イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,670、パスタのレシピ数は1628。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

鶏もも肉の 悪魔風 低温調理

      2017/10/22

イタリアン料理レシピ

鶏むね肉を低温調理します
パサつきが全く無く
とてもジューシーな鶏もも肉の仕上がりです
ローズマリーとにんにくの香りが素晴らしいです
皮がパリパリ中はジューシーな仕上がりです


ホトトギス



イタリア料理に使用する食材2人分

鶏もも肉 2枚
ローズマリー 4枝+2枝
にんにく 2片
オリーブオイル 30cc
適量
ブラックペパー 適量

イタリア料理に使用する食材


噛めば噛むほど味が出る!
牛肉をこえた地鶏のもも肉です!
大和肉鶏もも肉
究極の地鶏!大和肉鶏のお肉です。
もも肉は炭火焼・鉄板焼き・鍋用で!
大和肉鶏の特有の、肉のしまりと甘みとコクの深さを味わって下さい。
商品内容
大和肉鶏もも肉・2枚入り約500g


ローズマリー 15g フレッシュハーブ 食用 和歌山県産
肉、魚料理の風味づけやハーブティーに
肉料理やポテト料理に、煮込み料理によく合います
彩り屋_


一切の妥協を排しクオリティのみを追求して作られたオリーブオイル
イタリア産 レティツィア エキストラ バージン オリーブオイル DOP 500m


『クトレラ社シリーズ!』
Frantoi Cutrera社 シチリア産 海塩(細) 320g

にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog

イタリア料理レシピ手順

  1. 鶏もも肉は
    流水で洗い
    キッチンタオルで水気をオリーブオイル綺麗に
    拭き取ります
  2. 塩・ブラックペパーを両面に
    軽く振りかけます
  3. にんにくは
    縦に二等分し中の芽の部分を綺麗にとりだします
    スライスします
  4. ローズマリー4本分
    にんにく2片分を
    みじん切りにします
  5. 鶏もも肉の皮と身の間に入れ
    挟み込みます
    裏の肉面にも振りかけます
  6. ジップロックに
    鶏ももも肉・
    オリーブオイルを鶏もも肉がかぶる位い入れます
    食器洗いの器に水をたっぷり入れ
    鶏もも肉を入れたジップロックを水に沈めます
    鶏もも肉の上にまで沈め
    上の殻の部分の空気を抜きます
    ジップロックのジッパーを閉じ密閉します
  7. Anoba低温調理器

    ●第2世代 新品 ANOVA Precision Cooker スマホ連動 
    bluetooth+WIFI 水温制御クッカー●真空 調理 900W

  8. Anobaを付ける鍋に
    水をたっぷり入れ
    ガス火にかけ水の温度を55℃まであげます
  9. Anobaをセッティングします
  10. Anobaの設定をいます
    温度55℃
    時間1時間
  11. 温度が55℃になったら
    鶏もも肉を入れたジップロックを入れ
    洗濯ばさみで上を鍋に挟みジップロックが
    中に沈まないようにいます
  12. 時間が来るまでまちます
  13. 時間が来たら
    鶏もも肉を取り出します
  14. フライパンに
    鶏ももも肉の皮を下にして入れ
    ジップロックの中に残ったオリーブオイルを
    30cc入れます
  15. 弱火にかけ
    じっくりと炒めます
    皮目に色がついてきたら
    キッチンタオルで余分な脂を吸い取ります
    出来上がるまで何遍も繰り返し脂を取り出します
  16. 綺麗な焼き色になってきたら
    中火にしがっちり焼き色を付けます
  17. 皮目を上にし食器に乗せ
    上にフレッシュローズマリーを飾ります


ベッキオホワイト プレート 26cm

バーリ県の県と主要都市 ポテンツァ 3 Graecalis 

Graecalis
Graecalis Face book
所在地: 70044 Polignano a Mare, バーリ イタリア
時間: 本日営業 · 12時00分~15時00分, 20時00分~0時00分
電話: +39 080 424 1661






にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog

 - イタリア料理レシピ , , , , ,

Comment

  1. kazuyoo60 より:

    悪魔風、ご馳走に付ける名前にしてはですが、洒落っけなのですね。
    温度55℃で1時間、かなり低い温度ですね~。

    • ryuji_s1 より:

      kazuyooさん
      おはようございます
      悪魔風 本当のレシピは
      もも肉の上にレンガをのせ
      ローストします
      いじめる様子が悪魔に見えたのでしょう
      ありがとうございます。

  2. はーい♪にゃん太のママ より:

    おはようございます(o^^o)
    とっても美味しそうなお料理ですね(o^^o)
    時間をかけて美味しさを引き出しているんですね(o^^o)
    私も食べたいなあ〜

  3. astro26 より:

    鶏胸肉は大好きで塩麹やヨーグルトに漬けこんでやわらかくして焼いてます。低温調理というのもあるんですね。おいしそう~)^o^(

  4. Emi Taya Martin より:

    低温でじっくり焼いた鶏肉はそれはしっとり美味しいでしょうね、仕上げにパリパリに焼き上げた皮も。ローズマリーと大蒜の香ばしいにおいが伝わってきます。ハロウイン的なお名前ですね。

    • ryuji_s1 より:

      Emi Taya Martin さん
      低温調理でしっとりした鶏肉の感触
      素晴らしいです
      ジューシーで美味しく頂けます
      ありがとうございます。

  5. misya より:

    こんばんは♪
    鶏もも肉の低温料理、中はジューシーで、外側はぱりぱり!
    理想的ですね~とってもとっても美味しそうです♪
    低温料理に挑戦したくなりました(^^
    台風何事もありませんように。

  6. らるむ。 より:

    こんばんは。

    悪魔風だけど辛くはないんですね。
    皮を焼いたチキンは美味しいですよね♪

    応援☆☆

  7. amabilis より:

    ryujiさん、こんばんは
    いつも美味しいレシピと応援コメントをありがとうございます

    鶏もも肉の悪魔風ローストとは
    なんとも魅惑的な響きです。
    低温でじっくり加熱するのが秘訣なのですね

コメントを残す

  関連記事

ブッラティーネとほうれんそうのニョッキ
パスタ フェットチーネ・リガーテ ボッタルガ 生クリームソース
パスタ リングイネ  ナスのペーストとナスの皮の飾り
パスタ ほうれん草パスタ リコッタチーズ和え
パスタ  カッペリーニ イチジクと生ハム
パスタ スパゲッティ フレッシュトマトマリネ
生しらすのボルベッティーネ バター風味
インゲンのアグロドルチェ(agrodolce)
揚げなすのパルミジャーノ風味
豚丼