか、他の食べ方はないかと日々考えてたんですが、こんな素敵な食べ方もあるんですね!
    香りが漂ってきそうです♪

    応援3☆

  5. masakohime より:

    ryujiさん、こんばんは。
    材料と作り方を読んだだけですが、素敵なお料理ですね。
    少し苦味のある蕗の薹にアンチョビとモッツアレラチーズを詰めて、フリットに!
    カッリとした蕗の薹の中には、うま味たっぷりのとろーりチーズ。
    下に敷いたトマトソースとの彩りも素晴らしいです。
    レストランでこのメニューがあったら、絶対に注文します^0^

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

車エビのオレンジ風味 香味野菜添え

イタリアン料理レシピ 車エビは殻ごと縦に二等分して グリル版でグリルします 香味 …

パスタ キタッラ サーモンの低温調理 レモン風味

イタリア料理レシピ サーモンを低温調理します 40℃で1時間です ヨーグルト製造 …

旬のメバルのズッパ・ディ・ペッシュ

旬のメバルのズッパ・ディ・ペッシュ イタリア料理レシピ 旬のメバルと天使の海老・ …

鶏むね肉のソテー ローズマリー風味

鶏むね肉のソテー ローズマリー風味 イタリア料理レシピ 鶏むね肉をジューシィに焼 …

ラムチョップ ブロックのロースト ハーブの香り

イタリア料理レシピ ラムチョップのブロックで豪快な料理です クリスマスにいかがで …

イチゴのスープ ブッラータ乗せ ミントソースかけ

イタリアン料理レシピ イチゴのスープ仕立てです イチゴにバルサミコクリーム・グラ …

トウモロコシのガレット

イタリアン料理レシピ トウモロコシには1本に粒が何粒あるのでしょう 数えた方の話 …

パスタ スパゲッティ-ニ 菜の花のペースト

イタリア料理レシピ 菜の花を茹で アンチョビーフィレとオリーブオイルをフードプロ …

カンパチのカルパッチョ レモンビネグレッドドレッシング

イタリアン料理レシピ 脂の乗ったカンパチは美味しいです 塩はシチリアの塩の花を使 …

鮎のコンフィ

イタリアン料理レシピ 鮎の低温コンフィです 100℃のオー不戦で4時間ーストしま …