イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,924、パスタのレシピ数は1681。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

古代米イタリア産 赤米 riso rosso のリゾット

      2015/04/14

古代米イタリア産 赤米 riso rosso のリゾット

イタリアン料理レシピ

イタリアの米の種類
香りのあるお米です。イタリア産 セルバチコ米

イタリアの古代米イタリア産 赤米 riso rosso は
食感が違います♪

イタリアの古代米イタリア産 黒米 riso nero venere は
食感が違います♪

リゾットに最適イタリア産 カルナローリ米
これは一般的です

などがありますが
ここではイタリア産 赤米 riso rosso を使います
リゾットは赤く染まり
綺麗な色のリゾットになります
米は細長いのが特徴です
しっかり下お米ですので
少し濃厚な食材に合います
ここではサルシッチャ(生ソーセージ)
無塩バター
パルミジャーノチーズ
牛・鶏・野菜のスープコンソメドゥーブルを
使います

イタリア料理に使用する食材2人分

ツツジ

IMG_4907ツツジ

IMG_4908ツツジ

イタリア シチリア ニシェーミ

ニシェーミ (Niscemi) は、
人口26,911人のイタリア共和国シチリア州
カルタニッセッタ県のコムーネの一つである。
ja.wikipedia.org

images

data=RfCSdfNZ0LFPrHSm0ublXdzhdrDFhtmHhN1u-gM,Rkl0qSado0GT0V6VKedJ1pdWWaIFhpYhpRYU3fQkjr59actqpFFZQdfcITk1pz6B2oUMVSRC05Iai_Wxt7nVKU4_QeJ9aW-h72G38DfObIpCDAHxNVq5hHKa9TaNtGgqvmCIMJP_fplfZY3GBSNaOz0RZXbs_4t-mWEMKnrwcyOzi_MFX8

イタリア シチリア ニシェーミ Google地図

イタリア シチリア ニシェーミ 写真

イタリア シチリア ニシェーミ レストラン Cibus

ダウンロード

ダウンロード (1)

イタリア シチリア ニシェーミ
B&B La Sugherta
ダウンロード (4)

イタリア料理に使用する食材2人分

>

イタリアの古代米イタリア産 赤米150g(1合)
サルシッチャ200g
無塩バター30g
パルミジャーノチーズ40g
コンソメドゥーブル500cc
オリーブオイル30cc
適量

イタリア料理に使用する食材

>


食感が違います♪
イタリアの古代米イタリア産 赤米 riso rosso 500g
香り、食感とも黒米に負けないくらいしっかりしてます。
茹でるとお湯が真っ赤に染まるほど赤い色
茹で時間は15~20分と長めです
水に浸してから


【冷凍】 サルシッチャ デッラカーザ
柏幻霜ポーク使用 リチェッタドーロ 100g x 5本(500g) 


キスコ:コンソメドゥーブル【1kg】【冷凍のみ】
牛肉、鶏ガラ、牛骨、野菜(玉葱、人参、セロリ)、
鶏肉、卵白、食塩、香辛料、ブランデー、ビーフブイヨン


無塩 バター 250g フランス ノルマンディー産 イズニー
ふわりと口溶けがよく、すぐに舌の上で溶けてしまいます。
そのままパンに塗って召し上がって頂いても、
こだわりのお菓子作りにもご利用ください。


ラ ポデリーナ トスカーナ 
オーロ エキストラヴァージン・オリーブオイル 500ml
イタリア La Poderina Toscana Oro【正規品】
フレッシュで軽やか。口当たりが軽やかですが、
その後しっかりとこくが感じられ、
グリーンの余韻が長く続きます。
そして豊富なポリフェノールの証である、
「喉にピリリ」もほどよく感じられます。
まさに、素晴らしいオリーブのジュースです!


24ヶ月熟成 パルミジャーノ ・ レッジャーノ 約300g
24ヶ月熟成はジェンナーリの基本のパルミジャーノです。
技術的には難しいと言われる脂肪分を多く残す作り方で、
いつまでも滑らかな味わいが特徴です。
固くならないのが、うれしいチーズです。
最後のひとかけまでおいしくお召し上がりいただけます。


イタリア産最高級
シシリー岩塩

にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村

こちらにもクリックよろしくお願いします

Top Food Blog

イタリア料理レシピ手順

  1. 赤米は
    調理する1時間前に水につけて置きます
    使用するときにざるにあけ水気をしっかり切ります
  2. パルミジャーノチーズは
    すり下ろして置きます
  3. コンソメドゥーブルは
    冷凍ですので袋を開け
    半量500gを砕いて取り出し
    ソースパンに入れ弱火で暖めて置きます
  4. サルシッチャは
    皮を破いて身を取り出し
    砕きます
  5. フライパンに
    オリーブオイルを入れ
    サルシッチャを入れ軽く火を通し
  6. 赤米を入れ中火で炒めます
    バターが一粒一粒に廻るように
    木べらで混ぜながら炒めます
  7. コンソメドゥーブルを
    赤米がヒタヒタになるくらい入れ煮込みます
    水気が少なくなってきたら
    コンソメドゥーブルを足し入れます
    これをコンソメドゥーブルが
    なくなるまで続けます
  8. 赤米の
    芯が少し残るくらいになったら
    無塩バターを入れ混ぜ合わせます
  9. 味を見て塩を振り入れ
    味を調えます
  10. 食器に盛り付け
    パルミジャーノチーズを振りかけます

イタリア料理に使用する調理器具


リチャードジノリ (Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm

 - イタリア料理, イタリア料理レシピ, リゾット , , , , , ,

Comment

  1. そんなに赤いお米って食べてみたいですね~
    リゾットおいしそう♪

  2. こんにちは。
    いつもブログにコメントをくださりありがとうございます。

    とても美味しそうなリゾットですね!!
    赤米がポイントですね!!

    私も作ってみたくなりました。

    全部ポチッと応援させて頂きます。

  3. きりまり より:

    ryujiさん、こんにちは!!

    色あいも食感も素敵なリゾットですね。。
    イタリアにも赤米ってあるんですね。。
    食べてみたいです。。
    パルミジャーノチーズをたっぷり入れて贅沢に楽しみたいです。。

    いつもありがとうございます。。

  4. mana より:

    ryujiさん こんにちは♪

    赤米や黒米も好きですが
    古代米 イタリア産もあるんですね~
    リゾット美味しそうです。
    さらっと仕上がるのかな?
    黒米はもちもちしていますよね^^

    >いつもありがとうございます^^

  5. kazuyoo60 より:

    綺麗なツツジ、久留米ツツジか霧島ツツジでしょうか。沢山咲きましたね。
    日本にも、黒、紫、赤の古代米があるでしょう。収量の関係で一般化してないのでしょうね。
    イタリアの赤米の味が特別美味しいから、作られる方がおられるのでしょう。

  6. らるむ。 より:

    おはようございます。
    丁寧に作られた料理は美味しいですね^^
    赤米の発色が白いお皿を引き立てる料理ですね♪

    応援☆☆

是非 あなたのご意見をお願いします 質問があれば分かる範囲でお答えしたいと思っております

  関連記事

長なすのポルペッタ
パスタ コンキリオーニ (conchiglioni) ブドウ
キャベツとボッタルガのパスタ フェデリーニ ガルム風味
牛レバーペースト マディラ酒風味 牛レバー 低温調理
ほうれん草とゴルゴンゾーラのパスタ スパゲッティ
パスタ リングイネ タコのラグー トマトソース
パスタ フィデリーニ 生しらす アンチョビー風味
シンプルな小鯛のアクアパッツア
にんじんと安納芋のチーズサラダ
本マグロ ピスタチオ 風味 ソテー
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。