イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,690、パスタのレシピ数は1637。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

三陸の牡蛎とフェットチーネ コラトゥーラ風味

   

水仙水仙
三陸の牡蛎とフェットチーネ コラトゥーラ風味

三陸の牡蛎とフェットチーネ コラトゥーラ風味

イタリア料理レシピ

イタリア料理食材4人分
リングイーネ240g
牡蛎からつき牡蛎…………………..20個
にんにく………………………….4片
ペペロンチーノ…………………….4本
ジェノベーゼソース…………………40cc
コラトゥーラ………………………5cc
オリーブオイル…………………….適量
バジルコペースト(ジェノブェーゼ)
 バジルの葉………………………50g
 松の実………………………….80g
 オリーブオイル…………………..80cc
 ニンニク………………………..2片
 岩塩……………………………適量
イタリア料理に使用する食材

リングイーネ 500g
商品説明文
「リングイーネ 500g」は、イタリア南東部アプルッツォ州、
ピアネーラの田舎で、昔ながらの伝統的な職人仕事で作られる
本格派パスタです。
厳選された原料だけをブロンズのダイズで打ちぬき、
低温で長時間かけてじっくりと自然乾燥させ、高温乾燥による
大量生産のパスタでは決して味わえない、小麦の香りがする
ちょっと贅沢なルスティケーラ・ダブルッツォのシリーズです。
リングイーネはパスタの表面がザラザラとしているので、
ソースとのからみの良さが特徴です。
ジュノベーゼペーストのほか、魚介類を含んだ
クリームソースなどにもよく合います。
使用方法
10-12分を目安にかためにゆでて下さい。
(最初の2-3分はかきまぜないで下さい。)
大きめの鍋にたっぷりの湯を沸かし、
塩をひとつまみ入れるのがこつです。
ジュノベーゼペーストとあえる調理法が有名ですが、魚介類を含んだクリームソースにもよく合います

美しい三陸の海でプリップリに育ちました!!
安心の生食用殻つき牡蠣!!
秋~冬はやっぱり牡蠣!!
「三陸産真牡蠣大サイズ(貝殻を含め180~230g!!)」
20個セット(ナイフ・軍手付)

イタリアの赤唐辛子は辛さも本格的!
辛味が旨味とコクを引き出します!
ペペロンチーノ、アラビアータにぜひ!
赤唐辛子(ペペロンチーノ)100g

森県産にんにく

イタリア/チェターラ産:コラトゥーラ・ガルム(魚醤)【250ml】
アンチョビから作られた天然の調味料。いわゆるイタリア産の魚醤です。
こちらはナポリから40kmほど南のアマルフィ近くのチェターラ
というところで作られています。
製造方法はイワシの内臓と頭を取り、約半年間熟成させ
アンチョビに仕上げ、その後ろ過します。
このろ過の工程を何度も繰り返すとようやく純度の高い
旨み成分たっぷりの琥珀色に輝くコラトゥーラの
出来上がりです。
一般の物のように魚臭くないのがこちらの最大の特徴。
塩分もまろやかで料理の味に上品な旨みとコクを与えます。
ソースに何かコクが足りないと思った時にスプーン
1杯程使用するだけで驚くほどグンと味に深みが増します!
特にカラスミのパスタや、ペスカトーレビアンコ、ボンゴレ
などの魚介類のパスタに、又アクアパッツァなどの
お料理の仕上げに最適です。
イタリア料理レシピ手順
***ジェノベーゼを作ります、
作り方
①松の実はフライパンで軽くローストします。
②ニンニクは粗みじんにします、
③バジルの葉はそのままでOKです。
④一度全ての材料を冷蔵庫に入れ手冷やします。
 チョッパーも冷蔵庫で冷やして置きます。
 ステキなグリーンの色を保つことが出来ます。
⑤最初に松の実とオリーブオイル30cc~チョッパーにかけ
 ペースト状にします、。
 松の実がペースト状になったらバジルの葉・ニンニク
 ・オリーブオイル50cc・
 塩・を入れてペースト状になるまでチョッパーを廻します。
⑥バジルコペースト(ジェノブェーゼ)のできあがりです。
⑦牡蛎は殻をむきます、
 牡蛎の殻からこぼれるジュースはボウルに
 流し込むようにします、
 漉し器を使ってジュースをこします、
⑧牡蛎は大根おろしを作りボウルに入れ水を入れで
 牡蛎を入れ手で下から上に持ち上げながら洗います、
 流水で洗い流しざるにあけ水気を切ります、
⑨ペーパータオルの上に牡蛎を並べしっかり水気を
 カットします、
⑩パスタパンにたっぷりの水を入れ沸騰させ塩を軽く
 ひとつかみ入れパスタを茹でます、
 パスタの茹で時間は袋に表示されている時間より
 2分間短めに茹で上げます、
 仕上がりでアルデンテになります、
⑪フライパンにオリーブオイル、潰したにんにくをいれ
 ペペロンチーノを加えて弱火で炒め香りが出てきたら
 牡蛎を入れ軽く中火でソテーします、
⑫牡蛎のジュースを入れます、
⑬パスタを入れ混ぜ合わせます、
⑭火を止めフライパンにジェノベーゼソースを入れ
 ソースを絡めます、
⑮コラトゥーラを入れ食器に盛りつけます、
イタリア料理に使用する調理器具
フードプロセッサー

ブラウン マルチクイック【税込】 MR-5550MCA [MR5550MCA]
パスタパン

パスタも!スープも!煮込み料理も!
本格的に料理をするなら
柳宗理 ステンレスパスタパン22cm
フライパン

ビタクラフト ウルトラ フライパン補助把手付27.0cm 
IH対応等のマルチ熱源対応 全面多層構造で弱火で素早く調理 
無水、無油料理も
食器

ロイヤルコペンハーゲン ホワイトプレイン パスタプレート 
漉し器

スペシャルメッシュシノア240mm
(18-10ステンレス製)

 - パスタ ニョッキ, レシピ

Comment

  1. coco-agua より:

    こんにちは。
    先日はコメントをありがとうございました!
    沢山のレシピにびっくりしました!
    特にこの牡蠣のお料理はおいしそうですね。
    三陸産牡蠣は身近にあるので作ってみたいです。牡蠣の殻からこぼれるお汁もお料理に使えるなんて、新たな発見です。

  2. Sivaji より:

    ジェノベーゼ。
    ミキサーなどを冷蔵庫に入れておくのですね。
    あと松の実をペースト状にしてから、バジルなどを入れるのですね。
    殻つきの牡蠣はどうしても、生で食べてしまいます。知り合いに素人エカイエが居るもので。
    (夏場に素潜りとかで岩牡蠣をとってくる人で、岩牡蠣をあけるのに慣れているので、普通の牡蠣は簡単だそうで。)
    最後に使うガルムがいい感じですね~。
    この前見かけて、買おうかと迷いました。
    意外と高かったので。

  3. クリリン より:

    牡蠣は宮城の牡蠣ですかぁ~(笑)
    松島の牡蠣は有名なんだよぉリングイーネと合わせたら最高ですね
    バジルのいい香りがしてきそうですね

  4. freeflight より:

    訪問いただき、コメントありがとうございました。
    お邪魔したところ、素晴らしいお料理の数々に圧倒されました。
    こんなお料理を心を込めて作ってもらえる家族はとっても幸せだと思います。
    ついつい手抜きが多くなってしまう食卓を反省します。
    これからも時々寄らせていただきます!

  5. Yuukarin より:

    拙blog ご来訪&コメントありがとうございました♪
    ステキなレシピの数々、惚れ惚れしてしまいます☆
    使われている食材も本格的ですし、イタリアン
    は大好きなので、参考にさせていただきたい
    と思います☆
    TBさせて下さいね☆
    ☆ポチ☆していきます♪

  6. hk-nexus6 より:

    麺類&牡蛎は両方とも大好きなんですよ。
    パスタに牡蛎を合わせるなんて、なんて贅沢な取り合わせ、白ワインといっしょに食べたいですわ。

  7. duke より:

    ご訪問ありがとうございました!
    おいしそうなお料理がいっぱいですね!
    勉強させて頂きます^^

  8. あんちょび より:

    めちゃめちゃおいしそうですね。
    アンチョビ大好きなので、コラトゥーラ・ガルムもすごく興味あります。
    ネットで手に入るかな・・・

  9. nanabarbie より:

    かなりおいしそうです
    好みです!!
    レシピ通りにはできないかもしれませんが、
    今日の食材は揃いそうです・・・
    がんばって作ってみたいです!!
    ジェノバソース は大丈夫・
    殻付きのカキは、三陸ですか・・
    秋田は夏の岩牡蠣が有名なんです・・・
    コラトゥーラ・ガルムの代わりに、秋田の’’しょっる’’
    とか’’ナムプラー’’、’’ニョクマム’’じゃぁダメかなぁ~? w

  10. ピン助 より:

    こんばんは~。
    コメントありがとうございました。
    牡蠣は父親専門ですね、我家は。
    牡蠣フライなら・・ですが、この料理なら大丈夫かも(^-^)
    応援ポチ、完了!!

  11. primrose より:

    きのうのラッパズイセン きょうの日本スイセン
    とてもきれいですね。心和みます。
    イタリア料理に使用する食材は読むのが
    とても楽しみです。丁寧な説明で作ってみようかなと
    いう気持ちになります。バジルがたくさん
    採れたときジェノベーゼを作りました。
    いろいろと利用出来て美味しかったです。

  12. kinoko-no より:

    大変本格的な料理ですね!
    コラトゥーラとは初めて聞きました。
    イタリアにも魚醤があるのですね。
    また、パスタは最初かき混ぜてはいけないのですね!
    勉強になります♪

  13. ももたうん より:

    はじめまして、こんばんは!
    きょうは、コメントをありがとうございました。
    こちらは、本格的なお料理ばかり、
    みんなおいしそうです!!
    私も、食べるのは大好き^^
    美味しいお料理は、家族を幸せにしてくれます。
    また、参考にさせてくださいね。

  14. puffpuff より:

    水仙の爽やかな甘い香りは気持ちが安らぎます。
    以前畑を借りていた時、夏の終わりに大量のジェノベーゼを作っていたのを思い出しました!
    三陸の牡蠣はぷりっぷりで美味しいです!

  15. こまちまま より:

    うわ~!!
    フェットチーネ、大好きです^^
    しかもカキ入りだなんて、すごい贅沢☆
    こんなパスタを食べられるご家族の皆さんは幸せですね~^^
    バジルの香りもプラスして、これまたおいしそうです^^

  16. ぴよ。 より:

    殻付牡蠣のパスタ
    なんて リッチなんでしょ~♪
    広島で食べた牡蠣の美味しさを
    思い出しました^^
    ポチポチ

  17. tansunidon2 より:

    ryujiさん、こんにちは
    牡蠣が美味しい季節ですね、
    お買い物の前に何時も参考にさせていただいてます。
    ありがとうございます。

  18. JOY より:

    コラトゥーラって初めて知りました
    試してみたい!
    やはり海のある国では、いろんな土地に魚醤ってあるんですね
    いつも色々教えてくださってありがとうございます

  19. chiru より:

    アンチョビから作られた調味料!??
    そんなものが世の中にあったんですねぇぇぇ(人´∀`o)゚・:,。☆
    すごく気になるけど、お高そ~う゚・:,。☆
    牡蠣、最近食べてないです(^_^;)牡蠣食べたくなりました(*^▽^*)
    いつも素敵なお料理で、すごいです!!
    私もいつかこんな本格的なお料理が作れたらなぁって思います(*^^)

  20. kazuyoo60 より:

    牡蠣とバジルと、いつも美味しそうです。
    久しぶりに手抜きのグラタンを作りました。美味しいです。

  21. 那須パパ より:

    牡蛎は殻をむきが、参考になりました^^
    牡蛎の殻からこぼれるジュースが勿体無いと常々思っていたので…
    ありがとうございます

  22. siawasekun より:

    おはようございます。
    「三陸の牡蛎とフェットチーネ コラトゥーラ風味」、・・・・・・。
    なるほど。
    こういう料理、食べたいです!!!
    応援ポチ。。

是非 あなたのご意見をお願いします 質問があれば分かる範囲でお答えしたいと思っております

  関連記事

白菜の包み パンチェッタとゴルゴンゾーラ風味
トレビスとグアンチャーレのパスタ キタッラ
洋なしと生ハムのパスタ スパゲッテーニ
アスパラガスホワイト・グリーンのグリル バルサミコソース
no image
あさりとズッキーニのリゾット
かさごのチュッピン ciuppin
枝豆の焼きリゾット
鶏むね肉のパスタ リングイネヘーゼルナッツペースト
オマール海老・マンゴーとの盛り込み
プチトマトのパスタ スパゲティ・ファブリ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。