イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,670、パスタのレシピ数は1628。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

フランス産ヒラメのポアレ

   

ゼラニュームゼラニューム
ゼラニューム
Section targeting


フランス産ヒラメのポアレ

フランス産ヒラメのポアレ

この料理もCAS冷凍技術を利用したヒラメを使いました、
イタリア料理レシピ
イタリア料理食材 4人分
ヒラメ200g………………………..4枚
オリーブオイル…………………….120cc
無塩バター………………………..100g
フュメドポワソン…………………..100cc
ハーブソース………………………60cc
強力粉……………………………適量
塩……………………………….適量
胡椒……………………………..適量
***ハーブソース***
バジルの葉………………………..10枚
パセリ……………………………5本
ローズマリー………………………2本
セルフィーユ………………………4本
ケッパー酢漬け…………………….40g
アンチョビー………………………4枚
にんにく………………………….3片
オリーブオイル…………………….200cc
塩……………………………….適量
胡椒……………………………..適量
イタリア料理食材のご案内

CAS冷凍チュルボ(平目)フィレ 5枚下ろし 4枚1セット1匹分 約1~1.5Kg 量り売り商品
天然フランス産ヒラメ(テュルボ)は量り売りです。
(表示価格は100gの価格です)
CAS =キャスCelles Alive System(細胞を生かしたまま冷凍する最高技術)
サイズは1p1~1.5Kgです。
計量してから価格を変更させていただきます。
高級フランス料理店にしか無かったフランス産ヒラメが
フレッシュと同じように使えます!

キスコ:HCQフュメドポワソン

【グラーティ エクストラ ヴァージン オリーヴ オイル2007】
イタリア・トスカーナが誇る絶品オリーヴ・オイル!!
輝かしい栄誉と受賞の数々!!

フランス産最高級発酵バター
エシレバター 無塩
50gX10個

ニンニク青森県産大特価 定番サイズ 500g

イタリア料理にかかせない
風味ゆたかな小粒ケッパー
チェルサヌス  ケッパー酢漬け

ロレア アンチョビーフィレ

”特選ハーブ” バジル 

”特選ハーブ” セルフィーユ(チャービル)

静岡県産他 パセリ(50g)

”特選ハーブ” ローズマリー
イタリア料理レシピ手順
***ハーブソースのレシピ
①ミキサーまたはチョッパーにハーブソースの材料をすべて入れ
 撹拌しペースト状にします、
②オリーブオイルは撹拌を繰り返しながら数回に分けて加えます、
③ボウルに入れ氷水で冷やしながら塩・胡椒で味を調えます、
 出来上がったら冷蔵庫に入れておきます、
④使い残したものは蓋のある瓶に入れ冷蔵庫で保管します、
⑤ヒラメは1枚200gのものを4枚用意します、
 ペーパータオルで水気を良く拭き取ります、
⑥皮目と身の部分両面に塩・胡椒を振りかけます、
⑦強力粉をまぶし、余計な粉ははたき落とします、
⑧フライパンにオリーブオイルを入れて熱して
 ヒラメの皮目の部分を炒めます、
⑨じっくりと時間をかけタナーなどで上からおいつけながら火を
 通します、
⑩皮目がしっかりと炒め終わったら無塩バター70gを入れ裏返して
 弱火にして炒めます、
⑪ヒラメは別の器に移しておきます、
⑫プライパンにフュメドポワソンを入れハーブソースも加えて
 弱火で軽く煮込みます
 無塩バター30gを入れバターが溶けたらできあがりです
⑬添え物の野菜はサヤインゲンを塩ゆでしたもが彩りが綺麗です、

いんげん豆(インゲン豆)2kg入り
イタリア料理に使用する調理器具
フライパン
フライパン

ビタクラフト ウルトラ フライパン27.0cm
チョッパー

BRAUN ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック プロフェッショナル MR5550MCA
食器

ウエッジウッド(Wedgwood)
クリオ
ブラックダマスク 27cmプレート
ヒラメ 市場魚貝類図鑑



 - レシピ,

Comment

  1. ブラウンのブレンダーをお使いのようですが、こういうハンドミキサー系は使い勝手が良いですよね
    ちなみに僕はKAIのマルチブレンダーを使っています
    少量のソースでも簡単に作れるので、本当に重宝しています
    多少邪道に見えるかもしれませんが、ミネストローネなどを作ると、一日目は普通に食べ、二日目はブレンダーでポタージュに変身させたり
    ミキサーのアタッチメントも付いていますが、こと泡立てに関しては、手に勝ものは無いし、みじん切りもやはり包丁が一番なので、ブレンダーしか使わないのがちょっともったいないですけど・・・

  2. kazuyoo60 より:

    真っ白なゼラニュームの綺麗なこと、とても涼しげです。
    切り身のヒラメでこれを作ってみたいです。もちろんモドキになってしまいますが。

  3. maruco より:

    ryuji_s1さん
    ヒラメは高級魚ですね、
    たまにあらたまったときなどは奮発して食べてみたいですね。

  4. tansunidon2 より:

    ryujiさん、こんにちは
    ゼラニュームがゲンキに咲いてますね、
    フランス産のヒラメを使ったポアレって特別に美味しいのでしょうか。

  5. Sivaji より:

    フランス産のテュルボ。懐かしいです。
    大きなものを向こうでおろして使ったことがありますが、身が締まって皮も硬く、刺身には向かないだろうな~と思いつつ料理しました。
    焼いたりするには向いているので、使いたいですね~。
    ノイリーを煮詰めたものをソースに足しても美味しそうですね。(ソース・バジリックとかピストゥーとかがこんな感じだったと・・・)

  6. やちまる より:

    夕飯前にココに来てはいけませんね
    空腹につらい・・・あ、よだれが・・・・
    イタリアン、大好きなんですよ~
    お盆休みにでも自分でチャレンジしてみたいです・・・・とは行ってもモドキですが
    あ、もしよろしければリンク貼らせてもらっていいですか?

  7. みき より:

    こんばんは。みきと申します。
    プロフィールを拝見させていただきました。
    お料理がお好きなのですね♪
    とても素敵なブログで見ていてとても楽しいです。また勉強もかねて遊びにきます。
    どうぞ宜しくお願いします。

  8. tommy より:

    初めてお邪魔します。
    私は今ちょうど通っているフードコーディネーターのスクール(チュ・ア・レゾン http://foodex.co.jp)でフードの勉強をしています。
    作ったりはしないので、大好きなイタリアンのレシピをぜひ参考にと思いまして、コメントさせていただきました。
    これからも参考にさせていただきたいのでまたお邪魔させていただきますね。

  9. スマイリー より:

    はじめまして
    本格的なイタリアンを作られるんですね!
    美味しそうですね~♪
    いつも手抜きの料理ばかり作るので、頭が下がります。

コメントを残す

  関連記事

真イカとにんじんのストゥファート
スズキのブラックオリーブソース春の野菜添え
仔牛ヒレ肉のカツレツ
no image
黒紫米の黒ごまのデザートスープ
牛もも肉の黒トリュフソースのカルパッチョ
枝豆と生ハムのパスタ スパゲッティ
ラム肩ロースのロースト カチョカバロのせ
もやしとパルミジャーノチーズ
蛸のシェリー酒焼き
エビフライとトマトソース