イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,637、パスタのレシピ数は1613。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

新タマネギとゴルゴンゾーラ・ピカンテのリゾット

   

イタリア料理レシピ

新タマネギの甘さがたっぷりです
それにゴルゴンゾーラ・ピカンテの塩気と風味が良く合います
フォンドヴォーのコクのあるスープで炊いた米は
濃厚で美味しいです
それにパルミジャーノを触れかけ
ブラックペパーで味を締めます



オオデマリ

オオデマリ

オオデマリ




イタリア料理に使用する食材2人分

イタリア米 大2個
にんにく 1片
新タマネギ 大2個
フォンドヴォー 500cc
ゴルゴンゾーラ・ピカンテ 80g
白ワイン(辛口) 50cc
オリーブオイル 30cc
パルミジャーノチーズ 40g
適量
ブラックペパー 適量



イタリア料理に使用する食材


ヴェルチェーリ産
:アクエレッロ社製
・有機栽培リーゾ・カルナローリ1年熟成(リゾット米/イタリア米)【1kg缶】




兵庫県 淡路島産 ”新たまねぎ” 約10kg L/2L 秀品


フォンドボー
キスコ:HCQフォンドボー!
仔牛骨をコトコト煮込み一切化学調味料、添加物を使用せず作り上げた
HOTEL CLASS QUALIT の製品です!【1kg】【冷凍のみ】


【チーズ】1000年の歴史を持ち世界三大ブルーチーズの1つに君臨する
チーズ ゴルゴンゾーラ ピカンテ D.O.P 業務用 約1.5kg


ミラノブルガリホテル採用
パルミジャーノ界のフェッラーリと称えられるハイクオリティパルミジャーノ
【商品情報】
24ヶ月熟成はジェンナーリの基本のパルミジャーノです。
技術的には難しいと言われる脂肪分を多く残す作り方で、
いつまでも滑らかな味わいが特徴です。
固くならないのが、うれしいチーズです。
最後のひとかけまでおいしくお召し上がりいただけます。
【内容量】約300g


【2016年手摘み】ボナミチ エキストラバージンオリーブオイル 250ml


サーレ ディ トスカーナ フィーネ (トスカーナ・ヴォルテッラ産 岩塩) 1kg ソサルト


322テリチェリー・ブラックペパー(
Black Pepper, Tellechery)ガラスチューブパッケージ 22g入り

にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村こちらにもクリックよろしくお願いしますTop Food Blog


イタリア料理レシピ手順

  1. 新タマネギは
    繊維に沿って
    薄くスライスします
  2. にんにくは
    タタキ潰します
  3. フォンドヴォーは
    冷凍ですので
    室温で解凍
    必要量を取り出し
    小さなソースパンに入れ
    弱火にかけ温めておきます
  4. 残りは
    冷凍用のジップロックに入れ密閉し
    冷凍庫に入れ保管します
  5. パルミジャーノは
    すり下ろしておきます
  6. フライパンに
    にんにくを入れ
    オリーブオイルを加え弱火で丁寧に
    炒めます
    にんにくの香りが立ってきたら
    タマネギを加え炒めます
    タマネギがしんなりしてきて
    軽い飴色になるまで炒めます
    30分ぐらいです
    にんにくは取り出します
  7. 米を入れ
    米一粒一粒に油がまとまり付くように
    木へらで混ぜ合わせ炒めます
  8. 白ワインを入れ中火にかけ
    炒めます
  9. フォンドヴォーをひたひた加え
    中火で炊きます
    水分が少なくなったら
    フォンドヴォーを加え炊きます
    スープがなくなるまで足しながら
    煮込みます
    スープが少なくなったら
    ゴルゴンゾーラ・ピカンテを加え
    混ぜ溶かし混みます
    塩で味を調えます
  10. 米が
    アルデンテになったらOKです
    食器に盛り付け
    パルミジャーノを振りかけ
    ブラックペパーを振りかけます

お勧めの食器


リチャードジノリ ベッキオホワイト 0180 スーププレート 24.0cm


アオスタ レストラン 9 Trattoria Aldente 

Trattoria Aldente
Trattoria Aldente Face book
所在地
Via Croce di Citta n°34
アオスタ
道順を表示
Aldente Trattoria Italiana
メッセージを送信
電話する +39 0165 194596

 - イタリアレシピ, イタリアンレシピ, イタリア料理, イタリア料理レシピ, リゾット , , , , , , , ,

Comment

  1. fleur de sel より:

    ゴルゴンゾーラは好きなチーズです。昔イタリア人のシェフにリゾット習ったことがあります。本当においしいブイヨンが決め手なのですよね。長いこと作っていません。作ってみたくなりました。現在 オオデマリ美しい季節ですね。素敵なレシピ今日も有難うございました。

  2. kazuyoo60 より:

    オオデマリの白、我が家では真っ白になっています。ピンクと両方お持ちで良いですね。
    米一粒一粒に油がまとまり付くように–、手抜きばかりではないのを作ってみたいですが、面倒が先立ちます。材料もそろいませんし。

  3. mana より:

    ryujiさん こんにちは♪

    新玉 美味しいですよね~^^
    こんなおしゃれなリゾットにできるんですね~
    濃厚なチーズと玉ねぎの甘味
    美味しそうです (^.^)

    >いつもありがとうございます(*’ω’*)

  4. misya より:

    こんにちは♪
    いつも有難うございます(^^
    今日本当はリゾット気分なのでした!
    食べたくて食べたくて、でも、そこは主婦、残りもので済ませました(^^;
    それだけに、もう美味しそうで、美味しそうでたまりません!
    ああ、食べたい!
    フォンドボーにピカンテ!よだれものです!

コメントを残す

  関連記事

牛もも肉のストラチェッティ バルサミコ風味
エビのパスタ リングイネ ジェノベーゼのソース
パスタ スパゲットォロ うすいえんどう・パンチェッタ
パスタ スパゲッティ ホタテのサフランソース
パスタ リングイネ ほうれん草のソース ボッタルガ風味
パスタ タリアテッレスピナッチ 牛すじ肉のラグー
パスタ リガトーニ 鯛のトマトソース
グリーンアスパラのリゾット カステルマーニョチーズ風味
パスタ タリアテッレ 栗とパンチェッタ チーズクリームソース
パスタ リングイネ スナップエンドウとパンチェッタ