イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,666、パスタのレシピ数は1626。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

バローロワインのリゾット

   

フェンネル ハーブフェンネル ハーブ
フェンネルの花
ばかぴんの美味礼讃  ばかぴんさんの茄子のマリネ

ばかぴんの美味礼讃  ばかぴんさんの茄子のマリネ
素敵にお作りいただきました

バローロワインのリゾット
Section targeting

バローロワインのリゾット

イタリア料理レシピ
イタリア料理食材
リゾット米……………………..350g
乾燥マッシュルーム………………100g
無塩バター……………………..40g
オリーブオイル………………….50cc
にんにく……………………….1片
たまねぎ……………………….1個
ローズマリー……………………1枝
セージ…………………………6枚
バジルの葉……………………..10枚
トマト…………………………4個
野菜のブイヨン………………….1500cc
バローロワイン………………….200cc
パルミジャーノ………………….60g
塩…………………………….適量
胡椒…………………………..適量




熟成感のあるまろやかな赤 バローロD.O.C.G
ヴィッラ・ヨランダ バローロ
クーネオ県のバローロ村のランゲ丘陵のネッビオ
ーロ種からつくられる赤ワインです。力強く、長
命、バローロらしいエステルを想わせる独特の濃
密な香りと味わいが魅力的です。オーク樽熟成2
年以上で瓶熟成1年以上。アルコール度14%、
飲み頃温度18℃です。

有りそうで無かったので探しました!
天日乾燥・マッシュルーム
欧米では、きのこといえばマッシュルーム。
そのマッシュルームを太陽の下で乾燥しました。
生鮮マッシュルームとは、一味違います。
お料理にコクがでるんです!
戻し方も簡単:
ざっと洗ったドライマッシュルームを器に入れ水をひたひたに入れてレンジでチン!
内容量:100g
原産国:イラン
原材料:マッシュルーム
マッシュルームは、各種アミノ酸、特にグルタミン酸を豊富に含み、
たんぱく質はなんとシイタケの2倍以上! 
ビタミンB1・B2も含んだ低カロリー・高たんぱくな健康食品です。
また、味にくせがなく、どんな素材とも好相性、幅広くお使いいただけます。 
シチューやグラタン、パスタソース、中華料理等にお役立てください

リゾットに最適☆
リゾ・スーパーフィーノ カルナローリ(イタリア米)
1kg、麻袋
高品質のイタリア米で、大きめのふっくらした粒が好まれている品種です。
栄養価の面でもおいしさという点でも、大変優れています。
米粒は調理の際に吸水すると、もともとの大きさの3倍まで膨らみますが、
食感とコシは残したまま、香りと味の吸収が早いのが特徴です。
何よりも煮くずれしないのがカルナローリライスの特筆すべき点で、
アルデンテが長く続きます。伝統的にライスサラダ、リゾットなどの
料理に使われています。

ウェル ビオロジコ 野菜ブロード
150g
イタリア産
無農薬伝統農法による野菜を使い、化学調味料・着色料を加えず製造した、
野菜のコクと旨味の効いた野菜スープです。
顆粒状なので調味料としてもお使い頂けます

パルミジャーノ レジャーノ 36~48ヶ月熟成

青森県産にんにく(M2球ネット詰め)

”特選ハーブ” ローズマリー

”特選ハーブ” セージ

”特選ハーブ” バジル

埼玉県深谷市産のうまかんべ~は名前のとおりとてもおいしいフルーツトマトです。
9軒の農家しか栽培していない貴重なフルーツトマト!!

これぞ最高のバター!
イズニーAOCバター(無塩タイプ 2個セット)

【グラーティ エクストラ ヴァージン オリーヴ オイル2007】
イタリア・トスカーナが誇る絶品オリーヴ・オイル!!
輝かしい栄誉と受賞の数々!!
イタリア料理レシピ手順
①マッシュルームはボウルに入れぬるま湯を入れ20分間
 つけ込んでおきます、
 水気をしっかり絞ります、
②にんにくはみじん切りにします
③たまねぎはみじんぎりにします
④ローズマリーはみじん切りにします
⑤セージはみじん切りにします
⑥バジルの葉はみじん切りにします
⑦トマトは湯むきして横に2等分し中の柔らかい部分と種を
 取り除き、細かくきざみます、
⑧パルミジャーノはすり下ろしておきます、
⑨鍋にオリーブオイルと無塩バターを入れにんにく・たまねぎ
 を入れ弱火で炒めます、
⑩たまねぎが透き通ってきたらセージ・ローズマリー・
 バジルを入れ丁寧に木べらでかき混ぜながら炒めます、
⑪トマトの刻んだものを入れ15分間炒めます、
⑫乾燥マッシュルームを入れ塩・胡椒を振り入れ15分間
 煮込みます、
⑬別の鍋に野菜のブイヨン1500ccを入れ中火で暖めます、
⑭の鍋に米を入れ良く木べらでかき混ぜ中火でオイルが米に
 なじむようにします、
⑮ワインを入れ一度沸騰させアルコール分を飛ばし中火に戻して
 水気が少なくなるまで煮込みます、
⑯お玉で1杯分を注ぎ入れ米に水分が行き渡り水気が
 少なくなってきたらまたブイヨンを足して行き
 これを繰り返して行きます、
 20分間ぐらい続けます、
⑰米がアルデンテに煮込まれたら火を止め食器に盛りつけます
⑱パルミジャーノを振りかけます
イタリア料理に使用する調理器具


ビタクラフト ウルトラ両手鍋浅型25.5cm
食器

リチャードジノリ(Richard Ginori)
ボンジョルノホワイト
スーププレート 24cm
一言メモ
イタリア料理 リゾット
リゾットについて – Wikipedia

 - リゾット, レシピ

Comment

  1. ryujiさん、コメントありがとうございました!
    バローロワインのリゾット、ワインを200ccも入れちゃうんですね。香りよくコクがありそうですね~。私の場合、お鍋より口に入れてしまいそうです。

  2. kazuyoo60 より:

    フェンネルの甘い香りがしてきそうです。
    香り高い材料ばかり、それでも優しいお味になるのかな、そんな気がします。

  3. puffpuff より:

    夏の暑い日々、エアコンや冷たいもので
    体を冷やしがちですから
    綺麗な色の優しいリゾットがお腹にいいですね。
    フェンネルの甘い香りが魅力的♪

  4. バツ2オヤジ より:

    ワァ!素晴らしいですね!今度からレシピ参考にさせていただきます。

  5. ばかぴん より:

    こんにちは!茄子のマリネ、ご紹介ありがとうございます。光栄です。
    リゾット用のお米があるのですね。ジャスミンライスなどと近い感じなのでしょうか。ああ、気になります!!自分で飲まずにお米に飲ませるのはちょっとした我慢を要しますが、最後は全部自分のものになりますものね(笑)是非一度飲みながら食べてみたいと思います。

  6. tansunidon2 より:

    ryujiさん、こんにちは、
    ハーブの香りがきいたリゾット美味しそうですね。
    食欲がだんだんなくなってくるとき、美味しいものをたべたいですね。
    いつもありがとうございます。

  7. iron より:

    ryuji ssi
    コメントありがとうございました
    僕、ワイン大好きなんですよ!
    甘口のがリゾットには合いますか?
    今はイタリアンあまり作らなくなりましたが、
    また作ってみよーかな。
    このレシピ、ペンネでもOKかしら?

  8. みゆ より:

    フェンネルの花
    花火のように綺麗ですね
    夏らしいです
    フルーツトマト美味しいですよね

  9. どらくま より:

    はじめまして。食に関して、凄い追求ですね!
    私はいつも適当に作ってしまうので、感心しました。
    イタリアン大好きなので早速作ってみようと思います。

  10. Sivaji より:

    おおバローロ風味のリゾットですか。
    乾燥シャンピニオンがいい味を出しそうですね。
    さすがにバローロは、モンフォルティーノなどは使えないでしょうが。

  11. yokoh より:

    ryujiさんこんにちは。おじゃまします。コメント有難うございます!
    赤いリゾット、印象的ですね!しかもバローロ。贅沢でいいですね☆
    私はケチなので(苦笑、、もう少し安めのワインで作ったらだめなのでしょうか?味が全然違うのでしょうが、、。

  12. susy2005 より:

    コメントいただいてやってきましたら、おお!
    なんと素敵な場所でしょう!
    美味しそうなものがいっぱいで、困ります!
    ゆっくり隅々まで読ませていただき、今後の食生活の参考にさせたいただきますね!

コメントを残す

  関連記事

シタビラメのムニエル
狩人風 骨付き鶏肉の煮込み
地鶏もも肉のディアボラ
グリーンズッキーニと生ハムのパスタ フェットチーネ
ほうれんそうのソテー
イカとカボチャの簡単マリネ
ブロッコリーとパン粉のブカティーニ
野菜のオーブンロースト
ホタテ貝のグラタン ぎんなん入り
パルミジャーノ・レジーノ リゾット