イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,670、パスタのレシピ数は1628。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

骨付きポークチャップのロースト ブルーベリーソース

   

タイムの花タイムの花
Section targeting


タイムの花
骨付きポークチャップのロースト ブルーベリーソース

イタリア料理レシピ
イタリア料理食材  4人分
ポークロース250g……………… 4枚
無塩バター…………………….30g
薄力粉………………………..適量
オリーブオイル…………………70cc
赤ワイン………………………180cc
フレッシュブルーベリー………….300g
蜂蜜………………………….120g
塩……………………………適量
胡椒………………………….適量

Section targeting



ポークチャップ(国産)約1kg

朝摘み、即配送!!北海道余市産・有機JAS認定の
無農薬フレッシュブルーベリー・目の疲れやすい現代人に
おススメ!ブルーベリー
完全無添加の優しい味をお楽しみ下さい。
北海道産の有機JAS認定・無農薬フレッシュブルーベリー1kg

これぞ最高のバター!
イズニーAOCバター(無塩タイプ 2個セット)

【グラーティ エクストラ ヴァージン オリーヴ オイル2007】
イタリア・トスカーナが誇る絶品オリーヴ・オイル!!
輝かしい栄誉と受賞の数々!!

キャンティ クラッシコ リゼルヴァ DOCG ロッカ ディ ソドーネ
トスカーナ  赤ワイン

史上最年少でミシュランの三ツ星を獲得した、
イタリア・ヴェネト州のレストラン『レ・カランドレ』の
シェフがボローニャ近郊の契約農家に特別に作らせているもので、
濃い色合いと強い風味、コクのある味わいが特徴です。
Section targeting


イタリア料理レシピ手順
①ブルーベリーはつぶして裏ごしします、
 ボウルにブルーベリーの裏ごししたもの・蜂蜜を入れ
 良く混ぜ合わせます、
②ポークチャップは塩・胡椒をして小麦粉をまぶします、
 余分な小麦粉はたたいて払い落とします、
③キャセロールオリーブオイルと無塩バターを入れます、
 強火にしてキャセロールが熱く熱してきたら肉を入れ
 両面に綺麗な焼き色をつけます、
 肉の中にまで完全に火が通っていなくても良いです、
 表面がかりっとした感じに炒めます、
④赤ワインを注ぎ入れ強火にしてアルコール分を飛ばします、
 中火にして水分が蒸発するまで煮込みます、
 塩で味を調えます、
⑤ブルーベリーと蜂蜜を上からかけてキャセロールの蓋をして
 200℃のオーブンで15分~20分火を通します、
 出来上がったら取り出して15分間室温におき味をなじませます、
⑥キャセロールにてそのまま提供し
 肉は取り分け
 ソースをスプーンで廻しかけます、
イタリア料理に使用する調理器具
キャセロール

ル・クルーゼ(ルクルーゼ) ビュッフェ・キャセロール 26cm 2532 オレンジ
ボウル

裏ごし器

18-8ステンレス製 ダブルメッシュシノア 18cm
食器

iittala(イッタラ)「Teema プレートφ26cm」ホワイト/2枚セット
ブルーベリー – Wikipedia



 - レシピ, 豚肉 ロース バラ フィレ 豚足 すね スペアリブ

Comment

  1. Sivaji より:

    ブルーベリー続きですね。
    でも、豚には果物を使ったソースがよくあるので、これは納得の一品。
    赤ワインを使うので、ベリーの香りとマッチしそうですね。
    同じくベリーの香りのするガメとかブルゴーニュの若いものが良いかもしれませんね。

  2. 堕天使ママ より:

    旬のブルーベリーを使った美味しそうなレシピですね!!
    子供たちとブルーベリー摘みに行こうか考えちゃいますよ!(笑)

  3. kazuyoo60 より:

    豚肉にはパイナップルぐらいしか知識がなかったのです。ブルーベリーを贅沢に使われて、美味しいでしょうね。

  4. みゆ より:

    タイムの花さりげなく可愛いい魅力をもっていますね
    ブルーベリーは毎朝ヨーグルトにかけて食べていますよ
    目が疲れなくなりましたよ

  5. tansunidon2 より:

    ryujiさん、こんにちは、
    ブルーベリーのソースで彩が綺麗で美味しそうですね、
    いつもありがとうございます、。

  6. dove-2 より:

    豚肉と果物は良く合いますね。
    ロース肉なら、よく使われるあばら肉より、くどさがなくて上品な味わいになるでしょうね。
    スプマンテ煮込み…手に入る食材で作らせて頂きました…。
    画像は肉とソースを分ける一歩手前…。
    UPのために先に生クリームをかけてあります。
    これ…最高に美味しいです…!

  7. たま より:

    ブルーベリーソース美味しそう!
    想像しただけでお腹が鳴りそうです。

  8. oburi_march より:

    はじめまして~。
    ブログへのコメントありがとうございました。
    キーワードはブルーベリー。
    そかそか、ちょっとの工夫とひと手間で、目も舌も楽しませてくれるんですよね、再発見しました。
    マンネリ、打破しなくっちゃ~。(笑)
    またお邪魔させて頂きたいので、いきなりですが、リンクお願いしていいですか?

コメントを残す

  関連記事

ボッタルガのパスタ タリアテッレ ガルム風味
仔牛ロースの エスカロッピーニscalloppine(薄切り) レモン風味
ほうれん草の冷たいスープ
油林鶏(鶏のから揚げ香味ソース
カブの 白ワインビネガー ラルド風味
ポルチーニ茸のリゾット
カマンベールチーズフライ・いちご赤ワインコンポート添え
目玉焼き ミラノ風
牡蛎のクリームスープ
ビーツとゴルゴンゾーラ・ピカンテ パスタ キタッラ