イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,637、パスタのレシピ数は1613。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

ペペロナータのマリネ フランボワーズビネガー風味

   

ペペロナータのマリネ フランボワーズビネガー風味

イタリア料理レシピ

パプリカをオーブンでローストし皮をむきます
それにオリーブオイルでにんにくをこすりつけます炒め
それにアンチョビーフィレを加え
フランボワーズビネガーをこすりつけます加え煮詰めます
それを焼いて皮をむいたパプリカに振りかけ
2時間おき食器に盛り付けます
そのときにんにくチップを飾ります


ラベンダー

IMG_5841ラベンダー

IMG_5842ラベンダー


イタリア料理に使用する食材2人分

>

>

レッドパプリカ 1個
イエローパプリカ 1個
にんにく 2個
アンチョビーフィレ 4枚
フランボワーズビネガー 20cc
オリーブオイル 40cc



イタリア料理に使用する食材


大型◎肉厚◎完熟
赤 パプリカ 1玉





大型◎肉厚◎完熟
黄 パプリカ 1玉


ラズベリーの甘酸っぱさが口いっぱいに広がる
フランボワーズビネガー 250ml
ラズベリーならではの酸味の豊かさが口いっぱいに広がり、
すっきりとした後味が特徴。パプリカのピクルス、酢豚の味つけ、
ドレッシングにすれば独特な甘酸っぱさが料理を引き立てます。
フルーツサラダ、ニンジングラッセやパンケーキソースの隠し味にしても
◎。ハーブティーの隠し味や炭酸水に混ぜても美味。
透明感のある赤い色合いはギフトにしても喜ばれそう。
・原材料:ワインビネガー、フランボワーズ香料
・内容量:250ml
・原産国:フランス


イタリア/スカーリア社/アンチョビフィレ
アンチョビ フィレ 550g


ラ ポデリーナ トスカーナ オーロ エキストラヴァージンオリーブオイル 
高級オリーブオイル 500ml イタリア La Poderina Toscana

にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村こちらにもクリックよろしくお願いしますTop Food Blog


イタリア料理レシピ手順

  1. パプリカは、縦に二等分にします
    ヘタを取り除いて切り口と両方の表面にオリーブオイルを塗ります
  2. 最初は切り口を上にしてオーブンで230℃に設定し
    焼きます
    ひっくり返します
    面4、5分を目安にすると丁度よい焦げ目がついた
    焼き上がりになります
  3. 焼きあがったら紙袋に入れて冷ます
    手で簡単に皮が剥けるます
  4. にんにくのチップとガーリックオイルを作ります
  5. にんにくは
    1mmの厚さに輪切りにします
    フライパンににんにくを入れ
    にんにくがかかぶるくらいのオリーブオイルを入れます
    弱火にかけ揚げます
  6. 良い色になってきたら
    キッチンタオルの上に移して行きます
  7. 残ったオイルがガーリックオイルになります
    それにアンチョビーフィレを加え木べらで潰し混ぜ合わせます
  8. フランボワーズビネガーを入れ
    中火にかけアルコール分を飛ばし煮詰めます
  9. ボウルにパプリカを入れ
    それにアルコール分を飛ばしたフライパンのマリネ液を
    入れます
  10. 2時間そのままマリネします
  11. 食器に盛り付けます
    にんにくチップをこすりつけます飾ります



推薦する食器


ジノリ ベッキオ ホワイト プレート 26cm


ローマのレストラン中心部のレストラン29

Ristorante Moma
Ristorante Moma
MOMA、本当のグルメ・レストランローマ料理の最高のランドマークの一つ、
感謝人のためだけでなく、伝統と情熱に満ちた本格的なローマ料理を発見し、
楽しみたい人のための認識アドレスです。
今日は従来のように、ケアと「回復し、ほとんどの提案する
「伝統的なローマ料理を意志では、レストラン、プライドと
誇りの実点の顕著な特徴の1つである。

Ristorante Moma

Ristorante Moma01

Moma0



 - イタリア料理レシピ

Comment

  1. kazuyoo60 より:

    焼きパプリカ甘くて大好きです。
    ラベンダーデンタータ、沢山咲いて良いですね。大株になって咲いてたのに昨日出会いました。
    赤と黄色、どちらかというと、黄色を買う頻度が高いです。

  2. misya より:

    こんにちは♪
    パプリカは焼くと甘くて最高に美味しいですね♪
    黄色に赤に・・彩りもとっても綺麗♪
    これからの季節にぴったり♪
    とっても美味しそうです♪
    いつも有難うございます・・感謝。

  3. イヴォンヌ より:

    パプリカを焼いてアンチョビとフランボワーズのビネガーおいしそうですよね~♪

  4. らるむ。 より:

    こんばんは。
    焼いて甘くなったパプリカに、ニンニクやアンチョビのアクセントが合いそうですね♪
    色も赤が入ると華やかですよね。

    応援3☆

  5. masakohime より:

    ryujiさん、こんばんは。
    フランボワーズビネガーとアンチョビでパプリカをマリネするんですね。
    酸味と甘味のバランスがとても良いマリネのように思います。フランボワーズビネガーは使った事がないので、一度試してみたいと思います。
    いつも、素敵なレシピをありがとうございます☆

コメントを残す

  関連記事

じゃがいものピューレー ペコリーノ トスカーノ風味
パスタ レモンのタリアテッレ ホワイトアスパラ レモン風味
春キャベツのアンチョビーにんにくオイル和え
春野菜のリゾット
にんじんのポタージュスープ
家族のクリスマスパーテー料理
パスタ キタッラ マイタケのソース
ローストビーフとオニオングラタンスープ
鶏むね肉 たまねき炒め バルサミコソース
鯛のカルパッチョ スパイスの香り