イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,666、パスタのレシピ数は1626。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

ダチョウの煮込み

   

.ルドベキアルドベキア
ルドベキア 強風に流されて
負けまいとがんばっていました
Section targeting


ダチョウの煮込み

ダチョウの煮込み

ダチョウは日本でも飼育しています
生のままでもカルパッチョにしていただけます
くせがなく素敵なお肉です、
イタリア料理レシピ
イタリア料理食材 4人分
ダチョウ…………………..600g
にんじん…………………..2本
たまねぎ…………………..1個
セロリ…………………….1本
オリーブオイル……………..160cc
白ワイン…………………..500cc
薄力粉…………………….適量
野菜のブイヨン……………..500cc
トマトピューレ……………..200g
ブーケガルニ……………….1袋
ローリエ…………………..1枚
クローブ…………………..2個
セージ…………………….1枚
ローズマリー……………….1枝
ジュニパーベリー……………6粒
シナモンステック……………1本
ナツメグ…………………..3g
塩………………………..適量
胡椒………………………適量




ダチョウ肉刺身用【青森産】
ブロック200g

【グラーティ エクストラ ヴァージン オリーヴ オイル2007】
イタリア・トスカーナが誇る絶品オリーヴ・オイル!!
輝かしい栄誉と受賞の数々!!

ルナーレ IGTヴィーノ・ビアンコ
Lunare 2005 IGT vino Bianco
イタリア白ワインで最高点90点獲得!のシナモンやハチミツ、
アカシアの香り!肉厚な果実味とバニラ、バターなどの風味と
酸味が一体となり、最高とまで言える辛口白ワインに仕上がった

ウェル ビオロジコ 野菜ブロード

ギア 濃縮トマトピューレ
90g
イタリア産
食塩のみで味付けした2倍濃縮されたトマトピューレで、
イタリア高級料理の伝統的で最もシンプルな原材料です。

”特選ハーブ” ローズマリー

ローレル(ローリエ)

ギャバンクローブス ホール(丁字)100g
フトモモ科の常緑樹の花の蕾で釘のような形をしているので
丁字と呼ばれている。刺激的で爽やかなバニラのような香りがする。
ウスターソースの主要香気。医薬品として口腔清涼剤、胃腸薬や化粧品、
タバコ等に利用されている。

有機農産 シナモンスティック

”特選ハーブ” セージ

ジュニパーベリー/袋100g
洋酒のジンの香りはこのスパイスから作られます。
苦みと甘味のある香りは肉料理に合い、特に鹿や野鳥の肉の
料理には定番のスパイスです

オーガニック・ナツメグ ホール 30g
スリランカで有機栽培されたものです。
熱帯性植物ニクズクの種子の仁で、甘い刺激性のある香りと
ほろ苦さが特徴です。
スリランカ産のナツメグは、世界の8割を占める
インドネシア産と比べ
主成分Sabineneの含有量が約1.2倍です。
クッキー、ケーキなどのお菓子以外に、ハンバーグ、
ミートソースなどの
挽肉料理には欠かせません。
ご使用の直前におろしがねで粉にすると香りが引き立ちます。
イタリア料理レシピ手順
①ニンジン・セロリ・タマネギはみじん切りにします、
②ダチョウの肉は厚めにスライスします、
③肉に塩・胡椒を振りかけ薄力粉をまぶします、
 余計な粉ははたき落とします、
④ブーケガル二を作ります
 ナツメグはすり下ろします、
 ローリエ・グローブ・セージ・ローズマリー・ジュニパーベリー
 シナモンステック・ナツメグのすり下ろしたものをガーゼで包んで
 袋にします、
 上をひもで縛ってほどけないようにします、
⑤鍋ににんじん・たまねぎ・セロリを入れオリーブオイル100ccを
 入れ弱火で丁寧に炒めます、
 いわゆるソフリットを作ります、
 木べらで底を粉すげるようにしながら15分間ぐらい炒め続けます、
⑥フライパンにオリーブオイル60ccを入れ肉を入れて両面に
 綺麗な焼き色をつけます、
⑦肉を野菜の鍋に移し入れ白ワインを入れ強火ラーにして
 アルコール分を飛ばし野菜のブイヨン・ブーケガル二・
 トマトピュレ入れ強火で煮込みます、
⑧塩・胡椒で味を調えます
⑨蓋をして40分から50分間中火で煮込みます、
⑩食器に盛り込みます、
Section targeting


イタリア料理に使用する調理器具


ビタクラフト ウルトラ(9層シリーズ) 両手鍋4.0L
ビタクラフト ウルトラ(9層シリーズ) フライパン 27.0cm
食器

Richard Ginori リチャードジノリ 24cm スープPL 0180
 ベッキオホワイト プレート
ダチョウ – Wikipedia



 - レシピ

Comment

  1. tansunidon2 より:

    ryujiさん、おはようございます。、
    ダチョウって足が長い~のですね、
    動物園では見たことありますが、食べることって想像もしてませんでした。卵は聞いたことありました、
    いつもありがとうございます、

  2. kazuyoo60 より:

    ルドベキアが元気に沢山咲いて良いですね。
    ダチョウですか。養殖場があるのは聞いています。まだ機会がなくて、味を知りません。スーパーに出回るほどの生産はないのでしょうね。
    低脂肪高タンパクと聞いた気がします。

  3. とぅちゃん より:

    はじめまして!
    青森県産のダチョウのお肉!
    刺身用はクセが無くて美味しいですよね♪
    ただ、ハツはクセがありましたが・・・(苦笑
    イタリア料理!
    いまだにイタリア料理は食べた事が無いのですが・・・
    いやぁ~、一度食べてみたいです♪

  4. niko より:

    遊びにきちゃいましたっ
    素敵なブログですねッ☆
    お気に入りに追加させていただきまっす!
    また遊びにきます♪

  5. こんにちは。
    ダチョウですか?!
    それは珍しいですね。
    色々な食材を自在に操るryuji_s1さんは、すごいですね。

  6. KAZ より:

    ryujiさん こんにちは
    遊びに来ました。
    ダチョウ食べたことがないですが、作り方見てるだけで美味しそう♪
    私もこの野菜ブロード使ってます!!!
    これだけでもとっても美味しいスープになるし必需品。
    イタリアンフェアが三越であるときには
    山盛り買います(笑)

  7. ryujiさんこんばんわ。
    毎日暑い日が続きますね。
    お体ご自愛ください。
    ダチョウですか?
    初めて見聞きいたします。
    すごいメニューですね。

  8. ゆかりの より:

    こんにちは。ゆかりの と申します。
    先日はご訪問ありがとうございました。
    レシピがものすごく本格的ですね。ダチョウなんて、料理したことありません…。もっと腕を上げてからぜひチャレンジしてみたいと思います!

  9. Sivaji より:

    おお、ダチョウですね。
    皮革品としては高級ですが、食材としても鳥と肉の間のような感じで楽しめそうですね。
    まだ使ったことも食べたこともありませんが、使ってみたい食材です。
    (昨日はコメントを入れようとしたらNotFoundを何度も返されてしまいました・・・orz)

  10. さくらん より:

    ダチョウですか、お肉はおろか卵も食べた事がありません。
    クセもなく淡泊で美味しいとは聞いたことがあるのですが
    生でもイケるのですね。
    がぜん食べてみたくなりました。

  11. みゆ より:

    ルドベキアという難しい名の花なんですね
    昨日の強風雷雨でうちの可愛いボタンはやられてしまいました
    よく打ち勝ちましたね

  12. MINO より:

    こんにちわ!
    遊びにきました☆
    私もダチョウの料理してみたいです!
    こんな豪華なお料理も家庭で簡単に作れるのかな・・・??
    まずは調味料をそろえるところからですね!

コメントを残す

  関連記事

ご飯の生卵和え
ラヴィオリ・ヌーディ ravioli nudi
さんまのコンフイのパスタ スパゲッティ
赤いカリフラワーのミネストラ ナツメグ風味
インゲンとパンチェッタのパスタ ファッロ小麦のフジッリ
鶏むね肉のパスタ リングイネヘーゼルナッツペースト
かぼちゃのゴルゴンゾーラ仕立て
ホワイトアスパラのカルボナーラ風
野菜のローストオリーブオイル・バルサミコ和え
バジルソースの パスタ キタッラ