イタリア料理、イタリア料理レシピ、 イタリアの食材、イタリア料理の素材の調理法、イタリアの美味しいレストラン紹介など出来るだけ丁寧に説明しています 料理は愛情と真心を込めてそして健康を念じながら作るものと信じています

イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理

栗のリゾット 栗のリキュール風

更新日:

栗のリゾット 栗のリキュール風味

栗のリゾット 栗のリキュール風味

イタリアン料理レシピ

栗のリゾットです
栗のリキュールの風味を活かします
栗のブイヨンを作り
リゾットの煮込み用ブイヨンにします
味わい深い香りが漂います

シュウメイギク

シュウメイギク

スポンサーリンク






スポンサーリンク

イタリア料理に使用する食材2人分

イタリア米 150g
30粒
栗のリキュール 30cc
無塩発酵バター 40g
たまねぎ 60g
セロリ 30g
鶏のブイヨン 400cc
コリアンダー 3g
オリーブオイル 30cc
適量
ブラックペパー 適量

イタリア料理に使用する食材

【NHKイタリア究極のリゾット米の旅】で特集されます!イタリア/ヴェルチェーリ産:アクエレッロ社製・有機栽培リーゾ・カルナローリ(リゾット米/イタリア米)1年熟成【2.5kg】【D+1】
イタリア米 リゾット Risotto
ハイ食材室

【ふるさと納税】おぶせファーマーズの「熟成小布施栗 約1kg」

熟成することで甘みが増した至極の栗

ドーバー 和酒 栗 700ml 25度 正規 Dover Liqueur リキュール リキュール種類 kawahc クリ

香ばしく焼き上げた鶏の風味と旨みを逃がさないよう、短時間で抽出した鶏のだし汁!キスコ社製:ジュ ド ヴォライユ【1kg】【冷凍のみ】【D+2】

イタリア産発酵バター グランボンタ無塩発酵バター! 混じりけのないミルク風味とシルキーな食感。毎日使いたくなる無添加の優しさ。お菓子作りから料理、そのまま食べても美味しいバター!【パオリ社】【125g】【冷蔵/冷凍可】

イタリア産ザハラEXVオリーブオイル【250ml】 【常温/全温度帯可】

イタリア シチリア産 ドロゲリア ミニエラ シチリア島の天然岩塩(粗粒)【1kg】【常温品/全温度帯可】
シチリア島の天然岩塩
ハイ食材室

326タスマニア・ブラックペパー(Black Pepper,Tasmania)ガラスチューブパッケージ 15g入り
タスマニア産のブラックペパー
レピス・エピス

スポンサーリンク






スポンサーリンク

イタリア料理レシピ手順

  1. 鶏のブイヨンは
    冷凍ですので
    室温で解凍
    必要量をソースパンにいれ
    暖めておきます
  2. 残ったブイヨンは
    冷凍用のジップロックに入れ
    冷凍保存します
  3. 栗の皮を剝きます
    渋皮を剝きます

    栗の形のままのもの10個
    栗を粗く刻んだもの20個分を作ります

  4. 栗のブイヨンを作ります
  5. セロリと玉ねぎはみじん切りにします
  6. ソースパンにオリーブオイルを入れ弱火で
    セロリと玉ねぎを透き通るまで炒めます
    30分間炒めます
  7. 鶏のブイヨン・栗・あらびきコショーを入れ
    中火にかけます
  8. 煮立ったら火を弱め
    栗が柔らかくなるまで20分ほど煮て
    フードプロセッサーにかけミキシングします
  9. ソースパンに戻して
    コリアンダーを加えて
    さらに5分ほど煮塩で味を調えます
  10. ソースパンにオリーブオイルをを入れ
    米を入れ中火で炒め米全体に油が回るように
    木べらでかき混ぜます
  11. 栗のブイヨンをヒタヒタに入れ
    炊きます
    栗のホールを入れます
    栗のリキュールを入れます
    水分が少なくなってきたらブイヨンを足し
    炊きます
    これをブイヨンがなくなるまで続けます
    米がアルデンテになったらOKです
    無塩バターを入れかき混ぜます
  12. 食器に
    盛りつけます

スポンサーリンク






スポンサーリンク

お勧めの洋食器 

【期間限定!ポイント5倍】 リチャードジノリ RICHARD GINORI プレート スープ皿 ベッキオホワイト スーププレート 24cm ホワイト

レシピブログ

にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク






スポンサーリンク


-イタリア料理
-, , , , , ,

Copyright© イタリアン パスタ イタリア料理レシピ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.