イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,957、パスタのレシピ数は1687。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

卵の巣ごもり風  アーティチョーク

   

アリッサムアリッサム
アリッサム
卵の巣ごもり風  アーティチョーク

卵の巣ごもり風  アーティチョーク

イタリア料理レシピ

イタリア料理食材4人分
アーティチョーク……………………..8個
アンチョビーフィレ(塩漬け)…………….2尾分
オリーブオイル……………………….70cc
トマトピューレー……………………..40cc
無塩バター…………………………..25g
卵………………………………….4個
松の実………………………………40g
塩………………………………….適量
胡椒………………………………..適量

オルト アーティチョーク オイル漬け
280g
イタリア産
アーティチョークのオイル漬け。
ドレッシングやマヨネーズをかけて前菜に

デリチュース社 アンチョビ・フィレ 58g(小瓶)
イタリアのDelicius社に確認させていただきましたところ、
次のような回答をいただきました。
瓶の外側から見たとき、アンチョヴィの身が皆様に良く
見えるように、また商品として見栄えの良い
状態になるような詰め方をしているとのことです。
また、デリチュース社ではアンチョヴィの品質をとても
大切にしており 、アンチョビのクズ(細切れ)を
使っておりません。
つまり、身を開いた段階でちぎれてしまうような
アンチョヴィは捨ててしまい、あの詰め方に堪える身だけを
使用しています。そのために、内容量 56gを入れたときに
真ん中に空洞が出来るようになっております。

イタリア産 マンカ農園自家製 無農薬
エキストラバージンオリーブオイル サンジュリアーノ 750ml(常温)

ブラックペッパー(ホール)

プジョーPEUGEOT 電動ペッパーミル アルティア 20cm

ドロゲリア フィーノBOX
600g
イタリア産
シチリア島のペレッリーノ鉱山の地下1000mの
ところから採掘された岩塩です。
それを細粒状にしたものです。
お肉料理との相性は抜群です。
また、パスタの茹で塩から仕上げまで、
オールマイティーにお使い頂けます。
イタリア料理レシピ手順
①アンチョビーの塩漬けは水に漬け塩抜きをします、
 10分間ぐらいです、
②卵は茹で卵にします
 固茹でで良いです、
 横に2等分にします、
③アーティチョークは縦に4等分にします
④塩抜きしたアンチョビーフィレ・松の実・無塩バターは
 ミキサーに入れオリーブオイル90ccを加えてミキシングします、
 ペースト状にします、
⑤フライパンにオリーブオイル10ccを入れ中火で熱して
 ペースト・アーティチョークを混ぜ5分間炒めます、
 トマトピューレーを入れ塩・胡椒を振り入れ味を調えます、
⑥食器にアーティチョークを並べその真ん中に卵を置き
 ソースをあたりに注いでパセリの微塵ぎりを飾ります、
イタリア料理で使用する調理器具
フライパン

ビタクラフトウルトラフライパン27cm
フードプロセッサー

ブラウン マルチクイック プロフェッショナル 
MR 5550 M CA
Enjoy your cooking life with Braun smart hand.
食器

ロイヤルコペンハーゲン
(Royal Copenhagen)
ホワイト フルーテッド
ハーフレース1128627
プレート(フラット) 27cm
パスタ
パスタの種類

イタリア料理
イタリア料理食材プチ図鑑 《 バルサミコ酢 》 | イタリア料理総合サイト 美味楽イタリアン

 - レシピ, 野菜

Comment

  1. awa_tama より:

    アーティチョーク、お店で見かけるたびに
    きれいだなーなんて思いながらも
    食べたことないんですよね。
    今度チャレンジしたいと思います。
    あと、デリチュース社のアンチョビ、
    すごくこだわりの一品なんですね。
    こちらも食べてみたいです。

  2. みゆ より:

    アーティチョーク初めて聞きましたよ
    どんな感じのものなのかしら?
    アリッサムいつ見ても綺麗ですね
    今年もよろしくお願いします

  3. at6682 より:

    本日はご訪問ありがとうございました。イタリア料理用の唐辛子があるそうですが、近所に売ってなく、漬物用の唐辛子をアラビアータに入れているので、おかしな辛さになるようです。
    一度、イタリア料理用の唐辛子を使って見たいものです。

  4. さくらん より:

    アンチョビペーストのソースですか、
    美味しそうですね。
    いつもイタリア食材や調理の知識に驚かされておりましたが
    イタリアの会社に問い合わせたりもされてるんですか、すごいですね!
    情熱と、なによりその能力が凄いです!
    私なんか英語での問い合わせもおぼつかない・・・(^^;)

  5. メグ より:

    からすみパスタ レシピありがとうございました。
    アリッサムの花 可愛くて 好きですぅ

  6. ピン助 より:

    こんばんは。
    コメントありがとうございました。
    今年1年が良い年になるように頑張りましょう!

  7. ツララ より:

    コンバンワ~。
    遊びに来ました!
    アーティチョークって初めて聞きました!
    実はアンチョビも未体験なんです(汗
    でもイタリアン大好きで勉強中です。
    ryujiさんのブログは勉強になります♪
    これからもヨロシクお願いします!

  8. Macky より:

    コメントありがとうございます。
    すごい、もともとイタリア料理のシェフさんなんでしょうか?
    あまりにも本格的過ぎて惚れ惚れしてしまいました。
    レシピが載っているので、いつか
    私も参考にしてお料理してみたいと思います

  9. maruco より:

    ryuujiさん
    迎春!
    今年も楽しいブログを楽しみにしております。宜しくお願い致します。

  10. coro より:

    いつもおいしそ~~~っ♪
    ですが、わたくし、アンチョビが苦手なんです。
    どうも美味しくないアンチョビを口にしてからの食わず嫌いかもしれません。
    勇気が出たらトライしてみますね。

  11. tansunidon2 より:

    ryujiさん、こんにちは
    卵のすごもり風は美味しそうですね。
    アリッサムも元気にたくさんさいてますね、

  12. comichiko より:

    あけましておめでとうございます。
    今年もryuji_s1さんにとって
    幸多い一年になりますように♪

  13. fiore0208 より:

    先日はご訪問ありがとうございました。
    すごいですね、レシピがいっぱい!
    お恥ずかしいです。。

  14. ヨスコ より:

    イタリア料理ですか、私パスタぐらいなら・・・
    ちょっとチャレンジします

  15. kazuyoo60 より:

    交差点の傍の花のポットに、今考えたらアーティチョークかもしれない大型のアザミが咲いていました。と言って、その場所のを貰うわけにもいきませんでしたが。
    蕾ですから当然ですが、それにしても結構なお値段ですね。

  16. クリリン より:

    アーティチョークって食べた事ないんです
    卵の巣ごもり風可愛らしいお料理なんですね

  17. いちご より:

    明けましておめでとうございます!
    昨年は、ご訪問並びにコメント、
    ありがとうございましたm(–)m
    年末年始もお休みすることなく、
    更新されていたのですね~
    尊敬です!!
    それにしても、
    なんて美味しそうなアンチョビ♪
    ではでは、
    今年もどうぞよろしくお願いいたします。

是非 あなたのご意見をお願いします 質問があれば分かる範囲でお答えしたいと思っております

  関連記事

カチョエペペ(cacio e pepe)パスタ スパゲッティ
リングイネのバジルソース カチョカヴァロチーズ添え
そらまめとじゃがいものピュレー ペコリーノチーズ添え
オリーブペーストのパスタ
野菜のローストオリーブオイル・バルサミコ和え
春キャベツとバーニァカウダーのパスタ
なすのアンチョビー風味
no image
トロペアのグリルバルサミコ風味
しま海老のサラダオレンジ風味キャビア添え
胡桃ソースのスパゲッティ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。