イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,577、パスタのレシピ数は1585。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

タケノコとジェノベーゼのパスタ

   

クリスマスローズクリスマスローズ
クリスマスローズ
タケノコとジェノベーゼのパスタ

タケノコとジェノベーゼのパスタ

イタリア料理レシピ

イタリア料理食材4人分
タケノコ…………………..1/2本
パスタ リングイネ………….320g
ペコリーノ・ロマーノ………..60g
グラナ・パダーノチーズ……….60g
バジルの葉…………………200g
にんにく…………………..2片
松の実…………………….200g
アンチョビー……………….2フィレ
オリーブオイル……………..400cc
岩塩………………………適量
バジルソース……………….200cc
バジルの葉…………………適量
イタリア料理に使用する食材

セタロ・リングイネ
スパゲティを押しつぶしたような平たい楕円形のロング・パスタで
、断面を見ると小鳥の舌のような形をしています。
リングイネとは「小さな舌」を意味するイタリア語だそうです。
バジリコソースはリングイネの定番ですが、
ボンゴレビアンコなどのあっさりしたソースに合います。
弾力があって、モチモチした食感はスパゲティと
微妙に違います。
 セタロのパスタは、ブロンズ・ノズルから押し出された
パスタを低温で48時間から72時間かけてゆっくり
乾燥させるので小麦の栄養価が損なわれません。
ざらつきのある表面にソースがよく絡まって
美味しく食べられるパスタです。

商品名 野菜ソムリエが厳選した特選たけのこ
数量 約1kgサイズ 3本

ペコリーノ・ロマーノ(イタリア産) 約500g
産地:サルディニア州
乳:羊 生の脱脂乳
乳脂肪分:36%
約500g

グラナ・パダーノ
グラナ・パダーノはポー川流域(Padano)から北側のトレント県に
かけて作られるイタリアのDOPチーズです。
グラーナ(Grana)という言葉には、本来「粒」や「粒子」という
意味があり、削って粉にして使うチーズのことを総称して
「グラナ」というようです。
その名の通り、このチーズはすりおろして料理に使われることが
ほとんどで、パスタ・リゾットにふりかけるだけで味に
深みを与えます。
イタリアチーズには同じようにすりおろして使うものが多く
ありますが、グラナ・パダーノは味わいがマイルドで塩分も控えめ。
テーブルチーズとしても楽しめます。

ロレア アンチョビーフィレ

松の実

リングイネ500g(ドンアルフォンソ)
南イタリア初の三ツ星レストランドンアルフォンソ1890のオーナーシェフ、
アルフォンソ・ヤッカリーノが特別注文で作らせているオリジナルパスタ。
ナポリの製麺所で最高級の小麦を使用し、じっくり乾燥させた頂点を
極めたパスタをどうぞ

バジル(バージル) 1パック 福岡産 トマトと相性がよく、
パスタソースやサラダに最適!香草

ドロゲリア フィーノBOX
600g
イタリア産
シチリア島のペレッリーノ鉱山の地下1000mの
ところから採掘された岩塩です。
それを細粒状にしたものです。
お肉料理との相性は抜群です。
また、パスタの茹で塩から仕上げまで、
オールマイティーにお使い頂けます。
イタリア料理レシピ手順
最初にジェノベーゼソースを作ります
このレシピは二種類のチーズを使用します、
こくのあるソースが出来上がります、
①バジルの葉は茎を切り取ります、
②ニンニクは縦に2等分して中の芯を爪楊枝などで取り除きます、
③松の実はフライパンでから煎りし軽くローストしさましておきます、
④ペコリーノチーズ・グラーナチーズはすり下ろしておきます、
⑤アンチョビーは一作カットしておきます、
⑥チョッパーかミキサーに② ③ ④ ⑤を入れミキシングします、
 このときチョッパー・ミキサーのガラス部分は冷蔵庫に入れ
 冷やしておきます、
 グリーンの色がきれいに出ます、
 
⑦最初は粗みじんぐらいしオリーブオイル400ccを少しずつ入れ
 ミキシングしていきます、
⑧①岩塩を適量入れ味を調えます、
⑨最後にはペースト状にきれいに出来上がります、
***タケノコの見立て
タケノコは朝掘りすることによって、アクによる苦み・渋み・えぐみが
一番少ない状態で収穫できます、
朝掘りしたタケノコでも、店頭に並べられて時間の立ったものは、
乾燥して旨みも欠けてしまい、食感も落ちます、
朝掘りタケノコを産地直送でお届けするのが、
一番です、
お届け後に できるだけ早く 茹でることです、
タケノコの穂先が新鮮な緑色をしていて、皮に色艶のあるものが、
新鮮タケノコです、
その皮は艶のあるコゲ茶色をして皮の表面には ビロードのような
うぶ毛がいっぱい生えています、
***タケノコの茹で方
タケノコ 2~3本
米ぬか 1カップ
大きめの鍋
皿(落としぶた用)
タケノコは水でよく洗って土やゴミを取り除く、
穂先を斜めに3cmほど切り落とす、
皮に包丁で、縦に1本切り目をいれます、
火が通りやすく、ゆで上がった後、皮がむきやすくなります、
皮が厚い先端部分は、深めに包丁を入れます、
外側の皮をあらかじめ2~3枚むいておきます、
ゆで時間がかなり短縮出来ます、
タケノコがゆったりと入る大きさの鍋に、
タケノコとタケノコがかぶるぐらいの水を入れます、
米ぬかをいれます、
強火にかけ、煮立ったらクツクツ静かに煮立つ程度まで弱火煮します、
鍋の口径よりひとまわり小さい皿を落としぶたにして
40分~60分ほど茹でます、
途中水が減ったら、タケノコがかぶるくらいまで水を
足してください、
途中、タケノコの根元のほうに竹串を刺 して、
ゆでぐあいを確認します、
竹串がスーッと通るくらいになったらゆで上がりです、
火を止めて、ゆで汁につけたまま室温でさます、
完全にさめたら、タケノコを取り出してぬかを洗い流します、
穂先の柔らかい皮(姫皮)は残して、
切り目からグルリと皮をむきます、
できあがりです
***タケノコの保存の仕方
 ゆでたタケノコを皮をつけたまま、大きめのボールに
 タケノコを入れ完全に浸るまでの水を加え、
 ふたはせずに冷蔵庫で保存します。
 毎日水を取り替えれば、1週間程度保存可能です。
①出来上がったタケノコを食べやすい大きさにカットします、
 2cm角ぐらいが良いです、
②パスタパンにたっぷりの水を入れ沸騰させ塩を軽くひとつかみ入れ
 パスタを入れ茹でます、
 パスタの茹で時間は袋に表示されている時間より1分間だけ
 短めにいます、
 できあがりでアルデンテを楽しめます、
③ボウルにジェノベーゼソースを入れパスタを入れゆで汁を
 80cc加え素早くかき混ぜます、
④食器に盛りつけます、
⑤ペコリーノチーズのすりおろしたものを振りかけます、
料理に使用する調理器具
チョッパー

◎【BRAUN ブラウン マルチクイック MR5550MCA】
パスタパン

ステンレス7層構造鍋 ジオ・プロダクトパスタポット21cm 
フライパン

EVA-TRIO(エバトリオ) ステンレス フライパン ハニーコム 24cm
パスタ皿

ウェッジウッドのホワイトコノート
パスタディッシュ28cm

 - パスタ ニョッキ, レシピ

Comment

  1. 堕天使ママ より:

    取り立ての新鮮タケノコを使ったパスタ、凄く美味しそうですね!
    取り立てタケノコをしゃぶしゃぶで食べたくなりました!(笑)

  2. 迷(メイ*) より:

    おはようございます。
    今日は
    春の美味しいたけのこのお料理ですね。
    たけのこはとてもヘルシーであの食感のよさがたまりません。もうたけのこが食べられる季節になったのかと思うと嬉しくなります。実家の竹林ではまだまだのようですが、芽がでるの楽しみ。
    小鳥の舌の形をしている断面のパスタって「小さな舌」
    可愛らしい感じがしてきました。朝掘りたけのこの茹で方もとてもお勉強になったので今度自分で茹でてみたいと思いました

  3. Neko★ より:

    おはようございます。
    タケノコが、お店に出てきました。
    いつも丁寧なレシピに作れそうな気がしてきます。
    グリーンのジェノベーゼソース!
    冷やすと綺麗にグリーンになるのですね。

  4. nanabarbie より:

    わたしの友達に「孟宗竹」採取名人がいて
    毎年いただくのですが、ワンパターンな煮付けとかしか作らなかったので、今年はryujiさんのレシピを!!
    4月か5月に採れると・・・
    >タケノコの茹で方と保存の仕方
    参考にさせていただきます。
    いつも楽しみに覗いていま~す!!

  5. くまこ より:

    おはようございます
    竹の子がイタリアンに大変身!!ですね
    竹の子のお見立てや調理方法がとってもお勉強になりました
    ありがとうございます!!
    ハーブ系が楽しみな季節がもうすぐやってきますね
    美味しいパスタ、お家でも色々作ってみたいと思います★

  6. chiru より:

    春ですねぇぇぇ(人´∀`o)
    やわらかいタケノコとジェベーゼソースぅ゚・:,。☆たまりませんねぇぇぇ*。:゚+(人*´∀`)+゚:
    想像しただけで、ヨダレもの!!!
    季節感のある素敵なパスタですね♪
    今日も応援ポチン★

  7. nao より:

    そろそろ筍の季節なんですね~。
    下処理が面倒くさくてなかなか手を出さないけど
    パスタにタケノコなんておしゃれ~。
    実家でタケノコを貰ってきたら
    作ってみたいな。
    ポチしていきま~す。

  8. mogu より:

    たけのこ入りのパスタなんて初めて見たかも♪
    いつも家では決まったパスタしか作らないので、とても参考になります!!

  9. 厨房男 より:

    ご無沙汰してます。
    いつもやさしいコメントをいただきながら、なかなか返事ができなくて申し訳ありません。
    いつもブログを拝見はしてはいるんですが、なかなかコメントまでには至らずわれながら情けないなあと思っていたんですが、今回のパスタだけは見過ごせなくて・・・
    実は小生も同じようなパスタを作ったことがあります。もちろん小生の場合は市販のジェノバペーストやったんですがね。
    で、見立てはおそらくたけのこの木の芽和え。同じ結おうな思いの方が居てくれて、ちょっとニンマリというところです。義父からたけのこ便りが聞こえたら、ことしもぜひつくってみたいですねぇ。

  10. こんにちは。
    コメントありがとうございました。
    すごくおいしそうなジェノベーゼですね。
    作り方もすごく細かく書いてあってぜひ今度作ってみます。
    食いしん坊の私にとってはたまらないです♪

  11. anarane より:

    初めまして。
    ブログ、見ていただいてありがとうございました。
    たけのことジェノベーゼ、おいしそうですね~

  12. kazuyoo60 より:

    クリスマスローズが綺麗に咲きましたね。筍、美味しいですね。親類のが4月になったらくれるかな、それまでに1回くらい買いましょう。
    春の味が詰まって、美味しいでしょうね。やっぱり生の筍です。

  13. みゆ より:

    クリスマスローズ綺麗ですよね
    タケノコの取り方知りませんでした
    いつも頂いてばかりなので
    今年も頂けるのを待ちたいと思います

  14. ひがたん より:

    こんにちは。
    春らしいレシピですね♪
    たけのこは大好物なので作ってみます。
    応援★

  15. tansunidon2 より:

    ryujiさん、こんにちは
    ジェノベーゼって見たことないですが、
    たけのこの和風とパスタの取り合わせも良いですね。春らしいですね。

  16. yui より:

    こんにちは♪
    わぉ!さすが、チーズが本格的!!
    これはとっても美味しそうです~。
    手軽に手に入るチーズで代用してもダメですよね。
    チーズも奥深そうですものね~。

  17. ITおやじ より:

    毎回質問ばかりで申し訳ないんですけど・・・
    DOPチーズってなんですか?

  18. H より:

    こんにちは
    もう竹の子の季節なんですねぇ^^
    ・・・この間紅白を見たと思ったんですが うぅ~ん 1月いぬる 2月逃げるとはよく言ったものです。
    ジェノベーゼは大好物 邪道かもしれませんが自家製ペーストを秋にたくさん作って冷凍保存してあるんです。
    さっき鍬を持って竹山を歩いたんですが竹の子発見できず 涙 
    はつものゲットのあかつきには早速作ってみたいと思います^^

  19. ぴぐもん より:

    私のブログにコメントいただきまして有難うございます。
    ryujiさんのお料理は本格的ですね!ご家族が羨ましいです。
    パスタにもチーズにもいろいろ種類があるんですね。イタリアン、食べるのは大好きだけど、パスタやチーズをレシピによって使い分けるなんて凄いと思います。料理はあまり得意じゃないんですが、ryujiさんのレシピ参考にさせていただいて頑張ります。

  20. ダイヤ より:

    たけのこのパスタは初めてです。
    美味しそうなので今度チャレンジしてみたいと思います(*^_^*)

  21. primrose より:

    クリスマスローズ きれいに咲いていますね。
    あらっ もう筍。。。
    季節を感じる食材ですね。
    ボウルにジェノベーゼソースを入れパスタを入れゆで汁を加えるのですね。
    グラナ・パダーノもあると便利なチーズのようですね。

  22. 食いしん坊 より:

    今晩は^^
    筍とジュノベーゼのパスタは思い付きませんでした!
    今度、挑戦してみようかなぁ~(*^^)
    昨日と一昨日とでイカナゴを31キロ炊いて疲れてしまいました。
    でも、高値で悲鳴がでそうですわ!!

  23. 桂一人 より:

    先日はコメントありがとうございました。
    ジェノベーゼの作り方、すごく参考になりました!
    我流で作ってみたので足りないものだらけで
    恥ずかしい限りです。
    また遊びにきます。

  24. 銀の匙 より:

    こんばんは。コメントありがとうございます。
    タケノコのパスタがあるんですね。
    ウチでは和食ばかりです。

  25. こんばんは!
    昨晩は訪問ありがとうございます!生パスタ、まだまだ初心者ですが何度も作って上手くなりたいです!
    昨晩は、「ペンネ 空豆とパンチェッタの煮込み」のレシピをコピーさせていただきました。なかなかご指示通りの食材は揃えられないと思いますが、春らしい意お料理の一つとして、ぜひ挑戦させていただきたいと思いま~す!これからもよろしくお願いします!
    応援します!また遊びにきますね!

  26. 那須パパ より:

    何時も、日本…「和」を上手に取り込んでいますよね
    素晴らしいセンスに脱帽です

  27. あべ より:

    こんばんは♪
    タケノコとジェノベーゼの組み合わせ、新鮮ですね。
    というか、パスタにタケノコというのにもびっくりです!
    春らしい、爽やかな感じのパスタですね~(^-^*)

  28. nancy より:

    たけのことジェノベーゼなんて、すごく斬新ですね!!
    私は春になると、バジルを種から育ててジェノベーゼソースを作ります。
    今年も作ったら、このパスタを試してみます!
    絶対おいしそう!

  29. ピン助 より:

    こんばんは~。
    タ・・タケノコもイタリア料理で使えるんですね。
    我家では味噌汁・炊き込み御飯・テンプラくらいです。
    ぜひ、我家のタケノコ料理のレパートリーに加わって欲しいです。
    応援ポチ、完了!!

  30. さくらん より:

    こんばんは。
    下向きのクリスマスローズ、
    花の中をこんな風にしっかり見られたのは
    初めてかもしれません。
    チーズ、いいですね。
    まだ寒いですからアツアツ料理にたっぷりチーズを絡ませて食べたくなります。

  31. haruko より:

    ご訪問くださり、ありがとうございました。
    筍、美味しそうですね。ジェノベーゼと合うでしょうね。こちらでは残念ながらまだ美味しい筍に出会えていません。

  32. 衣食住 より:

    おはようございます。
    お粗末な惣菜に、コメントありがとうございました。でも、あのエビ団子はエビとタケノコと卵白だけですから、エビの旨みが十分に味わえました。
    フレッシュなタケノコが使える季節がやってきましたね!パスタもとても春らしくて・・・・おいしそうです。

  33. クリリン より:

    筍の季節になってきましたかぁ~
    春ですね
    以前に筍をペペロンチーノに使った事があります
    バジルソースも美味しそうですね

  34. Sivaji より:

    たけのこにはやっぱりジェノベーゼですか。
    私も以前、ローストしたたけのこにジェノベーゼと似たものを添えて食べました。
    どうしても、イメージがたけのこの木の芽合えなので、そこにまで及ばず、それ以来実験してませんが、また、実験してみたくなりました。

コメントを残す

  関連記事

エリンギのロースト
ズッキーニのクリームフェットチーネ
パスタ フジッリ・コン・ブーコのアンチョビーソース風味
牡蛎のパスタ ガルム風味
鶏肉のアグロドルチェ
新たまねぎのスープ パルミジャーノのクロカント添え
完熟トマトのペコリーノチーズ詰め
ピエモンテ風チーズフォンデュ フォンドゥータ
カーヴォロ・ヴェルッツァとイベリコ豚バラのラグーパスタ
ラムチョップのカツレツ モッツアレラ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。