イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,574、パスタのレシピ数は1583。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

サヨリのカルパッチョ ラビゴットソース

   

クロッカスクロッカス
クロッカス
サヨリのカルパッチョ ラビゴットソース

サヨリのカルパッチョ ラビゴットソース

イタリア料理レシピ

イタリア料理食材4人分
サヨリ…………………4尾
絹さや…………………12個
京にんじん……………..1/2本
ラデイッシュ……………4個
アサツキ……………….2本
パセリ…………………適量
レモン…………………1個
オリーブオイル………….適量
白ワインビネガー………..適量
ラビゴットソース………..適量
  ラビゴットソースとは香味野菜が入った酸味のあるソースで
お魚に良く合います、
イタリア料理に使用する食材

淡路島より獲れたて即発送!
おさしみがおすすめ!
淡路島産サヨリ4~6匹計約250g
■下処理はお刺身用の柵までお受けいたします
   選択式(無料)

広島県産他 きぬさや(100g)

京都府産 金時にんじん(LL)1本
別名「京にんじん」とも呼ばれています
表面だけでなく芯まで真っ赤です。
煮しめや、かす汁などの冬の料理の彩り
として不可欠な、冬の京野菜です。
柔らかいのに煮崩れしにくく、きめ
こまやかで、甘味があるのが特徴です。
最近ではがん予防に効果があるという
リコピンが多く含まれていることで
注目されています。

無菌水耕栽培 ラディシュ 

あさつき
山口県産他 高等葱(こうとうねぎ)フグ葱
上品な薬味でございます。
葱の中でも小さいめです。
大きさ30センチほどの長さで、
めねぎより大きいですが、普通の葱より
細く短いめです。
薬味に使っていただけます。
ふぐの薬味によく使われたりします。
ぜひおためしくださいませ・・・
約30g入り

パセリ

愛媛県産 レモン

高知県産 徳谷トマト(300g) 
トマトじゃあないフルーツの味♪フルーツトマトの
発祥の地で栽培される極上フルーツトマト!
トマト本来の甘さ、旨味とコクのある味が絶品!
しっかりとした果肉は歯ごたえ抜群!! 

アルドイノ 
ブラックオリーブ・リグーリア産オイル漬け
ズノッチョラーテ330g・種なし(イタリア・オリーブ)

塩蔵ケッパー (500g)
ケッパーの大生産地、シチリア島の北東部に浮かぶ
リーパリ島産のケッパーの塩漬け。
4~6mmの厳選された小粒のケッパーのつぼみを
シチリアのミネラルたっぷりの海塩で塩蔵しています。
イタリア料理や南仏料理にはかかせないこのケッパー、
洗って塩を落とし、サラダやパスタなどの
お料理にお使い下さい。

イタリアオイルソムリエ協会最高賞獲得!
こだわりのヴェロネッリ製法で作られた
究極のオリーブオイル!
マドンナ・デッレ・ヴィットリエ
EXヴァージンオリーブオイル

チェーザレ・ジャッコーネ:銘柄モスカート/ワインビネガー(白)
【250mlボトル】
チェーザレは、料理の素材またはワインとの相性において、
あまりにも日常的な調味料としてさほど気にされて
いなかったワインビネガーの特性を非常に重要視しています。
ワインの宝庫といわれるランゲ地方では、
その恵まれた環境のなかワインヴィネガー作りは
伝統的なものですが、彼はバローロ等地元のそれぞれの
ワインの特質を生かし、オーク樽で熟成させたワインビネガーを
いろいろの料理に使いわけます。

コルニッション キュウリの酢漬け
極小きゅうりを、香辛料を加えたビネガーに漬け込んだピクルスです。
おつまみやサンドイッチ、肉料理、カレーなどの付け合せにどうぞ

nK-Organic
オーガニック・ブラックペッパー ホール 100g

電動式エリスシリーズ ペッパーミル/ソルトミル

ドロゲリア フィーノBOX
600g
イタリア産
シチリア島のペレッリーノ鉱山の地下1000mの
ところから採掘された岩塩です。
それを細粒状にしたものです。
お肉料理との相性は抜群です。
また、パスタの茹で塩から仕上げまで、
オールマイティーにお使い頂けます。
イタリア料理レシピ手順
①絹さやは鍋にたっぷりの水を入れ沸騰させ塩を加えて
 茹で色が綺麗に皮ったらざるにあけ氷水に
 入れ色止めします、
 斜めに粗めの千切りにします、
②ラデッシュは
 薄くスライスし千切りにします、
③にんじんは
 横に4等分し縦に薄くスライスし千切りにします、
④あさつきは
 小口切りにします
⑤パセリは
 微塵切りにします、
***ラビゴットソースを作ります、
トマト………………….1個
ブラックオリーブ…………3個
ケッパー………………..20粒
キュウリのピクルス……….2本
たまねぎ………………..1/4個
にんにく………………..1片
バジルの葉………………4枚
白ワインビネガー…………適量
バルサミコ………………適量
レモン汁………………..1/2個分
オリーブオイル…………..45cc
岩塩適量
ブラックペパー適量
⑤フレンチドレッシング40cc
フレンチドレッシングはまずたまねぎ1/4個をすりおろします、
塩適量・胡椒適量・マスタード3ccを入れ泡立て器で撹拌します、
レモン汁15ccを入れ混ぜ合わせます、
撹拌しながら白ワインビネガー75ccを入れ混ぜ合わせます、
オリーブオイル200ccを少しずつ入れ撹拌します、
⑥トマトはへたをくりぬき・上の部分に十文字に切り目を入れ
 沸騰したお湯に入れ茹で皮がめくれてきたら小売り水に入れ
 急速に冷やしてから皮をむきます、
 トマトを横に2等分して中の種をとり、1cm角に
 カットします、
⑦ブラックオリーブは微塵切りします、
⑧ケッパーは水に10分間つけ込み塩分を取り除き
 微塵切りにいます、
⑨たまねぎは微塵切りにします、
⑩にんにくは微塵切りにします、
⑪パセリはみじん切りにします、
⑫キュウリのピクルスは微塵切りにします、
⑬バジルの葉は千切りにします、
⑭上記のトマト・ブラックオリーブ・ケッパー・ たまねぎ
 パセリ・キュウリの酢漬け・にんにくをボウルに入れ
 白ワインビネガー20cc・バルサミコ10cc・レモン汁15cc
 オリーブオイル45ccを加え混ぜ合わせます、
⑮フレンチドレッシング30ccを加え塩・胡椒で味を
 調えます、
⑯サヨリは3枚におろし皮をむきます、
 ここまでは魚屋さんがやってくれます、
 片面を4等分ぐらいに斜めにそ切りにします、
 
⑰食器に軽く塩を振りかけます、
 その上に⑯のサヨリを盛りつけます
 上にラビゴットソースを廻しかけます、
⑱絹さや・にんじん・ラデッシュを飾り上にアサズキを乗せ
 パセリを振りかけます、
イタリア料理に使用する調理器具


ビタクラフト ウルトラ 片手鍋2.9L 
IH対応等のマルチ熱源対応 全面多層構造で弱火で素早く調理 無水、無油料理も
ボウル

柳宗理 ステンレス ボール&パンチングストレーナー6点   セット
食器

ロイヤルコペンハーゲン(Royal Copenhagen) プリンセス ブルー 27cmプレート

 - レシピ,

Comment

  1. ピン助 より:

    こんばんは。
    茹で方の説明・・本当に感謝です!!
    近々、茹でてみようと思います。
    きっと今まで食べた物の中で一番美味しいパスタがいただけると思います(^-^)
    今夜はサヨリですか?
    海外では生で魚を食べる習慣はあまりないですよね。
    最近は日本食ブームで御寿司は食べるようになったようですけどね。
    応援ポチして寝ます。
    お休みなさい~。

  2. chiru より:

    サヨリ!!懐かしい思い出があるんですo(*^▽^*)o
    昔、私が小学生の時です♪父と時々、早起きをして海までドライブして、魚釣りに行った思い出(^u^)
    そのときは、サヨリが網ですくった方がいいんじゃない??ってくらい居て^^後は、キスやコチも釣った記憶があります♪
    釣った魚は、帰って朝食になりましたぁ♪とっても美味しかったのを覚えています(*^^)
    懐かしい思い出を思い出させてくれてありがとうございました♪
    今日も応援ポチ!!
    >9位になってましたねぇ私(*^^)
    これも、皆さんのおかげです♪ありがとうございます!!感謝!!

  3. kazuyoo60 より:

    黄色のクロッカスをお持ちですね。お日様が出ないとこちらも開かないのかな?。
    サヨリの綺麗な輝き、春の魚なのかな?。
    ラビゴットソース、美味しいでしょう。新鮮なサヨリも美味しいですね。

  4. Sivaji より:

    ラビコットソースですね!
    テッテ・ド・コションで食べたことがあります。
    カルパッチョでも美味しく食べられそうですね。
    サヨリ。どうしても鮨を思い出してしまいます。
    パリのル・デュックでポワソン・クリュを良く食べましたが、さすがに光物は使わなかったですね~。

  5. 那須パパ より:

    「さより」とは、意外な食材
    ただ、繊細な食材なので、イタリアンにも合いそうですね
    それとも、イタリアンでは当たり前の食材??
    無知な那須パパで済みません
    美味しそうです

  6. tansunidon2 より:

    ryujiさん、こんにちは、
    クロッカスがもうじき咲きそうですね。
    かわいらしいですね。
    サヨリのカルパッチョ食べた事ないですが、
    さっぱりと美味しそうですね。
    自分では中々お料理できない感じです。
    今日はryujiさんのところで教わった高級イベリコ豚のお弁当が売ってました。

  7. 美桜 より:

    ryujiさん。ご訪問ありがとうございました。
    カルパッチョ好きなので、是非今度作ってみたいと思います♪

  8. primrose より:

    クロッカス さより ラデッシュ、、、
    春を感じる最初のものですね。
    うれしいですね。
    ラビゴットソースはいろいろなものに応用
    出来そうですね。美味しそう!!
    料理は愛情 でしたね。
    毎日マンネリ化してしまって、、、(笑)
    参考にさせて頂きます。

  9. こやっぺ より:

    こんにちは。
    マリネやカルパッチョは大好きなので、ラビゴットソースの作り方、とっても参考になりました。
    このソースを少しだけ多めに作り置きしておいたら、いろいろなレシピにも応用可能かな~なんて思ったりして…。
    春の足音も遠くから聞こえてきそうな今日この頃です。
    春野菜や春の食材を素敵に紹介してくれることを楽しみにしております。

  10. リンダ より:

    サヨリのカルパッチョ、凄く美味しそうです。
    新鮮なサヨリとお野菜もう、それだけで
    こだれ物です。ラビコットソースの材料を
    見ただけで、美味しくない訳が無い!
    もうブラボウーでございます。

  11. 凪々 より:

    あっさり系のサヨリもカルパッチョにしたら味わいが深まりそうです。
    食べてみたいです。

  12. おNOU天気 より:

    さよりだ~~~。お刺身にして食べた____い!って、ここは、イタリア料理のブログでした~~~。

  13. happy より:

    ryujiさん、ご訪問ありがとうございました。
    素敵なブログですね♪
    普段、フレンチやイタリアンは食べる一方ですが、こちらのレシピを参考にして作ってみようかな、って言う気になってきました!
    時間に追われて 新しいレシピに挑戦する機会がなかったけど、自分に喝!入れて作ってみます

  14. PRANZO より:

    突然のコメント失礼致します。東京都足立区でイタリア料理教室を開いています。URLからBlogにも飛べますので宜しければ除いて見て下さい。お試し体験有りで、もちろんお友達とクラスも作れます!!
    詳しくはHPへ★
    http://www.at-adachi.com/epage/detail.php?member_id=9195
    失礼致しました。基調なスペースありがとうございました。

  15. にゃん より:

    女王様のにゃんです♪
    ラビゴットソース・・・
    うーん美味しそうです♪
    作ってみたいわ~☆

コメントを残す

  関連記事

三元豚ロース肉のソテー 巨峰とソルダムのソース
かさごのチュッピン ciuppin
カボチャのクリームソース パスタ フェットチーネ
蜂蜜 リコッタのデザート
田作り
アルガンオイルのトマトサラダアールグレー風味
ほうれん草のクリームソースパスタ
ホタテのグリルバルサミコ和え
ペンネッテのソーセージ、ポルチー二茸ソース
秋刀魚のコンフィ ラタトゥイユ添え
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。