イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,689、パスタのレシピ数は1637。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

ラムヒレの煮込み インゲン豆を添えて

   

みつまたみちまた
みつまた
ラムヒレの煮込み インゲン豆を添えて

ラムヒレの煮込み インゲン豆を添えて

イタリア料理レシピ

イタリア料理食材4人分
ラムヒレ…………………………………..800g
たまねぎ…………………………………..1個
ペペロンチーノ……………………………..2本
オレガノ…………………………………..1枝
トマトホール缶……………………………..600g
白インゲン(ファジョーリ カンネッリーニ)…….200cc
白ワイン…………………………………..300cc
オリーブオイル……………………………..60cc
パセリ…………………………………….4枝
岩塩………………………………………適量
ブラックペパー……………………………..適量
イタリア料理に使用する食材

オーストラリア産
ラムテンダーロイン(ヒレ肉)【約800g】
仔羊肉の中で一番柔らかい部位に当ります。
この仔羊のヒレを塩・胡椒だけでステーキにするのは
格別に贅沢です。
ラムのヒレには小売店などでは手に入らない部位ですので、
まだ体験された事のない方が沢山いると思います!
是非当店がおすすめするこのヒレ肉を是非ご堪能くださいませ。

イタリア産ペペロンチーノ100g

発送日に収穫しお送りします!!
畑のハーブ野菜(1P 15程度)
オレガノ

白インゲン豆 (ファジョーリ カンネッリーニ)
イタリア産 小粒の白インゲン豆。
煮込み料理やサラダ、スープなど用途が広く
イタリアン以外にもお料理全般に大活躍♪

バランスの良い辛口白ワイン
ソヴレイ 2007
商品名 ソヴレイ 2007
SOVREJ
生産者 テレザ・ライツ
Teresa Raiz
生産地 イタリア フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州
ヴェネツィア・ジューリア I.G.T.
タイプ 辛口白ワイン
ぶどう品種 シャルドネ80%、ソーヴィニヨン・ブラン15%、
ピコリット5%

アナリサ(アンナリサ)サンマルツァーノDOPホールトマト(4号缶)
アナリサのサンマルツァーノはイタリアで、
DOP(原産地呼称)の認定を受けたトマトの原種
そのもののサンマルツァーノです。
正式な[サンマルツァーノ]の名前で販売を許されています。

イタリアオイルソムリエ協会最高賞獲得!
こだわりのヴェロネッリ製法で作られた
究極のオリーブオイル!
マドンナ・デッレ・ヴィットリエ
EXヴァージンオリーブオイル

パセリ

nK-Organic
オーガニック・ブラックペッパー ホール 100g

電動式エリスシリーズ ペッパーミル/ソルトミル

ドロゲリア フィーノBOX
600g
イタリア産
シチリア島のペレッリーノ鉱山の地下1000mの
ところから採掘された岩塩です。
それを細粒状にしたものです。
お肉料理との相性は抜群です。
また、パスタの茹で塩から仕上げまで、
オールマイティーにお使い頂けます。
イタリア料理レシピ手順
①仔羊ヒレの解凍方法
 氷を使った解凍方法が一番痛みが少なく美味しく料理が
 できます、
 冷蔵庫の中に氷水を張ったボールを用意し、その中に密封パック
 された肉を入れて解凍する、
 肉のパックの表面に薄い氷の膜ができ、
 食品の表面温度を上げることなく解凍することが出来ます。
 この方法は手軽にできるおすすめの方法です。
②白いんげんは水で一晩浸しておいたものを、
 弱火で茹で適度に柔らかくなるまで煮込みます、
③解凍された肉にたこ糸で縛り形を整えます、
④塩・胡椒をすり込みます、
⑤パセリはあらいみじん切りにします、
⑥たまねぎは縦に2等分し繊維に沿ってうすく
 スライスします、
⑦ペペロンチーノはへたを取りてで二つに千切り
 中の種を綺麗に取り除きます、
⑧トマトホールは缶殻鶏だし手で潰しておきます、
⑨フライパンにオリーブオイルを入れ肉を入れ
 中火で炒めます、
 全面を綺麗な焼き色がつくように炒めます、
⑩焼き色がついたらたまねぎ・ペペロンチーノを
 入れ一緒に軽く炒めます、
⑪フライパンに蓋をして200℃に熱したオーブンに
 入れます、
 5分間くらいたったら中をかき混ぜオレガノ・白ワインを
 入れ20分間ぐらい煮詰めます、
⑫ワインが煮詰まってきたらトマトホールを入れかき混ぜ
 同じように10分間煮込みます、
⑬肉が軟らかくなったらとりだして食べやすい大きさに
 カットします、
⑭フライパンに白インゲンの茹でたものを入れ
 煮込みます
⑮パセリのみじん切りを入れ混ぜ合わせ塩・胡椒で
 味を調えます、
⑯肉を食器に盛り込みソースを廻しかけできあがりです、
イタリア料理に使用する調理器具
鍋 オーブンに使用可能 蓋付き

材 質:ステンレス、アルミニウム
熱 源:ガス,ハロゲン,シーズヒーター,オーブン
電磁調理器(IHヒーター)200V 機器対
※電子レンジには使用できません。
生産国 :日本
●浅型両手鍋25cm(容量3.4L)GEO-25S
ガスから電磁調理器まで熱源を選ばない全面7層構造で、
無水調理・余熱調理ができます。
美しさと機能性を兼ね備えたデザイン。
業界初の15年保証付き
ボウル

柳宗理 ステンレス ボール&パンチングストレーナー6点   
セット
食器

リチャードジノリ(Richard Ginori) ベッキオホワイト 26cmプレート

 - ラム肉 骨付きチョップ ロース, レシピ

Comment

  1. Sivaji より:

    フィレを煮込むのですね。
    なんとなくナヴァランとかカスレに似ています。
    肩ロースの塊が欲しいです。
    解凍方法。参考になりました。

  2. miku より:

    こんにちは!
    ブログへのご訪問、コメントありがとうございました。
    ラムつながりでw
    美味しそうですね~。
    他のレシピも見させて頂いたので、今度参考にさせて頂きます♪

  3. 那須パパ より:

    お、お肉~
    って、だけで目がハート
    肉派の那須パパです
    パンでも、ライスでもどちらでもお腹一杯食べれそうです

  4. stacy より:

    こんばんわ。
    コメントありがとうございます!
    ラムのヒレ肉、初めて聞きました
    私は元々ラム肉や鳩、ラビットなど余り抵抗なく食べるほうなので、ヒレ肉がどんな感じかすごく興味があります
    でも住んでいるところが田舎なので、ヒレ肉はもちろん、ラム肉自体がほとんど見たことないのですが・・・

  5. ムサシママ より:

    ラムヒレの煮込みって美味しそうですね。
    我が家ではラムと言えば、
    ジンギスカン、グリルで頂くので
    次回はこのレシピを参考にトライしてみようと思います。

  6. ツマ より:

    こんにちは。
    いつもながらイタリアンのレシピの豊富さには
    驚かされます。
    ラムがちょっと苦手なのですが、このレシピなら
    私でも食べれるかも?
    でも、ラムヒレなんかスーパーではなかなか見かけませんよ☆

  7. johnny より:

    先日はMYブログにご訪問いただきありがとうございました。
    私はメキシコ料理の出身者で、イタリアンは良くわかりませんが、最近生パスタやフォカッチャなどに挑戦してます。
    これからもいろんなレシピ、参考にさせていただきます。

  8. みたにぃ より:

    おはようございます。すばらしいお料理ですね☆子羊の解凍の仕方など詳しく説明されていて、勉強になります!!
    ヒレ肉いいですね、何か僕も試してみようかな~

  9. 迷(メイ*) より:

    こんにちは。
    このみつまたの花は小さい頃から何だか不思議に思う花でしたが、ほとんどお目にかかることはなく子供の頃を思い出します。
    ラムのヒレ肉もちゃんと売られているんですね。
    やわらかくて美味しそうです。
    臭みも多分ないのでしょうしお料理の仕方で楽しめることなんですね。
    いつも本格的なお料理なので、少し我が家は恥かしいなと思うことも多々ありますが、でも美味しそうです~♪

  10. primrose より:

    ベニバナミツマタですね。きれいですね。
    先日お墓参りに行った折 長谷寺に寄り
    ちょうど見てきたところです。
    ワインは好きでよく飲みますが ソヴレイ2007ですね。
    飲んでみたいです。
    ラムヒレ なかなかお目にかかれませんね。

  11. のんびり より:

    この度は、私のブログにご訪問下さり、ありがとうございます。またコメント下さり感激しております!!
    図々しくもお邪魔してしまいました。
    ryuji_s1さんのサイトこそ、凄いですね!!
    ラムを我が家で調理する事は殆どございません(北海道からジンキズカンセットを頂くと鉄板焼きする位)
    とっても美味しそうですね!
    ラムは独特の風味があって、私は結構好きなんですけど、どのように調理したら良いのか、皆目検討もつきませんで、最近では色々な部位・形態でスーパーなどでも販売されていますが、殆ど手がでないです(^^;)
    一度このような素敵なメニューにチャレンジしてみたいなーと思ってしまいました。
    ご紹介されておいでの 柳宗理 ステンレス ボールは、私も愛用しております。
    サイズと形状が微妙に違うのがとても使いやすいですね(^^)v
    私が入手したのは、随分と前で今程関連アイテムの無い時だったので、所持しているキッチン用品はフライパン・ボール・パンチングストレーナー各種位ですが、持ち手付ストレーナーが追加であってもいいかな?と思ったりしています。
    でも若干高価な品なので、今はノンブランドの持ち手付きザルを代用中(^^;)
    もう少しお料理の腕があがったら、自分へのご褒美として買い足してもいいかな~なんて感じです!
    また是非弊ブログへもおいで下さい!お待ちしております。
    お邪魔しました~

  12. tansunidon2 より:

    ryujiさん、おはようございます
    ラムヒレは柔らかくて美味しそうですね。
    食べてみたいです。
    みつまたのお花ははじめてです。

  13. あべ より:

    おはようございます♪
    ラムヒレなんてあるんですね~。
    どんな味なんだろう??
    とってもヘルシーな感じがします(*゚ー゚*)
    インゲン豆とトマトソース、合いそうですね!

  14. リンダ より:

    こんな風にラム肉も料理すると、臭みもなく
    美味しくいただけるのでしょうね、とても
    美味しそうです。気軽に手に入りそうな
    食材ですから、早速作りたいと思います。
    こちらに来ると目から鱗状態です。
    驚きがいっぱいです。

  15. kazuyoo60 より:

    こちらの色のミツマタの方が好きです。咲き始めの可愛さですね。
    豚のヒレ肉は買いますが、子羊ヒレに出会ったことがありません。頼んだら仕入れてくれるのか、レストラン行きなのかもしれません。
    白いんげんは、白餡のあんパンかな、塩味の豆も美味しいのが分かりかけてきました。

是非 あなたのご意見をお願いします 質問があれば分かる範囲でお答えしたいと思っております

  関連記事

フェトチーネ 牛肉の赤ワイン煮
ホワイトアスパラのサルサ・パニェット添え
鶏の手羽元の野菜スープ煮込み
ズッキーニと白いかのパスタ
カサゴのチュッピン スープ トマトホール 
なすのペンネ
ダチョウの煮込み
彩りパスタ パドンニ ハートのクリームソース
長なすのスープ リコッタチーズの浮き身
新潟黒埼茶豆・枝豆の冷製スープ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。