イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,666、パスタのレシピ数は1626。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

クワトロチーズのリゾット

   

ポピーポピー
ポピー
クワトロチーズのリゾット

クワトロチーズのリゾット

イタリア料理レシピ
料理食材  4人分
野菜のブイヨン(市販)……………..1500cc
無塩バター………………………40g
たまねぎ………………………..1個
イタリア米………………………350g
エメンタールチーズ……………….50g
ゴルゴンゾーラドルチェ……………50g
フォンティナーチーズ……………..50g
パルミジャーノチーズ……………..50g

リゾットに最適☆
リゾ・スーパーフィーノ カルナローリ(イタリア米)
1kg、麻袋
高品質のイタリア米で、大きめのふっくらした粒が好まれている品種です。
栄養価の面でもおいしさという点でも、大変優れています。
米粒は調理の際に吸水すると、もともとの大きさの3倍まで
膨らみますが、食感とコシは残したまま、香りと味の吸収が
早いのが特徴です。
何よりも煮くずれしないのがカルナローリライスの特筆すべき点で、
アルデンテが長く続きます。伝統的にライスサラダ、リゾットなどの
料理に使われています。

ウェル ビオロジコ 野菜ブロード
150g
イタリア産
無農薬伝統農法による野菜を使い、化学調味料・着色料を加えず製造した、
野菜のコクと旨味の効いた野菜スープです。顆粒状なので調味料としても
お使い頂けます。

これぞ最高のバター!
イズニーAOCバター(無塩タイプ 2個セット)

エメンタールチーズ

搾乳2時間以内の
新鮮なミルクのみで作られる
【フォンティーナ(100g)】DOP
【フォンティーナ】は旨味があって、それでいて優しくナッティな
味わいのイタリア産チーズです。
北イタリア・ヴァッレ・ダオスタ州で作られています。
弾力があり、柔らかく、口の中で溶けていくと、特有の甘味が
感じられるチーズ♪
現地では牛乳+卵+バターで暖かく溶かして食べる
「フォンドゥータ」という料理が定番だそうです。

マイルドな「ゴルゴンゾーラ」
ゴルゴンゾーラ(ドルチェ) 1/8カット約170g
重量 約170g
原産国 イタリア
原産地方 ロンバルディア州
タイプ 青カビタイプ

パルミジャーノ レジャーノ 36~48ヶ月熟成
イタリア料理レシピ手順
①たまねぎはみじん切りにします、
②エメンタールチーズは小さく角切りにします、
③ゴルゴンゾーラドルチェは小さく角切りにします、
④フォンティナーチーズは小さく角切りにします、
⑤パルミジャーノチーズはすり下ろします、
⑥野菜のブイヨンは鍋に入れわかしておきます、
⑦別のフライパンにバター25gを入れ弱火にかけたまねぎを入れ
 炒めます、
⑧たまねぎが透明になってきたらお米を入れます、
⑨お米がバターと絡んでくるように木べらで良く混ぜ合わせます、
⑩お玉一杯分のブイヨンを注ぎ入れます、
⑪水分が少なくなってきたらまたブイヨンを注ぎ入れます
 その動作を20分間続けます、
⑫お米に完全に火が通る5分ぐらい前にチーズを入れます、
 最後にバターを15g入れ混ぜ合わせできあがりです、
料理に使用する調理器具


ビタクラフト ウルトラ浅型両手鍋4.0L
フライパン

ビタクラフト ウルトラシリーズ フライパン 27cm
食器

リチャードジノリ(Richard Ginori)
ベッキオホワイト
24cmスープ
リゾット – Wikipedia
一般的なリゾット
 トマトのリゾット
 パルミジャーノリゾット
 ポルチーニリゾツト
 きのこのリゾット
 トリュフのリゾット
***オリーブオイル
オリーブオイルの豆知識/オリーブオイルの産地と風味
イタリアン食材情報 オリーブオイルとは
イタリア地図からイタリアチーズを知る
***イタリア・チーズ
***パスタについて
パスタの種類の多さに目を見張ります
パスタの種類

 - リゾット, レシピ

Comment

  1. kazuyoo60 より:

    ハナビシソウ=カリフォルニアポピーが咲いてますね。我が家のも花が小さめになりながら、咲いているのです。花期が長いですね。
    イタリア米といえども、バターもチーズもたっぷりですね。
    お米が野菜、をすぐに忘れます。

  2. howdygoto2 より:

    おはようございます。
    クワトロチーズのリゾット美味しそうですね。
    イタ飯屋では、最近ピザとパスタばかりです。
    今度リゾット食べたくなりました。

  3. tansunidon2 より:

    ryujiさん、おはようございます
    いろいろなチーズの組み合わせで、こくがあり、美味しそうなリゾットですね。
    いつもありがとうございます。

  4. sato より:

    イタリア米っていうのもあるんですね!
    イタリア=パスタのイメージが強いんですが、どんなお米なんだろう?って興味あります。
    この前タイ米が欲しくて家の近所探したんですが、近所でタイ米を売ってるお店はありませんでした。
    きっとイタリア米ってなるともっと見つけにくいんだろうな~って思ったりして・・・・
    でも今はネットで買い物できる時代だから手に入らないものっていうのは少ないですね。
    それにしてもイタリア米・・・・どんな食感なんだろう?

  5. kincyan より:

    おはようございます。
    いわゆるイタリア風おかゆといった
    ところですね。とても栄養満点で
    おいしそうです。風邪をひいたとき
    などいいかもしれませんね。
    (もちろん健康なときでも、おいしく
    いただけるでしょう。)

  6. チーズがチーズケーキレアに見えてきました~

  7. さくらん より:

    チーズをクワトロも使う、贅沢で美味しそうですね!
    フォンティーナというチーズは初耳です、
    溶ける時に独特の甘みがあるチーズだなんて、
    面白そうですね。
    いつもコチラのサイトでは勉強させてもらっています、ありがとうございます(^^)/

  8. Sivaji より:

    クワトロ・フォルマッジのリゾットですね!!
    これは大好物です。
    その日の気分で、パルメだけのリゾットをオーダーするときもありますが。
    チーズが高くなってきたので、チーズを大量に使う料理は家庭で作るのは敬遠気味です。

  9. maruco より:

    ryuji_s1さん
    イタリアのお米日本の米とは形も味も違うのでしょうか?
    イタリアで作られてるのでしょうね。
    色々新しい事を有り難うございます。

  10. とこ より:

    おいしそうなものばかりですね。
    参考になります。
    出来ればまた遊びにいらしてくださいね

  11. midori より:

    ブログへのご訪問ありがとうございました^^
    リゾットもチーズも大好き!
    このレシピはぜひ作ってみたいです♪
    また遊びに来てください!
    私もまた来ますね~!

  12. とこ より:

    私もチーズの事をもっと知って、料理にいかしたいです。いつもながyujiさんの折る折るお売りには感服しています。yujiさんのページを見ると何故かほっとします。これからも癌画って下さいね。先日はご訪問、有難うございました。

  13. とこ より:

    先日書いた私のコメント、訳解らないですよね。
    チーズがおいしそうなリゾット、私の場合だと雑炊になってしまうのだからお恥ずかしい・・・
    リゾットもイタリアンなんですね、それすらしらなくて・・・
    フォンティーナというチーズ、頂いてみたいです。きっと優しい味なのでしょうね。
    改めて、ご訪問感謝します。また美味しいお料理、楽しみにしています。

コメントを残す

  関連記事

寒締めほうれん草と生ハムの炒め物
イチジクのコンポート ザバイオーネ
ジャガイモのスープ トリュフ風味
冷製パスタ ストロツァプレッティサラダ
仔牛のロースソテー レモンソース
オマールエビのムース フレッシュトマトソース
フェトチーネ 牛肉の赤ワイン煮
ラムチョップのロースト
桜肉(馬肉)のタルタル
リコッタとそらまめのパスタ リングイネ