イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,640、パスタのレシピ数は1615。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

ふだん草とあさりのフレッシュトマト煮込み

   

沈丁花沈丁花
沈丁花
ふだん草とあさりのフレッシュトマト煮込み

ふだん草とあさりのフレッシュトマト煮込み

イタリア料理レシピ

イタリア料理食材4人分
ふだん草……………….240g
あさり…………………400g
トマト…………………400g
にんにく……………….2片
ペペロンチーノ………….2本
オリーブオイル………….80cc
岩塩…………………..適量
イタリア料理に使用する食材

イタリアの野菜 「不定貫」
ビエトラ(ふだん草) 通年

イタリアの赤唐辛子は辛さも本格的!
辛味が旨味とコクを引き出します!
ペペロンチーノ、アラビアータにぜひ!
赤唐辛子(ペペロンチーノ)100g

イタリアオイルソムリエ協会最高賞獲得!
こだわりのヴェロネッリ製法で作られた
究極のオリーブオイル!
マドンナ・デッレ・ヴィットリエ
EXヴァージンオリーブオイル

青森県産 にんにく A2L1P

愛知三河産朝どれあさり
アサリの酒蒸しやボンゴレなどだけでなくあなたのオリジナル料理で
美味しいアサリがとっても引き立ちます。
ちょっと高めですが、この味、食感は一度食べたら忘れられない
味になると思います。

フルーツトマト日本発祥の地、
ランキングNo.1 幻の徳谷トマト

ドロゲリア フィーノBOX
600g
イタリア産
シチリア島のペレッリーノ鉱山の地下1000mの
ところから採掘された岩塩です。
それを細粒状にしたものです。
お肉料理との相性は抜群です。
また、パスタの茹で塩から仕上げまで、
オールマイティーにお使い頂けます。
イタリア料理レシピ手順
①ふだん草は葉の部分と茎の部分に切り分けます、
②鍋にたっぷりの水を入れ沸騰させ塩を軽く入れ
 ふだん草の茎を入れます数分後葉の部分を入れます、
 食べ易い大きさにカットします、
③トマトはへたをナイフでくりぬき上の部分に十文字に
 刃を入れ沸騰したお湯に入れ皮がめくれてきたら
 氷水の中に入れ急速に冷やします、
 冷やしたらざるにあけ水気をしっかり切り皮をむきます、
④横に2等分にし中の種を取り除きます、
 1cm角の角切りにします、
⑤にんにくは微塵切りにします、
⑥ペペロンチーノはへたを取り中の種を取り除きます、
⑦鍋に微塵切りのにんにく・ペペロンチーノ・オリーブオイルを
 入れ弱火で熱します
 このとき鍋の手前を下げ手前にオイルだまりを作り
 その中でにんにく・ペペロンチーノを泳がせるように
 して炒めます、
⑧香りが立ってきたら中火にしあさりを入れ火を通します、
⑨あさりの口が開いてきたら煮汁の味 塩加減をみて
 足りなければ塩を加え調整します、
⑩ふだん草・とまとを入れ煮詰め汁気を飛ばします、
⑪食器に盛りつけます、
イタリア料理に使用する調理器具


ビタクラフト ウルトラ 両手鍋 3.0リットル浅型
食器

リチャードジノリ(Richard Ginori) ベッキオホワイト 24cmスーププレート

 - レシピ, 野菜

Comment

  1. 沈丁花、今散歩途中でよく匂ってます。
    いい香りですね!
    ふだん草って名前の野菜あるのですね。
    味はどの野菜に似てますか?

  2. タヌ子 より:

    クロアチアのフダンソウは茎の白い部分が少なく、レストランではジャガイモと一緒に炒めたものがお魚の付け合せとして出てきます。
    フランスでは写真のフダンソウのように茎が大きなものが多く、グラタンにするようです。
    お魚の付け合せに良いのだから、アサリとの相性もバッチリでしょうね。
    クロアチアではあまり貝類をみかけないので、試してみられないのが残念です。

  3. chiru より:

    ryujiさんおはようございます< (_ _)>♪
    ふだん草って、見た目は青梗菜みたいですが、食べた感じはどんな感じですか??^^
    トマトのグルタミン酸とアサリの旨みが味に深みを出してくれそうで美味しそう!!!
    今日ももちろん応援です♪

  4. 迷(メイ*) より:

    おはようございます。
    とても綺麗なお料理で食欲がぐ~んと増してきます。
    ふだん草・・・?
    お恥ずかしいことにどんなお野菜なのか解りませんでした~さっそく慌てて調べてみました。
    血液サラサラ・・鉄分・カルシウム・ミネラルいっぱいの
    栄養豊富な葉菜だということで、やっと納得できました~
    (^▽^;)
    関西ではうまい菜と書かれていました。お勉強不足でした。
    見た目で食欲もそそり各食材も栄養満点。すばらしい組み合わせだと思いました。
    手早く作れそうなのがうれしいですね
    応援♪

  5. こんにちは。
    ポチありがとうございます。
    68歳、食事を担当のryujiさんは男性?
    うちの義父もお料理しますが、イタリアンとかはとてもとても・・(^^ゞ
    私も新しいメニューに出会うと、
    同じものを作りたくなり、探究し続けます。
    自分では、満足していますが、家族は被害者でしょうσ(^_^;)アセアセ… ?

  6. kazuyoo60 より:

    これだけ沢山咲くと、沈丁花の香りが辺り一面でしょう。
    フダンソウは大昔に少しの間父が作ってくれていました。
    スーパーにあるのかな?、見つけていないだけかもしれません。

  7. nao より:

    こんにちわ~
    うちの庭にも沈丁花が今咲いていていい香りがしています。
    ふだん草って初めて聞く野菜です。
    どんな味なのでしょうか?
    クセがあるのかな?
    ちょっと気になりました。
    応援ポチ。

  8. おNOU天気 より:

    ふだん草・・・・。初めて聞きました。スーパーで出会うことがあったら買ってみたいと思います。

  9. tansunidon2 より:

    ryujiさん、こんにちは
    ふだん草とあさりのフレッシュトマト煮込み
    美味しそうですね、
    ふだん草は初めてです。
    いつもありがとうございます、

  10. みゆ より:

    沈丁花早い開花ですね
    我が家はまだ蕾です
    ふだん草どんなものなんでしょう?
    初めて聞いた気がします

  11. 今日もおいしそうなフレッシュパスタですね。
    ふだん草、どんな味なんだろう?
    スーパーじゃ売ってないですか?
    食べてみたいです。

  12. こんばんは。
    「ふだん草」という新しい食材を知りました。勉強になります~。
    今日は、落合務シェフのレシピで「ティラミス」を作りました。イタリアン・ドルチェで気分を高め、いよいよ週末には、「ペンネ 空豆とパンチェッタの煮込み」に挑戦しようと思います。なかなか食材が近所で揃いません。代用できそうなものは工夫してみますが、どうしてもパンチェッタとハーブを手に入れようと思い、明日は外出してみようかと思っています。またご報告させていただきますね!
    応援させていただきます!これからもよろしくお願いします。

  13. 那須パパ より:

    トマトとアサリの旨みが最高に美味しそうですね
    料理の題名も意外と大事ですよね
    毎回、食欲をそそる題目です

  14. cosdina より:

    こんにちは~☆
    ふだん草、あさりに合うんですね!
    美味しそうです♪

  15. りかりん より:

    ryuji_s1さまこんばんは^0^。
    「ふだん草」聞いたことあるけど、わからない!!えぇ~~子供の頃によく聞いたような気がします・・・
    でもイタリアのお野菜だとしたら私食べたことないのかなぁ?
    しかしそのあさりは美味しそうですねぇ☆
    私は千葉なので、菜の花とはまぐりを狙ってます^0^。
    ハワイから帰ってきたらですねぇ!

  16. 旗坊 より:

    コメントありがとうございます!!
    僕のブログにとっては初コメでした・・・感動。
    レシピすごいっすね(めちゃ本格的)
    僕の夕食はいつもワンパターンなので、このブログを参考に豊かなイタリア料理生活に挑戦してみます

  17. melody nelson より:

    アサリ、最近よく買ってボンゴレを作ってるんです。
    ピエトラと合わせるとさらに美味しそうですね~。勉強になります!

コメントを残す

  関連記事

マグロのターターステーキ
鴨ロースのステーキ バルサミコソース
真鯛の海塩焼イタリア風
パンチェッタとゴルゴンゾーラのフェットチーネ
キャベツとソーセージの蒸し煮 ビネガー風味
生ハムとパルミジャーノ リゾット
夏野菜の冷製スープ
牛モモ肉のステーキ レモン風味
雑穀とじゃがいものスープハマグリ入り
下仁田ネギとはまぐりのスープ