イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,666、パスタのレシピ数は1626。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

天然真鯛のカルパッチョ

   

タピアンタピアン
タピアン
天然真鯛のカルパッチョ

ABI – 株式会社アビー
電磁冷凍で食材の細胞を壊さないように冷凍できます
生(フレッシュ)の状態と味でお召し上がりいただけます

天然真鯛のカルパッチョ

イタリア料理レシピ
イタリア料理食材  4人分
鯛……………………….200g
フェンネル………………..4枝
チャイブ………………….12本
セロリ……………………4cm
ミョウガ………………….2個
レモン……………………30cc
オリーブオイル…………….適量
塩……………………….適量
胡椒……………………..適量
カルパッチョ用ソース……….200cc
まずフレンチドレッシングを作ります
***フレンチドレッシング
たまねぎ………………….50g
白ワインビネガー…………..30cc
マスタード………………..20g
レモン汁………………….20cc
サラダオイル………………200cc
塩……………………….適量
胡椒……………………..適量
イタリア料理レシピ手順
①たまねぎはすり下ろします、
②ボウルにすり下ろしたたまねぎを入れます
 塩・胡椒を・マスタードを入れ泡立て器で
 撹拌します、
③レモンを入れさらに撹拌します、
④かき混ぜながら白ワインビネガーを加えサラダ油を入れ
 丁寧に撹拌します、
カルパッチョ用ソースを作ります
バルサミコ10cc
レモン汁20cc
粒マスタード20g
フレンチマスタード20g
①ボウルに粒マスタードとフレンチマスタードを入れ
 混ぜ合わせます、
②レモン汁を入れ撹拌します、
③フレンチドレッシング200ccを少しずつ入れて行きながら
 撹拌します、
④バルサミコを入れます、
⑤ミョウガは細い千切りにします、
⑥セロリは細い千切りにします、
⑦ミョウガ・セロリを冷水に入れさらします、
 ざるにあけ水気を切ります
⑧チャイブは小口切りにします、
⑨フェンネルは茎をのぞき葉を手で適当な大きさに分けます、
 根の部分はみじん切りにします
⑩鯛はそぎりに薄くスライスします、
⑪お皿に塩を軽く均一に振ります、
⑫その上に鯛を綺麗に並べます、
⑬軽く塩・胡椒を振りかけます、
⑭ ⑤⑥⑦を鯛の薄切りを飾るようにふんわりと優しく盛りつけ
 フェンネルの根のみじん切りとフェンネルの葉を乗せます、
⑭オリーブオイル・レモン汁・ソースを振りかけます、
⑮チャイブを振りかけます、
⑯オリーブオイルを振りかけできあがりです、

天然真鯛のフィレは量り売りです。(表示価格は100gの価格です)
CAS =キャスCelles Alive System(細胞を生かしたまま冷凍する最高技術
平均サイズは530gです。(ご希望により多少の大きさは指定できます)
計量してから価格を変更させていただきます。

【グラーティ エクストラ ヴァージン オリーヴ オイル2007】
イタリア・トスカーナが誇る絶品オリーヴ・オイル!!
輝かしい栄誉と受賞の数々!!

白くて玉ねぎのような見た目のフェンネル。
地中海沿岸から西アジアが原産のセリ科のハーブだから、
魚と一緒にグリルす
るのが一般的でしたが、生のままサラダにしたり、
ポタージュに入れたりと料理
方法も沢山あります。
食感はセロリと似ていますが、味は甘みもあって独特の香りも
たまりません生フェンネル

ワインビネガー/モスカート(白)

バルサミコ250ml カヴァッリ カヴ フェルディナンド

シェフも認めた!
古谷義仁さんのレストラン野菜
イタリア料理に使用する調理器具
ボウル

柳宗理
ステンレスボール&ストレーナーセット
食器

Richard Ginori リチャードジノリ 26cmPL 0115 ベッキオホワイト プレート
カルパッチョ とはウィキペディア(Wikipedia)

 - レシピ,

Comment

  1. 堕天使ママ より:

    真鯛のカルパッチョ、美味しそうですね!
    香草野菜を使う所が暑い夏場には嬉しいですね!

  2. みずなす より:

    こんにちは。いつも素敵なレシピばかりですね☆ミョウガも入れるのですか、今度試してみます。
    CAS冷凍には興味があるのですが、まだ食したことがありません。
    生カキでも冷凍と思えない美味しさと聞いたのですが実際どうなのでしょうね。良いお魚が手に入りにくい時、利用してみたいと思います。

  3. puffpuff より:

    香草がたっぷりのカルパッチョ、見た目にも
    涼しそうです。
    タイのコリコリ食感と香草の香りがお口の中を
    爽快にしてくれそうです♪
    原油高で世界的な値上がりラッシュ。。。
    今のうちにお魚食べないと食べられなくなるかも!!
    食の安全も、食糧自体が何だかものすごく不安になります。

  4. kazuyoo60 より:

    タピアンが可愛いですね。
    天然の真鯛ですもの、何にしても美味しいですよね。
    たまにしか出会いませんし、買えませんが、イタリア風を思い出します。

  5. tansunidon2 より:

    ryujiさん、こんにちは、
    真鯛のカルパッチョさっぱりと美味しそうですね。昨夜は真鯛のお刺身をたべました。
    いつもありがとうございます。

  6. maruco より:

    ryuji_s1さん
    真鯛のカルパッチョ夏らしいお料理で食欲をそそりますね。
    何時も有り難うございます。

  7. モニ より:

    ryujiさん、こんにちは、コメント有り難うございました。ええっ、68歳なんですか!!お料理を拝見すると、とても、とてもそんな風に感じません。それにかなりの腕前!!
    夕飯を担当なさってるなんて素晴らしい☆
    また遊びにきますねー

  8. SAKI より:

    はじめまして!
    先日は私のお弁当を見に来て下さってありがとうございました!
    こんなすごいお料理の数々を作られる方に
    盛り込みを誉めて頂いて嬉しいです☆
    それにしても素晴らしいお料理ばかりですね。
    食べてみたいものばかり…
    去年私も家族4人でイタリア旅行してきました。
    ボトルのオリーブオイルを買ってきましたよ。
    トスカーナの一番搾り?は美容にもいいらしいですね♪

  9. Sivaji より:

    ミョウガを使うのは和風?ですね~。
    フヌイユはなかなか見かけません。
    種はスパイスとして手に入りますが。
    昔、近所のスーパーで売ってましたが、
    たしか高かった記憶が。
    今はもう扱ってくれませんね。

  10. コメありがとうございました!
    遊びに来てビックリ!!
    すごくお料理する方だったんですね~!
    私は食べる専門なんですがここの記事は美味しそうなものばかりだし、タメになります♪
    これからも頑張って下さいね♬

  11. 進秀丸 より:

    本格的なお料理ですね!うちの父はなかなかの頑固おやじなもので、変わった食べ方にチャレンジしようとはしないのですが、一度、当選してみます。タマネギフレンチドレッシングだけでも作る価値ありですねヽ(^。^)ノ
    おいしそう!ではまた。

コメントを残す

  関連記事

じゃがいものピュレー チーズ風味
なすとモッツアレラチーズのロースト
三元豚ロース肉のソテー 巨峰とソルダムのソース
no image
パルミジャーノチーズのニョッキ グラタン
ローストチキンのハーブ風味
焼きなすとささみの冷製パスタ カッペリーニ
鶏むね肉のマヨネーズサラダ
食パンのモッツアレラチーズのはさみ揚げ
ブラックオリーブのパスタ スパゲッティ
豚フィレ肉のソテーピッツア風