イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,640、パスタのレシピ数は1615。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

タコのスペイン風 セルクル仕立てカチョカヴァロチーズ添え

   

名前しらす゛名前知らず
はなかんざし
タコのスペイン風 セルクル仕立てカチョカヴァロチーズ添

タコのスペイン風 セルクル仕立てカチョカヴァロチーズ添え

イタリア料理レシピ

イタリア料理食材4人分
カチョカヴァロチーズ……………..1個
茹でタコの足…………………….1本
たまねぎ………………………..1個
キュウリ………………………..1本
セロリ………………………….1本
トマト………………………….1個
にんにく………………………..1片
白ワイン………………………..20cc
オリーブオイル…………………..20cc
塩……………………………..適量
ブラックペパー…………………..適量
イタリア料理に使用する食材

アドナイ・カチョカバロ(カチョカヴァロ)

志津川産 真だこ(お刺身用塩茹)頭付・約800g


フルーツトマト日本発祥の地、
ランキングNo.1 幻の徳谷トマト

ニンニク青森県産大特価 特大玉サイズ

ネグロアンジェロ・エ・フィリ・ディ・ジョヴァンニ・ネグロ
ペルドゥーディン・ロエロ・アルネイス D.O.C.G
【2003】(イタリア 白ワイン 辛口)

オリーブオイル フレスコバルディ ラウデミオ
●手摘みしたオリーブの実の果汁を48時間以内に
そのまま搾って、その中で「ラウデミオ」の厳しい基準を
満たすものだけが製品となる。
(ものすごく手間がかかるのに、製品になるのは特別に
良質な部分だけ。
6キロのオリーブの実からたった1リットルしか
製品にならないそうです)

ドロゲリア フィーノBOX
600g
イタリア産
シチリア島のペレッリーノ鉱山の地下1000mの
ところから採掘された岩塩です。
それを細粒状にしたものです。
お肉料理との相性は抜群です。
また、パスタの茹で塩から仕上げまで、
オールマイティーにお使い頂けます。

青森県産 にんにく
イタリア料理レシピ手順
①カチョカヴァロチーズは1cmの厚さにカットします、
②トマトは湯剥きし横に2等分して中の種とわらかな部分を
 とります、
 1cm角にカットします、
③セロリは1cm角にカットします、
④タコはフニァフニャした部分を皮と一緒にとります、
 吸盤のある反対側の部分です、
 鍋に水を入れタコとたまねぎを丸ごと入れ
 煮込みます、
 約く20分から30分ぐらい煮込みます、
 茹で上がったらたまねぎは1cm角にカットします
 タコは1cm角にカットします、
⑤キュウリは縦に2等分しピラーで縦に薄くスライスします、
⑥フライパンにオリーブオイル・にんにくを入れ弱火で炒めます、
 にんにくの香りが立ってきたらタコ。たまねぎ・セロリを入れ
 中火で炒めます、
 白ワインを入れ少し煮詰めます、
⑦トマトを入れ塩・胡椒で足を調えます、
 15分間蓋をして蒸し煮にします、
⑧別の容器に移しさましておきます
⑨食器にセルクル(直径5.5mm)を置き
 セルクルの中にキュウリを貼り付けるようにします、
⑩中に煮込んだものを入れます、
⑪セルクルを外します、
⑫カチョカヴァロチーズは5mmの厚さにスライスします、
⑬カチョカヴァロチーズをフライパンで炒めます、
 焼き色がついたら裏返し同じように炒めます、
 焼き色は3分間くらいでつきます
 裏返すときもフライパン間取り出すときもトングを
 使うと楽に出来ます、
 それを更に盛りつけたものの上に置きます、
⑭できあがりです、
イタリア料理に使用する調理器具


ビタクラフト ウルトラ浅型両手鍋4.0L
フライパン

ビタクラフト ウルトラ フライパン補助把手付27.0cm 
IH対応等のマルチ熱源対応 全面多層構造で弱火で素早く調理 無水、無油料理も
ボウル

柳宗理 ステンレス ボール&パンチングストレーナー6点   セット
セルクル

18-8セルクル型(丸型)9×4.5cm
直径7mm 深さ4mmのものを使います
18-8セルクル型(丸型)7×4cm
食器

リチャードジノリ(Richard Ginori)
ボンジョルノホワイト
25cmプレート

 - レシピ, 魚貝類 ホタテ 烏賊 タコ あさり シジミ ムール貝 ウニ

Comment

  1. hirahira より:

    こんばんわ!
    カチョカヴァロチーズ(?)初めてきく名前です。
    調理器具も食材も、カタカナで目新しいものばかり・・・。
    キッチン ショック(私の造語です)を受けています。
    花かんざし、かわいい花ですね。

  2. カチョカヴァロチーズ
    初めてみました。
    面白い形のチーズですね!
    スライスしてフライパンで両面焼いて・・・
    美味しそ
    これは一度是非食べてみたいです

  3. aokitukiyo より:

    こんばんは、ryuji_s1さん。
    カチョカヴァロ、始めて見ました、名前も始めてです、いつものデパートで見てこよう…。
    今日は、Valentine dayと云うことで、友チョコを作りました?よろしければ、お持ち帰り来ださいませ?では、失礼いたしました。

  4. siawasekun より:

    タコのスペイン風 セルクル仕立てカチョカヴァロチーズ添え、・・・・・・。
    なるほど。
    美味しそうですね。
    見て、食べたくなりましたよ。
    ご紹介、ありがとうございました。
    さて、ryuji_s1さん
    昨日の「 毎日どれだけの距離を移動されているのでしょうか  」についてですが、・・・。
    → 毎日撮影してるわけではありません。
      休日たげの撮影です。
      それらを、テーマごとに、日々載せていま  す。
    応援ポチ。。

  5. yokomen より:

    コメントありがとうございます。
    美味しそうなレシピですね。
    イラストも素敵です。
    お花の名前ですが、以前冬に育てたことがある
    「花かんざし」というお花に似ている気がします。
    全然違ってたらすみません・・・

  6. タヌ子 より:

    ガチョガヴァロチーズ、『ドン・ガバチョ』みたいで面白い名前ですね。
    形も面白いし・・・
    どこかで見たことがあった気がしますが、どこだったかしら?スペインかな?
    食べてみたいけれど、クロアチアには売ってません。
    タコは大好きなので、作ってみたいけれど、ガチョガヴァロの代わりに使えるチーズってあるかしら?
    焼いた映像を見ましたが、お煎餅みたいで美味しそうですね。
    チーズフォンデュの最後に残る焦げ付いたチーズみたい。

  7. caciocavalloレシピありがとうございます。
    caciocavallo焼き、大好きなので、久々に購入してみようかと思います!

  8. primrose より:

    はじめまして。primroseと申します。
    昨年クリスマスのお料理にコメントを書いて
    頂いたのですがリンクがなくどなたか
    分かりませんでした。今回偶然にも訪ねた
    HPがryuji_s1さんでもうびっくりです。
    すばらしいブログですね。
    これから楽しみにお邪魔させて頂きます。
    きょうのお花は「ハナカンザシ」ではないか
    と思うのですが。。。

  9. ナオパパ より:

    flavorさんのブログからお邪魔しました。
    素敵な料理とレシピに感動しました!
    またよらせてくださいね。

  10. tansunidon2 より:

    ryujiさん、Happy Valentine~
    いつもありがとうございます、
    今日も作ったことない珍しいお料理ですね。
    食べてみたいです。
    これからも宜しくです。

  11. ひがたん より:

    おはようございます。
    カチョカヴァロは焼いて食べるんですね。
    知りませんでした・・。
    本当に勉強になります♪
    応援ポチです!!
    ryuji_s1さんのブログをブックマーク
    してもよろしいでしょうか?
    お返事いただいてからと思いまして。
    ご検討お願いいたします♪

  12. kazuyoo60 より:

    キュウリの方の中で、美味しいのがはじけますね。
    5月頃までタコの美味しい時期かな?。美味しそうなのに出会ったら買います。

  13. ひがたん より:

    ryujiさん、リンク貼らせていただきました。
    ありがとうございました。
    今後ともよろしくお願いいたします。

  14. こまちまま より:

    このチーズ、昨日偶然テレビで見かけて
    とっても食べたいっ!て思ってました。
    こげ色つくくらい焼くのがすごくそそられますよね^^
    この料理もすごく魅力的!!
    ぜひぜひ食べさせてもらいたいです。。。
    (自分で作れるか自信がない私です。。^^;)

  15. tazucchina より:

    はじめまして
    訪問させていただきました。
    カチョカバッロは焼くと美味しいですよね。
    いとこが北海道土産に買ってきてくれたのが冷蔵庫にあるので挑戦してみます!
    ryujiさんの愛情あふれたお料理が想像出来ますね。

  16. 凪々 より:

    花かんざしかわいいですね。。。
    タコ料理!
    たこ焼きくらいしか食べたこと無いんで、新鮮イメージです。

  17. waihaha より:

    美味しそうなレシピ♪
    参考にさせていただきます!

  18. きなこ より:

    「へェ~~、そうなんだ~(゜o゜)」と、
    きょうもryujiさんの食材リンクに飛んでは、
    一人納得している自分がいます(^_^;)
    次は、どんな物(事)と会えるかな?

  19. chiru より:

    カチョカバロ!すんごく気になっていた食材です!
    食べてみたいなぁぁぁ(人´∀`o)
    >ラタトゥユとカポナータ!フランス語とイタリア語だったんですね!!
    勉強になりました♪^^

  20. ピン助 より:

    こんばんは。
    イタリアの人はタコを食べるんですね。
    食べない国が多いと聞いた記憶があります。
    タコといえば、茨城県の鹿島市に住む親戚から地元で獲れたタコを送っていただいて食べましたが、すごく美味しかったですよ。
    鹿島のタコってあまり知られていないみたいですけどね。(獲れる数も少ないのかも)
    応援ポチしました!

  21. S・S・B より:

    今晩は。
    イタリア料理も家庭で作ろうと思えば
    作れるものなんですね。
    しかし、揃えられない材料もありそう。
    料理をクリックすれば、いいですか?
    応援、ポチッ!

  22. nanabarbie より:

    今日のレシピも素敵です 
    作ってみたいけど
    カチョカヴァロチーズ..が手に入らないと・・・
    トマトは静岡のトマト農園からいただいたのが、今日届いたので、ぜひ挑戦してみます!!
    このryuji_s1さんのブログ中毒にっ・・www

  23. ITおやじ より:

    カチョカバロチーズ・・・
    また知らないものが(笑

  24. Yuko-Works より:

    こんばんは。
    いつも来ていただいた上に、コメントありがとうございます。
    カチョカヴァロ食べてみたいですね。
    とってもおいしそうです。
    タコも好きなので、これは作ってみたいなと思いました。
    ただ、うちの家にはあまりいろいろな食材がないので、レシピどおりではなくちょこっと真似した感じのものになりますが・・・
    でも、それでも想像しただけでおいしそうです。

コメントを残す

  関連記事

地鶏モモ肉の赤ワイン煮込み
ポモドーロ バジル風味のパスタ
からすみと生クリームのパスタ ガルム風味
菜花の アンチョビー水牛バター風味
ケッカソースの冷製パスタ
ロビオーラチーズと赤パプリカの冷製カーゼレッチェ
バジルソースの パスタ キタッラ
パンのスープ
no image
ティラミス
リガトーニのカルボナーラ