イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,670、パスタのレシピ数は1628。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

牛テールのパスタリングイネ

   

やまほろしやまほろし
やまほろし 咲き始めです
のん先生の そら豆のクリーム煮ミモレット風味

のん先生のリトミック&ピアノ教室
のお作りになった
そら豆のクリーム煮ミモレット風味です
有り難うございます

牛テールのパスタリングイネ

牛テールのパスタリングイネ

イタリア料理レシピ
料理食材  4人分
パスタリングイネ…………………….280g
牛テール……………………………400g
グリーンアスパラ…………………….8本
トマトソース………………………..80g
ブラックペパー………………………適量
パセリ……………………………..3本
パルミジャーノチーズ(すりおろし)………100g
パルミジャーノチーズ(スライス)………..100g
***牛テールのソース***
牛テール……………………………1000g
たまねぎ……………………………1個
セロリ……………………………..5本
にんじん……………………………1/3本
にんにく……………………………4片
オリーブオイル………………………100cc
薄力粉……………………………..適量
赤ワイン……………………………250cc
ホールトマト………………………..400cc2缶
ブロード……………………………200cc
塩…………………………………適量
ブラックペパー………………………適量

リングイネ500g(ドンアルフォンソ)
南イタリア初の三ツ星レストランドンアルフォンソ1890の
オーナーシェフ、アルフォンソ・ヤッカリーノが特別注文で作らせている
オリジナルパスタ

【肉匠丑彦】和牛新鮮ホルモン テールカット 1本(1.2kg以上)

ニンニク青森県産大特価 定番サイズ 1kg

イル・レッチェート エキストラヴァージンオリーブオイル 750ml


パルミジャーノ レジャーノ 36~48ヶ月熟成

キアンティ クラシコ 2005 フォントディ

北海道産グリーンアスパラガス超極太【3L以上、1Kg】

キスコ:冷凍ブイヨン【1kg】
【特徴】
丁寧にアクや脂を取り除き、くせのない味に仕上げた濃縮タイプ。新鮮な野菜と鶏の旨味のバランスが絶妙で、評価の高いブイヨンです。
◎トマトソース
  トマトホール缶      1缶  400
  トゥットカラブリア ポモドーリセッキ パテ 190g
  有機パスタソース トマト&バジル300g
  玉ねぎ          1/2個
  塩  適量
  胡椒           適量
  ローレル         1枚
鍋に
 玉ねぎは微塵切りにしてオリーブオイル30ccを入れ中火で炒めます。
 しんなりして来たら
 有機パスタソーストゥットカラブリア(トマトソース)300gと 
 ポモドーリセッキ パテ(ドライトマトのパテ)190gとトマトホール缶400gを
 ローレルを入れて混ぜ合わせて作ります。
 中火にかけ混ぜ合わせ味をなじませます。
 15分ぐらい煮ます。沸騰させないように火加減をしてください。

サポーリ・ディ・カーザ 
有機パスタソース トマト&バジル300g

イタリア本場ナポリのおいしいトマト缶です!
アナリサ社 サンマルツァーノDOP
4号缶

トゥットカラブリア ポモドーリセッキ パテ 190g
イタリア料理レシピ手順
①牛テールは処理がしてあるのでそのまま使えます、
 塩こしょうを振りかけ薄力粉をまぶします
②たまねぎ・にんじん・セロリ2本と葉はみじん切りにします、
 セロリ3本は8cmの長さの短冊に切ります、
③鍋にオリーブオイル・にんにくを入れ弱火で炒めます
④ニンニクがきつね色になってきたら②を入れます、
焦がさないように弱火で丁寧に木べらでかき混ぜながら
 じっくりと小1時間炒めます、
⑤フライパンにオリーブオイル50ccを入れ中火で熱して
 ①を入れ炒めます
 まんべんなく焼き色をつけます、
⑥ ④に⑤を入れ赤ワイン250ccを入れ強火にします、
アルコール分をとばします、
⑦ブイヨン・ホールトマトを入れ弱火でじっくり2時間ぐらい
 煮込みます、
⑧ ②のセロリの葉と短冊切りのセロリを入れ1時間煮込みます、
塩・こしょうで味を調えます
⑨煮込み終わった牛テールの肉を骨からはずととります、
⑧のソース400cc・トマトソース100ccをフライパンに入れ
アスパラの4等分したものを入れます
アスパラは株の堅い部分はカットし薄皮をピラーでむいておきます、
⑨パスタパンにたっぷりのお湯を入れ塩を軽く一つまみ入れパスタを
 茹でます、
⑩ゆであがったパスタの水気をしっかり切って⑧のフライパンに入れ
 パルミジャーノのすりおろしを入れ混ぜ合わせます、
⑪食器にきれいに盛りつけパルミジャーノの薄くスライスしたものを
 飾ります
パセリのみじん切りを振りかけます
料理に使用する調理器具
パスタパン

ジオプロダクト パスタポット21cm


ビタクラフト】ウルトラ 両手ナベ 深型 4リットル 
フライパン

ビタクラフト/VitaCraft ウルトラ フライパン27cm 
食器

ウエッジウッド コーヌコピア 28cm パスタプレート

 - レシピ, 牛肉 ロース フィレ もも バラ 頬肉 すね テール タン

Comment

  1. siawasekun より:

    牛テールのパスタリングイネ 、美味しそうですね。
    自分には、珍しい料理です。
    ご紹介、嬉しいです。
    やまほろし、初めて、見ました。
    感激ショットです。
    ありがとうございました。
    応援ポチ。。

  2. kazuyoo60 より:

    ヤマホロシ、綺麗ですね。
    牛テールは20年ほど前に1度だけ買いました。長い間煮出して、スープだったのかな?、とにかく悪戦苦闘でした。

  3. tansunidon2 より:

    ryujiさん、おはようございます、
    牛テールのリングイネ美味しそうですが、
    高級パスタなんですね、
    食べてみたいです。
    何時もありがとうございます。

  4. Sivaji より:

    ラグー系のパスタですね~。
    なかなか自分では作らないですが、逆に、煮込みを作って余ったら、それをパスタソースにすることはあります。
    テールはゼラチン分が豊富なので、コクのある素敵なソースが出来そうですね。

  5. さくらん より:

    牛テール、テールスープなどでは
    美味しい味を出してくれる食材だなーって思っていましたが
    テール肉そのものを見たことがありませんでした。
    テールがならんでる画は迫力ありますね~。

  6. jugon より:

    ryuji s1さん、こんにちは。
    牛テール、そう言えばしばらく食べていません。
    いろいろな調理法で楽しめる部位ですが、売っているお店が少ないですものね?
    じっくり煮込んだ牛テールのパスタ・ソース、美味しそうです。

  7. Erba Vita より:

    牛テール大好きです。
    私は、煮込んで煮込んで骨からポロッととれるぐらいになったのが好きです。
    骨の髄もしゃぶって。。
    テールを使ったラグーソースは、北イタリア料理で見ました。
    そうなのかしら。。。。。

  8. アヤナー より:

    牛テールは大好物なんです。何と贅沢なパスタでしょう。題名読んだだけで口の中がジュワーってしちゃいました。骨もつぶしてエキスを出したいくらいです。
    また食べたくなりました。ウー美味しいそう!またお邪魔します。

  9. miina より:

    はじめまして。私のブログにコメントいただきましてありがとうございます。素敵なブログですね。パスタおいしそう~。
    イタリアン料理は大好きです。特にパスタはよくランチでいただきます。リングイネおいしいですよね。

  10. CANA より:

    ホロホロの牛テールでパスタ、想像しただけでも美味しそう~
    骨もはずしてあるので食べやすいですね。
    今日、北海道の親戚からアスパラが届きました。
    どんな料理にしようか悩んでいます(*^^*)

コメントを残す

  関連記事

ブラウンマッシュルームのパスタ フェットチーネ
サヨリのオレンジのマリネ
大アサリのジェノベーゼ風味
イチジクとブルーベリーとゴルゴンゾーラ
オマールエビと桃のソルベット
no image
ゴルゴンゾーラとマスカルポーネのペンネ
ほうれん草とゴルゴンゾーラのパスタ スパゲッティ
柿とトマトのパスタ カッペリーニ
アサリとズッキーニのフェットチーネ
新紅玉のサバイヨーネソース