イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,640、パスタのレシピ数は1615。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

パプリカのカポナータ詰め

   

名前不明名前不明
ヒメリュウキンカ
kazuyoo60さんからお教えいただきました
aokitukiyoさん・ブロッコリーのヨーグルト風味 
晩のおかず aokitukiyoの徒然なるままに/ウェブリブログ 
aokitukiyoさんがお造りになった
ブロッコリーのヨーグルト風味
ありがとうございます
素敵にお造りいただきました、
dolceさん ビーツのマリネ ミント風味dolceさん下仁田ネギのタルト
dolceさん豚肩ロース肉のブドウ風味

★EASYGOING LIFE in South Bay★dolceさん
ビーツのマリネ ミント風味
下仁田ネギのタルト
豚肩ロース肉のブドウ風味
素敵にお造りいただきました
ありがとうございます

パプリカのカポナータ詰め

パプリカのカポナータ詰め

イタリア料理レシピ

イタリア料理食材4人分
赤パプリカ…………………2個
黄パフリカ…………………2個
カポナータ…………………400g
 たまねぎ…………………1/2個
オレンジパプリカ………….2個
 長なす…………………..2本
ズッキーニ……………….1本
 にんじん…………………半本
 にんにく…………………1片
 ローリエ…………………2枚
 トマトホール缶……………400g
 オリーブオイル……………40cc
 野菜のブロード……………200cc
 岩塩…………………….適量
パルミジャーノ・レジャーノ…40g
 パン粉…………………..適量
 イタリアンパセリ………….適量
イタリア料理に使用する食材

[韓国・オランダ産]パプリカ 赤
[韓国・オランダ産]パプリカ 黄
[韓国・オランダ産]パプリカ 橙

岡山県産 千両なす(5本)

宮崎県産他 ズッキーニ

アナリサ(アンナリサ)サンマルツァーノDOPホールトマト(4号缶)

オリーブオイル フレスコバルディ ラウデミオ
●手摘みしたオリーブの実の果汁を48時間以内に
そのまま搾って、その中で「ラウデミオ」の厳しい基準を
満たすものだけが製品となる。
(ものすごく手間がかかるのに、製品になるのは特別に
良質な部分だけ。
6キロのオリーブの実からたった1リットルしか
製品にならないそうです)

青森県産にんにく(L1球ネット詰め)

ウェル ビオロジコ 野菜ブロード
150g
イタリア産
無農薬伝統農法による野菜を使い、化学調味料
・着色料を加えず製造した、野菜のコクと旨味の効いた
野菜スープです。
顆粒状なので調味料としてもお使い頂けます。

パルミジャーノ レジャーノ 36~48ヶ月

”特選ハーブ” イタリアンパセリ

ドロゲリア フィーノBOX
600g
イタリア産
シチリア島のペレッリーノ鉱山の地下1000mの
ところから採掘された岩塩です。
それを細粒状にしたものです。
お肉料理との相性は抜群です。
また、パスタの茹で塩から仕上げまで、
オールマイティーにお使い頂けます。
イタリア料理レシピ手順
①パプリカは縦2等分にカットし中の種と柔らかな部分を
 掃除します、
②カポナータ用の野菜はすべて3cm角にカットします、
③深鍋にオリーブオイルを入れにんにくを入れ弱火で炒めます、
④にんにくの香りが立ってきたらたまねぎ・にんじんを入れ
 中火で炒めます、
⑤たまねぎが透明になってきたらすべての野菜を入れ炒めます、
⑥トマトホール缶の身の部分(ジュースは入れません)・
 野菜のブロード200cc・ローリエを入れて
 20分間煮込みます、
⑦塩で味を調えます、
⑧結構大量にカポナータを作りましたが
 余れば冷蔵庫に入れ保存しておけます、
⑨パプリカに鋳れるカポナータは350gから400gぐらいです
 ボウルにその分を入れパルミジャーノをすりおろし入れます、
 パン粉を適量加え混ぜ合わせます、
 パン粉の量はカポナータの1/4ぐらいの分量です、
⑩パプリカに詰め込みます、
⑪上からパン粉を振りかけます、
⑫グラタン皿(耐熱皿)に入れオーブンを200℃に設定して
 10分間ローストします、
⑬できあがりです、
⑭食器に盛りつけます
 イタリアンパセリをありかけます、
イタリア料理に使用する調理器具


18-10ステンレス製 ビタクラフト ウルトラ 両手鍋
深型 21cm×15cm
IH対応
サイズ:内径210mm × 深さ150mm
容量:5.5L
質量:2.13kg
底径:185mm
ボウル

機能的でデザイン性にも優れた
柳宗理デザインのボール&
ストレーナー6点セットです。
耐熱皿

ロイヤル 角型グラタン皿
440×320×H60
※ロイヤル耐熱磁器製品はオーブン専用です
食器

リチャードジノリ(Richard Ginori)
クリッパー
プレート 26cm

 - レシピ, 野菜

Comment

  1. ヒッ㌧ より:

    初めまして。先日はコメント有難う御座いました☆
    イタリア料理、大好きです♪  でも、食べる専門ですぅw
    ryuji_s1さんとこのレシピで、チャレンジしてみようかな♪o(^-^)o

  2. nanabarbie より:

    カポナータって初めて知りました。
    ラタトゥイユみたいなものなのでしょうか?
    ハーブもいっぱい~
    イタリアンパセリはうちで作ってます。
    ぜひ作ってみたいと!!
    毎日ここにおジャマするのが楽しみとなってます。

  3. siawasekun より:

    おはようございます。
    「パプリカのカポナータ詰め」、・・・・・・。
    なるほど。
    自分には、珍しい料理です。
    一度、食べてみたいものです。
    さて、ランキングマークの位置ですが、このコメント欄のすぐ上にもあると、助かりますが、・・・・・・。
    今回、探すのに、とても、時間がかかりましたので、・・・・・・。
    ご参考に。。
    応援ポチ。。

  4. chiru より:

    ryujiさんこんにちは(*^^)
    カポナータって、聞いたことありますが・・・
    ラタトゥユみたいな感じですか??^^
    それなら作れそうかも(*^m^*)♪
    何かの記念日とかに素敵に演出してくれそうですよね♪
    今日も勉強になりましたぁ♪
    ありがとうございました゚・:,。☆

  5. 博士 より:

    おはようございます。
    カポナータは私も作りますが、いろいろ使いみちがあり便利な料理ですね。
    最近塩の良いのを買おうと思っていたところ、「シチリア島のペレッリーノ鉱山の地下1000mのところから採掘された岩塩です。」すごく興味がある塩ですね。

  6. kazuyoo60 より:

    ヒメリュウキンカかと思います。確認してください。乾いた場所で育ちます。近い種類のリュウキンカは水辺のようです。確実な区別には出会えないでいます。
    http://www.arasawasanso-en.co.jp/subpage/syohin5-sub47.html
    http://hanaaruki.blog.ocn.ne.jp/hanameguri/2008/02/post_b94e.html
    野菜たっぷり、焼かれるのですね。美味しいでしょうね。

  7. puffpuff より:

    カポナータをパプリカに!
    これは素敵なお料理ですね♪
    お野菜たっぷりで上にのったパン粉が素敵。

  8. tansunidon2 より:

    ryujiさん、こんにちは
    また初めてなお料理美味しそうですね。
    皆様もとても素敵にお料理されて見習いたいです、
    いつもありがとうございます、

  9. ひがたん より:

    はじめまして。
    先ほどは、あたたかいコメントありがとうございました。
    すばらしいレシピの数々と食材、うれしくなりました♪私も、ブログを通じてよい食材や郷土料理などを伝えていきたいと考えています。こちらのブログで勉強させてください!これからもよろしくお願いいたします。応援ぽち!!

  10. mapleママ より:

    コメントありがとうございました♪
    dragonさんに褒めていただくのは、とても恥ずかしいです・・・
    mapleママは何とか風でアバウトなお料理ばかりで(^_^;)
    休日にdragonさんの本格レシピ挑戦してみますね☆

  11. 初めてコメント書かせていただきます。いつもステキなお料理で勉強になります。

  12. kokolisa より:

    先日は私のブログに訪問して頂きありがとうございました
    とっても素敵なブログですね
    イタリアンは私も大好きなのでレシピetc参考にさせて下さいね

  13. aokitukiyo より:

    こんにちは、ryuji_s1さん。
    ワぉ~!昨夜?(早朝)来た時に、自分の画像に似ているな~と思って、よく見たら私のだったのでビックリ!、オシャレなサイトに載せて頂いたら、料理もグレードUPしたように見えて嬉しいです、ありがとうございます。失礼いたしました。

  14. みゆ より:

    ヒメリュウキンカ黄色くて可愛らしい花ですね
    パプリカの色合いが美味しさを引き立てますね

  15. utako より:

    ryuji_s1さん。
    コメントをいただいたので、さっそく見にきました。
    イタリアン、私も興味津々です。
    レシピ参考にさせていただきます。

  16. きなこ より:

    パプリカに限らず(^^♪、野菜の甘みがソースの酸味と合わさって…香りの方もいいのでしょうね~♪
    晩ごはん食べた後なのに、お腹空きましたよ(-_-;)

  17. ピン助 より:

    こんばんは。
    パプリカも色々な色がありますし、更にナスやズッキーニが加わって、本当にカラフル。
    冬場は、外にカラフルさがないので、せめて料理をカラフルにして楽しみたいですね(^^)
    応援ポチして戻ります(・ω・ゞ‐☆ ビシッ♪

  18. マエストロ より:

    こんばんわ、始めまして。
    バール・デル・マエストロのシェフでございます。
    コメントいただき有難うございます。
    実は以前からryuji_s1さんのブログ
    拝見してました。
    なのでコメントいただいて驚いてます。
    これからも楽しませていただきます。
    (私のブログからリンクさせてもらって良いですか?)

コメントを残す

  関連記事

豚バラ肉の煮込み
サルシッチャとブロッコリー パスタ リガトーニ
ホワイトアスパラガスとホタテのサバイオーネソース和え
パスタ カーゼレッチェ アマトリチャーナ Amatriciana
ブロッコリーとドライトマト・アンチョビー風味のパスタ リングイネ
ごぼうのチップス
鹿児島・阿久根の天然小鯛と佐久島産あさりのアクア・パッツァ
no image
さつまいものロースト ペコリーノ・ロマーノ風味
トマト風味のジェノベーゼ パスタ スパゲッティ
豆のサラダ ホワイトアスパラのソテー添え