イタリア料理、イタリア料理レシピ、 イタリアの食材、イタリア料理の素材の調理法、イタリアの美味しいレストラン紹介など出来るだけ丁寧に説明しています 料理は愛情と真心を込めてそして健康を念じながら作るものと信じています

イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理

仔牛オーソブッコ トマトソース

更新日:

Sharing is caring!

仔牛オーソブッコ トマトソース

イタリア料理レシピ

仔牛オーソブッコ
骨付きのすね肉です
仔牛のため柔らかく美味しいです
骨の中の髄液が美味しいです
ここのトマトホールは
素晴らしい味がします
香味野菜をたっぷり炒め
入れて味に深みを持たせます

スポンサーリンク





ポプリ

イタリア料理に使用する食材2人分

仔牛オーソブッコ 250g2個
にんにく 2片
たまねぎ 60g
セロリ 30g
にんじん 40g
白ワイン(辛口) 100cc
ホールトマト 260g
オリーブオイル 30cc
ブラックペパー 適量
適量
イタリアンパセリ 適量

スポンサーリンク




イタリア料理に使用する食材

ベネデット・カヴァリエーリ パスタ・スパゲットーニ(2.5mm) イタリア・プーリア州レッチェ発【500g】

ビストロの定番! 仔牛オーソブッコ(生後6ヶ月程度/すね肉)【約250g×5入り】 ※多少前後する場合が御座います。【冷凍のみ】

スローフード協会認定!ナポリ産ポモドーロデルピエンノロ(トマトホール) 【520g】【常温/全温度帯可】 ピエンノロトマトが生まれる土地 昔から、ベズビオ火山近くの農家だけが栽培を続けていたために、 原種改良や農法改良もされずに現代まで残りました。 イタリアでパスタが食べ始められた頃の古い時代の味に一番近いと言われ、 実際に" 秘境 "なうえに栽培も難しく、生産数には限りがあることから、 国立ベズビオ公園やスローフード協会ら守られている、 希少価値のある古い品種のトマトなのです。

◆ビター&スパイシー+甘味が隠し味のトスカーナ産◆ マトライア・EXVオリーブオイル・500ml

329スマトラ・ブラックペパー(Black Pepper,Sumatora) ガラスチューブパッケージ 22g入り

イタリアお土産 | サルデーニャ島 雪塩 ●内容量:350g ●パッケージサイズ:約20×11.5×3.5cm ●メーカー/Lisal (リサル) ●イタリア製 ●麻袋入り 《サルデーニャ島の塩の特徴》 伝統的な塩田製法である「天日干し製法」を用いて、 地中海の海水のみを使ってつくられた天日塩です。 流水で丹念に洗うことで不純物を除去し、その後220度の高温で乾燥させ、 焼き塩に近いえぐみの無い塩を作り出しています。 ★塩の味が力強く、野菜やパスタなど茹でるものにお勧めです。 ★水分が少ないので固まらずサラサラとして使いやすい。 ★マグネシウム

にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村

イタリア料理レシピ手順

  1. 仔牛オーソブッコは
    1個250gは
    タコ糸で外側を二回転閉めます
    縦に2本横に日本を縛ります
    塩・ブラックペパーを振りかけます
  2. たまねぎ・セロリは
    みじん切りにします
  3. にんにくは
    縦に二等分し中の芽の部分を綺麗に掃除染ます
    2mm角にカットします
  4. ホールトマトは
    1/2の260gを使います
  5. フライパンに
    オリーブオイルを入れ
    タマネギ・セロリを入れ
    弱火で丁寧に炒め
    水分をしっかり飛ばします
    30分間は炒めます
  6. 別のフライパンに
    にんにくを入れ
    オリーブオイルを加え
    弱火で丁寧に炒め
    狐色にします
  7. 仔牛オーソブッコを加え
    中火で炒め焼き色をつけ
    肉に幕を作り中のジュースが
    でないように表面を焼き固めます
  8. 白ワインを入れ
    中火にして
    アルコール分を飛ばします
  9. セロリ・たまねぎ・にんじんを
    炒めたものを加え
    トマトホールを加え
    木べらで潰しながら
    弱火で40分間煮込みます
    塩・ブラックペパーを振り入れ
    味を調えます
    肉を取り出し
    糸を取りのぞきます
  10. 食器に
    盛りつけます
  11. イタリアンパセリの
    粗みじんを振りかけます

スポンサーリンク





お薦めの食器

リチャードジノリ (Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm

スポンサーリンク




レシピブログ

にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村

-イタリア料理

Copyright© イタリアン パスタ イタリア料理レシピ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.