イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,637、パスタのレシピ数は1614。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

ゴルゴンゾーラチーズとビスタチオのペンネ

   

寒桜寒桜
寒桜
ゴルゴンゾーラチーズとビスタチオのペンネ

ゴルゴンゾーラチーズとビスタチオのペンネ

イタリア料理レシピ

イタリア料理食材4人分
ショートパスタ ペンネ・リガーテ………….240g
ゴルゴンゾーラピカンテ…………………..200g
ビスタチオペースト………………………40g
オリーブオイル………………………….60cc
にんにく……………………………….2片
生クリーム……………………………..240cc
パルミジャーノ・レジャーノ……………….60g
イタリア料理に使用する食材

セタロ・ショートパスタ ペンネ・リガーテ
ペンネ・リガーテというのは、「筋の入ったペン先」の意味。
このショートパスタを使った有名な料理に
ペンネ・アラビアータがあります。
表面の筋にチーズやソースがたまりやすいので、
こってりしたチーズ系のソースなどとも相性が良いです。
 セタロのパスタは、ブロンズ・ノズルから押し出された
パスタを低温で48時間から72時間かけてゆっくり
乾燥させるので小麦の栄養価が損なわれません。
ざらつきのある表面にソースがよく絡まって
美味しく食べられるパスタです

ワインのお供に♪パスタのソースに♪
青カビチーズの決定版!
『ゴルゴンゾーラ・ピカンテ 1/4カット約340g』
こちらは青カビもたっぷり入っていて、
中身がしっかりとしていてやや硬めです。
とはいっても塩味もマイルドで、食べやすい
青カビといえるでしょう。
ゴルゴンゾーラで青カビの風味を味わいたい時は、
ピカンテを選ばれることをオススメします。
■原産:イタリア ロンバルディア州

シシリー産 チルドのピスタチオ ペースト500g

フレッシュクリーム 生 1000ml 森永乳業 [冷]

パルミジャーノ レジャーノ 36~48ヶ月熟

ニンニク青森県産大特価 特大玉サイズ

オリーブオイル フレスコバルディ ラウデミオ
●手摘みしたオリーブの実の果汁を48時間以内に
そのまま搾って、その中で「ラウデミオ」の厳しい基準を
満たすものだけが製品となる。
(ものすごく手間がかかるのに、製品になるのは特別に
良質な部分だけ。
6キロのオリーブの実からたった1リットルしか
製品にならないそうです)

ドロゲリア フィーノBOX
600g
イタリア産
シチリア島のペレッリーノ鉱山の地下1000mの
ところから採掘された岩塩です。
それを細粒状にしたものです。
お肉料理との相性は抜群です。
また、パスタの茹で塩から仕上げまで、
オールマイティーにお使い頂けます。
***ご自分でピスタチオ ペーストをお造りの時***

ドライ ピスタチオ ムキミ【500g】
作り方
生ピスタチオ200g
オリーブオイル100cc
パルミジャーノ・レジャーノ50g
①パルミジャーノ・レジャーノはすりおろします、
②生ピスタチオの場合は、3分ほど茹でます、
③ざるにあけて水にさらし、茶色の薄皮を剥くきます、
④フードプロセッサーに②・オリーブオイル①を入れて
 ペースト状になるまで撹拌します、
 ペースト状になったらできあがりです、
イタリア料理レシピ手順
①にんにくはみじん切りにします、
②ゴルゴンゾーラチーズは熔けやすい大きさに
 カットします、
③パルミジャーノしすりおろします、
④ピスタチオの生40粒をから煎りして粗く刻みます、
⑤フライパンにゴルゴンゾーラ・ビスタチオペースト
 生クリームにんにくを入れ中火にかけます、
⑥ペンネはパスタパンに水をたっぷり入れ沸騰させ
 塩を軽くひとつかみ入れ茹でます、
⑦茹で時間は袋に表示されている時間より1分間
 短めに茹で揚げます、
⑧フライパンのチーズが熔けてなじんできたら
 茹で上がったペンネを入れ混ぜ合わせます、
⑨塩で味を調えます、
⑩食器に盛りつけパルミジャーノを振りかけます、
 ピスタチオの刻んだものを振りかけます、
イタリア料理に使用する調理器具
フードプロセッサー

ブラウン マルチクイック【税込】 MR-5550MCA [MR5550MCA]
パスタパン

パスタも!スープも!煮込み料理も!
本格的に料理をするなら
柳宗理 ステンレスパスタパン22cm
フライパン

ビタクラフト ウルトラ フライパン補助把手付27.0cm 
IH対応等のマルチ熱源対応 全面多層構造で弱火で素早く調理 
無水、無油料理も
食器

ロイヤルコペンハーゲン ホワイトプレイン パスタプレート 

 - パスタ  ラザニア ペンネ, レシピ

Comment

  1. 気道戦士 癌ダム より:

    ゴルゴンゾーラも大好きなのでよく使います。
    邪道ですが、スティルトンにマスカルポーネを混ぜて使っても、香りが立って、悪くは有りませんね。
    ビスタチオのパスタは、ペンネではなく、名前は忘れましたが、細めのマカロニが2本絡まったようなパスタで作っていました。
    芽キャベツのゴルゴンゾーラ
    これこそ、同じサイズのニョッキと和えると美味しい一品になると思うのですが、いかがでしょうか?さて、何味のニョッキにするかが問題ですが・・・どうしましょう?。

  2. siawasekun より:

    おはようございます。
    寒桜、美しいですね。
    綺麗ですね。
    ゴルゴンゾーラチーズとビスタチオのペンネ、・・・・・・。
    なるほど。
    自分には、珍しい料理です。
    一度、食べてみたいものです。
    ご紹介、ありがとうございました。
    応援ポチ。。

  3. こぶママ より:

    ryuji_s1 さん、こんにちは。
    そうかなるほど、表面にスジの入ったペンネなら、ソースがよくからむのですね。
    ラーメンで言うと縮れ麺の原理と同じということでしょうか…。
    ラウデミオのオリーブオイルは美しい色ですね。
    きのうちょうど瀬戸内海のオリーブオイルの話をTVで見たのですが、一年に2000本限定で手絞りで作っているオリーブオイルがあるそうで、それもキレイな透明な緑色でした。
    若いオリーブを使うとキレイな色になるそうですね。そのかわり普通のオリーブの2倍量の実が必要らしいのですが、味わいはまるで果物ジュースのようだ、とのことでしたよ。
    チーズ大好物なので、このお料理も興味津々です!

  4. chiru より:

    わぁお!
    パスタソースにピスタチオ使っちゃうんですねぇぇぇo(*^▽^*)o
    もう、ホント毎回驚かされちゃいます!!
    すごいなぁぁぁ
    ホント、プロですよねぇぇぇ(人´∀`o)
    使う物からして全然違う・・・(^_^;)
    私の料理が恥ずかしくなってきちゃいましたぁぁぁ(^_^;)ヘヘヘ

  5. ひろり より:

    コメントありがとうございました。
    素敵なお料理の数々に挑戦されているのですね~
    マンネリ化しつつある我が家の食卓、参考にさせていただきますね~

  6. ITおやじ より:

    ゴルゴンゾーラって・・・強そうですね。
    個人的には癖のあるチーズが好きです。。。

  7. お針箱 より:

    コメントありがとうございます。
    ペンネには 「筋の入ったペン先」という意味があったのですね? なるほど~
    岩塩はいろいろな種類を使っているこのごろです。
    ドロゲリアフィーノも早々にゲットしようと思いました!
    ありがとうございます。
    これからも 参考にさせていただきますのでよろしくお願いします

  8. puffpuff より:

    寒桜、美しいですね~。
    どの桜も気品があります。
    ピスタチオのペーストもあるんですね!
    何だか面白そう♪
    ナッツを使うとう~んとお料理の世界がまた
    広がりますね。

  9. kazuyoo60 より:

    さすがに桜、寒桜だとしても華やかです。可愛い~~。
    ピスタチオ、確かに緑っぽいですが、綺麗なソースですね。
    炒ったのしか見ていません。大好きです。

  10. ぴよ。 より:

    はじめまして。
    訪問コメントありがとうございました^^
    にしても 本格的なパスタに脱帽です~
    パスタの種類もかなり多いのでソースとのあわせ具合がかなり楽しいですよね
    よくスイーツなどにピスタチオが
    使われてるのをみて綺麗な色だなぁと
    思ってましたが パスタソースですか~
    鮮やかな色合いになりそうですね☆

  11. howdygoto2 より:

    こんにちは。
    ゴルゴンゾーラチーズとビスタチオのペンネいいですね。
    知ってるかもしれませんが、通り僕はチーズ大好きです。
    昨日のランチはチーズたっぷりのピザを食べました。
    今日は気分を変えて、海鮮丼を食べました。

  12. tansunidon2 より:

    ryujiさん、こんにちは、
    寒桜綺麗ですね、
    梅よりも早く咲く桜なのですね、
    ゴンゴのお料理めずらしいですね。
    食べてみたいです。

  13. とりちゃんマミィ より:

    いつもコメントありがとうございます。
    パソコンの調子が悪いので、落ち着いたらまた遊びに来ます!!

  14. dolce より:

    こんにちは。
    ゴルゴンゾーラとピスタチオの組み合わせ、
    とっても惹かれます。
    またいつか作ってみなきゃ・・・
    週末にようやく、”ルッコラのペーストのパスタ リコッタチーズ和え”を作りました!
    今までに食べたことがない美味しさでした。
    ありがとうございました☆
    今週、友人とウチでランチをするのですが、またこちらのレシピたちにお世話になる予定です☆

  15. 私はチーズの種類をあまり知らないので
    次々と新しい名前が・・・・・
    もっといろいろなチーズを食べてみますね。

  16. satoshi より:

    こんにちは(^^)
    訪問ありがとうございます♪
    いろいろなパスタがありますね!!
    こんど、参考にさせて頂きます。
    また、訪問させて頂きますね~
    ピスタチオのペーストがあるのですね!
    知りませんでしたぁ~

  17. とらちよ より:

    ピスタチオのペーストなんて 初めてみました
    このペンネ 是非是非 食べてみたいです
    でも 自分では 作れないかも・・・

  18. 光露 より:

    ピスタチオとゴルゴンゾーラの組み合わせ、今度やってみます。ペーストが手に入るかな・・・。
    今日は満月でお月さまがとっても綺麗ですね。梅も香るし、月明りで猫が屋根に上ってるなんて絵になりそうですが、猫の恋も落ち着いたと見え、やっと静かになりました。

  19. ピン助 より:

    こんばんは。
    イタリアといえばパスタですが、パスタにも色々な種類があるんですよね。
    何かの番組でイタリア(だったと思います)のパスタ専門店を紹介してたんですけど、種類が豊富で見てるだけで楽しくなりますね。
    機会があったら、直接行って見てみたいです。
    応援ポチ、完了です!

  20. Ellie より:

    はじめまして
    コメントありがとうございました。
    遊びにきちゃいました♪
    すっごく本格的なレシピばかり。。
    本ができそうですね。
    今度。。いつか。。挑戦しようと思いますww
    食べるの専門だけど、こんな風に作る側の知識もあれば鬼に金棒ですよね。
    また遊びにきます!

  21. esu♪ より:

    はじめまして、esu♪と申します。
    コメントありがとうございました。
    ゴルゴンゾーラ、大好きです!
    とってもおいしそうです!!
    ピスタチオペーストは、お菓子作りで使うだけでしたので、驚きです!今度パスタにもためしてみたいです。
    パスタ大好きなので、素敵なレシピがたくさんでうれしいです♪材料の情報も、とても勉強になります。
    また、訪問させていただきます!

  22. まあ♪ より:

    はじめまして^^
    こだわりの材料、道具を使っての料理なんですね~
    チーズとっても美味しそうです^^

  23. アッキー&ナッキー より:

    今日は我家もパスタランチでした。
    トマトベースだったけど!

コメントを残す

  関連記事

鯛と赤パプリカ トマトセルフィーユドレッシング
目玉焼き ミラノ風
ホタテのソテー・ウニソース和え
柿のソテー アーモンドとホワイトチョコのスープ
銀杏のポタージュスープ
手作り塩豚バラとちぢみほうれん草のスープ
オイルサーディンとプチトマト 赤チコリのパスタ
キャベツとパンチェッタのスープ
小しわしのマリネ
小エビのフェットチーネ カレークリームソース