イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,689、パスタのレシピ数は1637。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

豚肩ロース コラトゥーラ・ディ・アリーチ風味

   

はなにらはなにら
ハナニラ
豚肩ロース コラトゥーラ・ディ・アリーチ風味

豚肩ロース コラトゥーラ・ディ・アリーチ風味

イタリア料理レシピ

イタリア料理食材4人分
豚 肩ロース…………………………..500g
コラトゥーラ・ディ・アリーチ(ガルム)…….150cc
オリーブオイル………………………..100cc+適量
セロリ……………………………….1本
イタリアンパセリ………………………2本
ディル……………………………….2本
クミン……………………………….5g
ローリエ……………………………..1枚
白ワイン(辛口)………………………..100cc
ブラックペパー………………………..20g
岩塩…………………………………適量
グリーンアスパラ(添え物)……………….12本
バルサミコ……………………………20cc
イタリア料理に使用する食材

【特選】こだわりの国産豚肉!最大で2.5kgまで承れます。
元気豚 肩ロース(ブロック)500g
【次回4月10日発送】
【お届け希望日指定不可】【冷蔵】
<
コラトゥーラ・ディ・アリーチ(ガルム)
ナポリから南へ約40キロ。アマルフィ近郊のチェターラにある
小さな会社から作るコラトゥーラ(ガルム)です。
いまでも完全手作りで製造しています。
魚(カタクチイワシ)の内臓と頭を取り除き
約6ヶ月間熟成させ塩蔵アンチョビに仕上げ、
袋に詰めてろ過します。
その工程を10回繰り返して出来た純度の高いコラトゥーラです。
『ガルム』とは、いわしなどの小魚や小えびなどを塩漬けにし、
醗酵させて作る調味液です。
これはいわば、イタリアの魚醤(※ベトナムのナンプラーや、
日本のショッツルなどの醗酵調味料)で、
その歴史は古代ローマまでさかのぼります。
古代ローマでは魚に塩を混ぜてカメで発酵させて作った
ガルムを魚や肉にパンにつけたりと塩味を付けるための
旨み調味料として日常的に使われ、古代ローマ時代の美食家
アピキウスの料理書の中にも、ガルムの作り方や、
それを作ったレシピが多く記載されています。
しかしガルムはローマ帝国の滅亡と共に使われなくなり、
その後の主流はガルムからソースへと変わってゆき
現在ではイタリア南部のごく限られた村でのみ作られていますが、
普通のイタリア人はほとんど知らない様です。
ガルムの起源は、アンチョビであると考えられています。
アンチョビを長期にわたって保存すると、発酵が進んで魚の
タンパク質がグルタミン酸を含むアミノ酸に分解され、
旨みのある液体が出てきます。これが、ガルムです。
ここ数年は、ガルムが一部スーパーで販売され
発酵調味料の文化を築く日本でもパスタソースやサラダ、
魚料理や肉料理にと広く利用されています

イタリアオイルソムリエ協会最高賞獲得!
こだわりのヴェロネッリ製法で作られた
究極のオリーブオイル!
マドンナ・デッレ・ヴィットリエ
EXヴァージンオリーブオイル

nK-Organic
オーガニック・ブラックペッパー ホール 100g

電動式エリスシリーズ ペッパーミル/ソルトミル

ドロゲリア フィーノBOX
600g
イタリア産
シチリア島のペレッリーノ鉱山の地下1000mの
ところから採掘された岩塩です。
それを細粒状にしたものです。
お肉料理との相性は抜群です。
また、パスタの茹で塩から仕上げまで、
オールマイティーにお使い頂けます。

高くても、この味★ハウス栽培で極上品です。
旬の香り★極太サイズ!信州中野産、「朝採りの
特選グリーンアスパラ」ハウス栽培です。

香り豊かな
オーガニックのフレッシュハーブ
【フレッシュハーブ】有機イタリアンパセリ

”特選ハーブ” ディル

クミン(粉末) 100g
■ クミン
セリ科植物の種子で刺激的で鮮烈な芳香を持ち、
わずかな苦味と辛味があります。
代表的な料理には、インドのカレー、アフリカのクスクス、
テキサスのチリコンカンなどがあります。
調理をする時は、ホールを炒めてから材料を入れると効果的です。
消化を促進し、胃腸内にガスがたまるのを
防ぐ作用があります。

香り豊かな
オーガニックのフレッシュハーブ
【フレッシュハーブ】有機ローリエ

イタリアピエモンテ名門ワイナリーの
辛口白ワイン!
Gavi di Gavi ガーヴィ・ディ・ガーヴィ 2007年
イタリア Cantina Sant’ Evasio社 ピエモンテ 白ワイン 【leshop24】

革新的なぶどう酢
バルサミコの新しいブランド
“サポローゾ”200ml
イタリア料理レシピ手順
豚肩ロースブロックはそのまま使います、
肉の全面に金串を突き刺しいっぱい穴を穿ちます、
そのことによってマリネ液が中まで浸透し肉自体に
味がつきます、
肉全体に軽く岩塩を振りかけます、
***マリネ液を作ります、
①セロリは5mmぐらいの幅に斜め切りにします、
②イタリアンパセリは茎をのぞいて葉のみを取り使います、
③ディルは適当に千切ります、
④ボウルにコラトゥーラ・ディ・アリーチ(ガルム)180cc
・①・②・③・クミン・オリーブオイル100cc・ローリエ
 白ワインブラックペパー粗挽きを入れ良く混ぜ合わせます、
⑤豚肉をビニールの袋に入れ、④を入れしっかり
 密閉し、つけ込み一昼夜冷蔵庫に入れておきます、
⑥オーブンの温度を180℃に設定しオーブンの天板に
 クッキングシートを敷きその上に肉を載せ30分ぐらい
 ローストします、
 4枚に肉をカットします、
⑦グリーンアスパラは下部の堅い部分はカットします、
 下部の2/3はピラーで皮をむきます、
 たてに4等分します、
⑧フライパンにオリーブオイルを入れ中火にして
 アスパラガスを炒めます
 塩を軽く振ります、
 バルサミコを軽く振りかけます、
⑨食器に盛りつけます、
イタリア料理に使用する調理器具
ボウル

柳宗理 ステンレス ボール&パンチングストレーナー6点   セット
食器

リチャードジノリ(Richard Ginori) ベッキオホワイト 26cmプレート

 - レシピ, 豚肉 ロース バラ フィレ 豚足 すね スペアリブ

Comment

  1. R&M母(ロッキーマーフィー母) より:

    100人分のナポリタンですが、 ryuji_s1 さんのお陰でいろいろ時間短縮できました。
    3月15日に紹介くださったニンニクのペーストは日持ちもするし、使い道多いと思い、家で作って使ってます。
    オリーブオイルにも、ニンニクのいい変わりが付き、重宝してます。
    ナポリタンにも、これの裏技を使用しました。
    ペーストにしたニンニクはソースに簡単になじみました。
    ありがとうございました。

  2. とこ より:

    朝取りタケノコのカルパッチョ、とても興味深いお料理ですね。朝が一番タケノコを憂い状態で食べられろこと、初めて知りました。
    作ってみようと思います。
    いつもためになるお話があって嬉しくなります。私はまだまだ勉強不足・・・耳がいたいです。でも美味しいものを皆で分かち合うって素晴らしいと最近感じています。がんばりましょうね。いつも有難うございます。

  3. 魚醤が調味料の起源という話を聞いたことがあります。
    海のそばの国々では、いろいろな名称で作られていたのですね。
    私は母が秋田県の人だったので、子供のころから、しょっつる鍋を食べていましたので、ナンプラーも抵抗なく受け入れられました。
    今は、隠し味に利用してます。
    ガラムもであったら、購入します。
    肉に、魚系の調味料素敵なコラボレーション。
    いつもありがとうございます。

  4. ムサシママ より:

    コラトゥーラ・ディ・アリーチ(ガルム)
    いい調味料ですね。
    アンチョビやナンプラーも大好きですね。
    トスカニーで入手できるのですね。
    丁度、来月始めに届く品物があるので同梱して頂こうと思います。
    教えて頂きありがとうございます!

  5. primrose より:

    ハナニラ かわいいお花ですよね。
    私もきょうお散歩中にたくさん咲いているのに出会いました。
    毎日の食材 次々に知らないものがでてきてお勉強になります。
    “ガルム” 古代ローマの万能調味料だったんですね。
    すごいことですね。
    でもちょっとお高いですぅ~。(笑)

  6. aiちゃん より:

    ハナニラも我が家の庭であちらこちらと咲いています
    とても高級そうなガルムという調味料を使うのですね~~
    ナンプラーににているとか?
    辛いのでしょうか?
    豚肉とは相性が良さそうですね
    面白い料理です

  7. ピン助 より:

    こんばんは~。
    我家は、あまりお肉を食べないんですけど、唯一豚肉は時々食べます。
    生姜焼きが多いんですけど、ご紹介されてるこの料理・・美味しそうなので試してみたいです。
    応援ポチ、完了!!

  8. こんばんは~
    コメントありがとうございます。
    最初プロの方か!?と思いました。 うらやましいご家族です。。。
    いろいろ参考にさせていただきますネ。

  9. 那須パパ より:

    豚肩ロースの味の付け方をお聞きしようかとおもったら…
    「肉の全面に金串を突き刺しいっぱい穴を穿ちます、そのことによってマリネ液が中まで浸透し肉自体に味がつきます….」と
    参考になります
    早速、出来る事から実践です

  10. みたにぃ より:

    こんにちは。
    豚肉とコラテゥーラの組み合わせ、すごいですね☆
    発想が素晴らしいです。本当に勉強になります。ありがとうございます。

  11. ツマ より:

    コラトゥーラ、ガルム?
    あまりにも聞きなれない単語に舌を噛んでしまいました 笑
    しょっつるとかナンプラーって聞いたら何となくイメージは出来ましたけど・・・
    こんな本格的な調味料を使って作られるイタリアンの数々・・
    一度でいいから食してみたいです♪

  12. chiru より:

    ガルム・・・
    また聞いたことのないもの発見!!
    ryujiさんは、毎回出されてるレシピのお料理を毎日作られているんですか??
    今度ryujiさんの作ったお料理の写真見たいです*。:゚+(人*´∀`)+゚:
    ポチン♪

  13. kazuyoo60 より:

    これは賑やかに咲いてくれました。綺麗ですね。ハナニラが有毒だと昨日知りました。もちろん食べる気はありませんでしたが。
    『ガルム』ですか。チャングムの誓いでアミの塩辛が出てきました。イタリアも海に囲まれて、海産物を上手に利用されますよね。
    魚醤と呼ばれるのは、どちらかというと敬遠かな、その美味しさを分かっていないから、損なことです。

  14. あべ より:

    おはようございます♪
    ガルムって初めて聞きました。
    ナンプラーのようなものなのですね。
    あまり使ったことはないけれど、美味しいですよね~(^-^*)
    最近はいろんな調味料があって面白いですね!

  15. tansunidon2 より:

    ryujiさん、おはようございます。
    難しい名前のお料理ですが、
    豚方ロースおいしそうですね。
    寒くなったので風邪をひかないようにしてください。
    いつもありがとうございます。

  16. 迷(メイ*) より:

    おはようございます!
    今日も日差しがあり暖かそうなのに、冷たい空気に包まれて少し寒いですね~。何だか季節が一歩戻ったような。
    こんなとき体調を崩しやすいのでryuji_s1さん、気をつけてくださいね~。
    ナンプラーはわかりましたが、“ガルム”この
    調味液はとても知りませんでした。
    (ガルムが一部スーパーで販売され)ということなので、今度見つけられたら見てみたいと思いました。またひとつお勉強になりました。ありがとうございます
    応援ポチッ~♪

是非 あなたのご意見をお願いします 質問があれば分かる範囲でお答えしたいと思っております

  関連記事

秋です きのこのスープ カプチーノ仕立て
メバチマグロのサルモリッリオ・ソース
牛もも肉の赤ワイン煮込み
秋鮭とカマンベールチーズのロースト
葉たまねぎのアンチョビーソース和え
えびとズッキーニのリゾット
パスタ トルティリオーニのブロッコリー
スパニッシュスタイルの炊き込みご飯
ヤリイカのフリッタ
ブロッコリーとカリフラワーのベネデットカヴァリエーリ ペンネ・リガーテ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。