イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,666、パスタのレシピ数は1626。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

ビーツのマリネ ミント風味

   

ローズマリーローズマリー
ローズマリー
お造りになった紅芯大根、うるい(山菜)とホタテ貝の サラダ
ワンツウ3人 のんびり一歩の R&M母さんが
お造りになった紅芯大根、うるい(山菜)とホタテ貝の サラダ
材料は違いますが紅芯大根上手に使いこなしています
ビーツのマリネ ミント風味

ビーツのマリネ ミント風味

イタリア料理レシピ

イタリア料理食材4人分
ビーツ大の時2個 ……………1000g
ビーツ小の時5個…………… 1000g
赤ワインビネガー…………….30cc
オリーブオイル……………….100cc
岩塩…………………………適量
ミント…………………………適量
イタリア料理に使用する食材

ビーツ
長野県産
煮込み料理等に使いますが
新鮮なので酢漬けやサラダでも
お召し上がり頂けます。

クラウディオ・ロッソ 赤ワインビネガー ランガローロ
500ml
イタリア産
色合いは熟成されたワインのような深いルビー色。
ワインビネガーとしてはまだまだ若いこともあり、
味わいもワインのような酸味、甘み、渋みが残っています。
特筆すべきはビネガーとしては極めて低い酸度です。
ランガローロを振ったサラダやグリル野菜のマリネならば
赤ワインにもぴったりと合います。
年間生産本数は3000本限定。

オリーブオイル フレスコバルディ ラウデミオ
●手摘みしたオリーブの実の果汁を48時間以内に
そのまま搾って、その中で「ラウデミオ」の厳しい基準を
満たすものだけが製品となる。
(ものすごく手間がかかるのに、製品になるのは特別に
良質な部分だけ。
6キロのオリーブの実からたった1リットルしか
製品にならないそうです)

ミント 1パック 国産 ハーブ

ドロゲリア フィーノBOX
600g
イタリア産
シチリア島のペレッリーノ鉱山の地下1000mの
ところから採掘された岩塩です。
それを細粒状にしたものです。
お肉料理との相性は抜群です。
また、パスタの茹で塩から仕上げまで、
オールマイティーにお使い頂けます。
イタリア料理レシピ手順
①ミントは千切りにします、
②ペーパータオルに水をたっぷり含ませ
 ビーツをくるんでアルミホイルでその上から
 包み密閉します、
 230℃から250℃にオーブンを熱して小一時間
 ローストします、
③オーブンから出し粗熱がさめたら皮をむきます、
④5mmの厚さに輪切りにします、
⑤ボウルに赤ワインビネガー・オリーブオイル・塩
 ミントの千切りを入れ混ぜ合わせます、
⑥ビーツを入れつけ込みます、
⑦2時間ぐらいつけ込んだらOKです
  出来るだけ早くお召し上がり下さい、
⑧食器に盛りつけます、
 ミントの葉 そのままの葉を飾ります
イタリア料理に使用する調理器具
ボウル

機能的でデザイン性にも優れた
柳宗理デザインのボール&
ストレーナー6点セットです。
食器

EXIV エクシブ マットブラック 29cm プラター

 - レシピ, 野菜

Comment

  1. siawasekun より:

    おはようございます。
    ビーツのマリネ ミント風味、・・・・・・。
    なるほど。
    イタリア料理って、いいものですね。
    ご紹介、ありがとうございました。
    応援ポチ。。

  2. 長野県産のビーツですか。
    ビーツはなじみがなくて、ほとんど
    知らない野菜です。
    名前だけは知っていましたが。
    ミントの香りは大好きです。
    さわやかですね。

  3. ローズマリーの爽やかな香りが大好きです。
    ちょっと葉に触れただけで、香りが移るんですよねぇ~

  4. R&M母 より:

    いつも、本当にありがとう、ございます。
    美味しく食べさせてもらってます。
    ビーツのマリネ。いろいろな調理の仕方があるんですね。ボルシチだけではないとしっかり頭にインプットしました。
    カカオ風味のニョッキ、子息が16日に出張から帰国します。作って食べさせたいなと思ってます。
    オレンジピールいつも自然食品売り場で購入してました。これからは作ります。 とても参考になりました。

  5. kazuyoo60 より:

    イタリアにも寒い場所があるのでしょうね。
    ローストですか。甘味が増すのでしょうか。美味しそうです。

  6. ミズリン より:

    昨年、ドイツに行った時に広大なビーツ畑を見ました。
    日本にもビーツあるのですね!
    寒いところに育つので、長野とか北海道なんでしょうね。
    大阪で売ってるかしら?
    料理してみたいです。

  7. じゅじ より:

    こちらもビーツですねww
    ミントの葉を入れるとまた爽やかになっていいですね!
    今度試してみますね。

  8. chiru より:

    ビーツって使ったことがないのでどんな感じになるのかさっぱりですが(^_^;)
    そんな食材もチョチョイ~と素敵なお料理に変身させちゃうなんて本当に大尊敬しちゃいますo(*^▽^*)o

  9. Sivaji より:

    所謂、甜菜(サトウ大根)ですね。
    ボルシチには欠かせない野菜ですが、丸ごとローストして、それからマリネするのですね。
    アミューズに出したり、付け合せに使えたり、量を増やしてサラダにしたり、いろいろ楽しめそうですね。

  10. waiwai より:

    ご訪問ありがとうございました^^
    長野県産のビーツいいですね。
    こちらでは缶詰、瓶詰めなどでしか
    手に入りません。
    マリネおいしそうですね。
    すばらしい食材に恵まれてお幸せですね。
    どんな食材も新鮮さが大事ですね。

  11. さら より:

    コメント、ありがとうございます。
    ミントと合わせるのもおいしそうですね!
    私は、バジルと合わせて、オリーブ油&バルサミコ…という組み合わせをします。
    ビーツは栄養価が高いから、食べるように心がけています♪ 飲む血液って言われているようですね。

  12. 気道戦士 癌ダム より:

    当方へもご訪問、ありがとうございます。
    ビーツは僕もボルシチくらい・・・あまり重視したことがありません。
    ・・・作り方を見ていると、これ筍でやっても美味しいかも知れませんね?(えぐみがあるから、どうかなぁ・・・と思いますが)
    それにしても、アフェリエイト?が多くて、本文が読みにくい。できれば、作品の写真もぜひ載せていただきたいと思いますが、イラストにされてるのは、何か理由がおありなのでしょうか?
    いずれにせよ、僕と同じような性格の方かな?今後ともよろしくお願いいたします。

  13. ピン助 より:

    こんばんは~。
    6年前までのお仕事+毎日の勉強の成果ですね。
    納得できます、これだけの内容なら(^^)
    これからも頑張って下さいね。
    ビーツ・・初めて見ました!!
    テレビの料理番組で知らない素材の名前が出てきても、どんな物かすら解らないので、こうして写真を載せていただけると助かりますよ(^^;)
    今度は、ぜひ購入して、どんな味がするのか試してみたいですね。
    応援ポチ、完了♪

  14. 瓢鯰亭 より:

    コメントありがとうございました。ちょっくら訪問しました。(^^ゞ
    いろいろなメニュー、小品なら私でもできるかな。ただ、食べたことがないものを作ると、ちゃんとできたのか判断できませんね。どういうところを味わうべきなのか、どこがおいしいのかも、教えてもらえるとうれしいけど、それは余りに素人か。(^o^)わははは・・・

  15. レモン より:

    ビーツはやっぱりアルミでまいてオーブンで丸焼きにしたものを使うのがおいしいですね。
    あたしも大好きです。
    色もすごくきれいなので、もっと食卓に登場させたいお野菜です♪

  16. *マリマリ* より:

    こんばんは*
    コメントありがとうございました**
    ビーツの実物、初めて見たのでこんな形してるんだーと興味津々。
    あと国内で生産しているんですねー!!!
    『ビーツ』なんて洒落た名前をしているんで、国内では育たないのではと勝手に想像していました。
    すごい!!
    またお邪魔させていただきます***

  17. ロモコ より:

    ビーツ!日本でも手に入るのですね!パリで働いているお店でもよくビーツを使っていて昨日のスープはビーツのスープにシブレット入りのサワークリームを浮かべたものでした!色がとってもきれいですよね!ryuji_s1さんのブログとっても素敵ですぐにブックマークしちゃいました!!

  18. クリリン より:

    ビーツってボルシチに入っている赤いやつですかあまり食べ慣れませんが、オーブンでローストするとまた食感も違ってきますかね…

  19. b_nomad より:

    コメントありがとうございました。
    ビーツをローストして使うんですね。
    甘みが増すのでしょうか?
    生が手に入ったら是非試してみたいです!

  20. manbo_sono より:

    ビーツがまだ美味しい季節ですね。ロースとはまだしたことがないので今度やってみます。コメントありがとうございました。素敵なお料理や素材がいっぱいで素敵です。

凪々@休憩中 にコメントする コメントをキャンセル

  関連記事

小イワシの酢漬け
チゲ 豚チゲ
ブラックペパーとマスカルポーネのパスタ
リコッタチーズとほうれん草のパスタ
フレッシュトマトとブッファラモッツアレラのパスタ スパゲッテーニ
メカジキマグロのトマトソース
ラグーの白ワイン風味とアスパラのパスタ フェットチーネ
仔羊のレバー エシャロット風味
鶏もも肉のゴルゴンゾーラロースト
豚肩ロース肉のコンフィのディアブ