イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,579、パスタのレシピ数は1586。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

アジのサオール

   

ビオラビオラ
ビオラ
aokitukiyoさんがお造りになった金時豆のスープ

aokitukiyoの徒然なるままにの aokitukiyoさんがお造りになった金時豆のスープ
おいしそうにお造り頂きました
ありがとうございます

アジのサオール

アジのサオール

イタリア料理レシピ

サオールとは日本で言う南蛮漬けのようなものです
白ワインビネガー・オリーブオイルが使われています
イタリア料理食材4人分
アジ……………………………4尾
薄力粉………………………….適量
揚げ油………………………….適量
白ワインビネガー…………………200cc
オリーブオイル…………………..600cc
たまねぎ………………………..1個
松の実………………………….50g
干しぶどう………………………50g
イタリアンパセリ…………………適量
イタリア料理に使用する食材

真鰺
美味しい魚の代表的存在なのがこのアジ。
ムロアジなどに比べ、体側にはゼンゴと呼ばれる
トゲ状のウロコ(リョウリン)があるのが特徴。
お造りに、たたきに、塩焼きに、煮付けにどうぞ。

淡路島特産 新たまねぎ10kg入り 2Lサイズ産地箱

松の実55g【オーサワジャパン】

★大粒レーズン(干しぶどう)《450g》★
無着色・無保存料

イタリア料理に欠かせません
イタリアオイルソムリエ協会最高賞獲得!
こだわりのヴェロネッリ製法で作られた
究極のオリーブオイル!
マドンナ・デッレ・ヴィットリエ
EXヴァージンオリーブオイル

イタリア料理に欠かせません
チェーザレ・ジャッコーネ:銘柄モスカート/ワインビネガー(白)【250mlボトル

イタリア料理に欠かせません
”特選ハーブ” イタリアンパセリ
イタリア料理レシピ手順
①***鰺をおろします
鰺は流水で洗います、
鰺のしっぽの方についているゼイゴと言われている
堅いいがいがの部分を包丁でカットします、
うろこを取ります、
エラの部分から腹の肛門に方ちょっうで切れ目を入れ
内臓を取り出し綺麗に流水で洗い流します、
大名おろしにします
頭を左、腹を手前側にして、尾の方から背骨に沿って身を
切り取ります
頭は残します、
裏返して同じように包丁を入れ切ります、
腹骨をすきます。
そして骨抜きで血合骨を抜きます。
背骨がついていた上を指で触ると、血合骨があたります、
それを骨抜きで丁寧に抜きます、
皮を引きます、
赤丸の部分(頭の方)の皮の端を爪でおさえます、
包丁の背で押して皮を引きます、
皮は包丁を使わず手で剥いても良いですよ、
この場合も頭の方から剥きます、
綺麗に三枚におろしました、
綺麗に水気をペーパータオルで拭き取ります、
②薄力粉をまぶします、
③天ぷら鍋にたっぷりの油を入れ180℃に温度を設定
 して鰺を揚げます、
④揚がったらペーパータオルの上に置き油を切ります、
 熱いうちに塩を軽く振りかけます、
⑤干しぶどうはぬるま湯につけ柔らかく戻しておきます、
⑥たまねぎは縦に2等分し下の堅い部分はカットします、
⑦繊維に沿って薄くスライスします、
⑧フライパンにオリーブオイルを入れたまねぎを入れ
 弱火で丁寧に炒めます、
⑨たまねぎが透明になりしんなりしてきたら
 ローリエを入れます、
⑩白ワインビネガーを入れ中火にして煮込みます、
⑪松の実・干しぶどうを入れます、
⑫フライパンを火から離し鰺を入れ浸します、
⑬1日おくと味がしみて美味しくいただけます、
 別の容器に入れ冷蔵庫に入れます、
⑭食器に盛りつけイタリアンパセリの粗みじんを
 振りかけます、
イタリア料理に使用する調理器具
天ぷら鍋

電磁調理器対応!宮崎製作所 オブジェ天ぷら鍋22cm
宮崎製作所の”オブジェ・シリーズ”の揚げ鍋です。
ステンレスで鉄をサンドイッチした”全面鉄芯三層構”は鉄の優れた
熱伝導により熱がムラなく伝わります。
さらにステンレス製は保温力に優れているので、
油の温度を一定に保ち少ない油でもカラッと美味しく揚がります♪
電磁調理器にも対応しているので食卓で串揚げなども楽しめます♪
フライパン

【ビタクラフト】ウルトラ フライパン 27cm
食器

wedgwood(ウェッジ ウッド) ホワイトコノート2919 オーバルディッシュ 23cm

 - レシピ,

Comment

  1. aokitukiyo より:

    こんばんは、ryuji_s1さん。
    ワッ、オシャレなブログに載せていただいて、ありがとうございます。
    「サオール」オシャレな言い方?です~、我が家では南蛮漬けという感じなので。
    鯵の三枚おろしは、一応出来るので、鯵が手に入ったら作ってみます。
    ここへ来ると、オシャレな言葉の勉強になります、なかなか、オシャレな料理は出来ないですが…
    では、ありがとうございました。

  2. 迷(メイ*) より:

    おはようございます。
    我が家で作る南蛮漬けと違い、とても丁寧に作られています。三枚おろしだから子供でも安心して食べられます。
    次回はちゃんと三枚おろしで作るようにしたいと思いました。
    有難うございました
    鯵は大好な魚です♪

  3. クリリン より:

    鯵の南蛮漬け大好きですでも、あたしの作る南蛮漬けとは違って(笑)
    ryujiさんのは、オシャレに仕上がってるんでしょうね(笑)
    なるほど…レーズンもポイントなんですね

  4. Jin より:

    とても美味しそうですね。アジはよく使うのでチャレンジしてみます。

  5. kazuyoo60 より:

    南蛮漬けは作ります。更に豪華版ですね。
    食べたくなります。青魚、処理が面倒なのでついついなのですが、美味しいですよね。

  6. 小豆 より:

     自家製干物に挑戦した小豆です♪ryujiさんのブログにもお邪魔させていただきます。おしゃれなお料理満載ですね!「サオール」、名前だけは聞いたことがありましたが『おしゃれな南蛮漬け』の事だったんですね♪三枚おろしにも挑戦したくなりました★☆

  7. 半熟シェフ より:

    こんにちは^^v
    お久しぶりですw
    またちょこちょこ遊びに来まーす^^
    ヨロシクです♪

  8. dolce より:

    こんにちは。
    南蛮漬けにレーズンと松の実、なかなか思いつかない組み合わせです!
    家でたまに作る、オレンジのサラダと具が似ているので、きっと好みです♪
    いつか作ってみたいと思います。
    昨日、そらまめ・生ハム・マスカルポーネのフェットチーネ を作らせて頂きました。
    濃厚でとっても美味しかったです。
    ありがとうございました:)

  9. tansunidon2 より:

    ryujiさん、こんにちは
    南蛮漬けですか、
    名前が変わるとお洒落ですね。
    処理とか揚げるの苦手ですが、美味しそうで食べてみたいです。

  10. primrose より:

    ビオラ きれいな色ですね。
    長い間きれいに咲いてくれるのでうれしいです。
    きょうは鯵ですね。鯵は好きな魚です。鯵フライ 好きです。(笑)
    イタリアンでしたね。すいません。(笑)
    サオール 玉ねぎは炒めるんですね。
    美味しそうです。

  11. 那須パパ より:

    南蛮漬けにレーズンと松の実とは、ご飯よりパンに合いそうな感じですね
    アジで、パン
    普通ならご飯を想像ですが、ryujiさんマジックで、ハードなパンで食べるを妄想中です

  12. みさkobuta より:

    ryujiさん、こんばんは~!
    お邪魔します。遊びに来ましたァ~
    サオールって名前を知って、何だかとっても得した気分です(笑)
    みなさんの言ってらっしゃるように、おしゃれな南蛮漬けなんですねっ。
    こんな素敵なお料理のブログに出会えて、とってもラッキーです。
    これからもお邪魔しに来ますので どうぞよろしくお願いします。

  13. albi より:

    美味しそう~お魚料理が苦手な私にも出来るかしら?挑戦してみます!

  14. ムサシママ より:

    南蛮漬けって大好きです。
    お酢って食欲涌きますよね。
    干しぶどうと松の実で一風変わった感じがいいですね。
    オシャレな一品です♪

  15. momo-chan より:

    ご訪問いただきありがとうございます(^^)
    南蛮漬けお魚のマリネ大好きです^^
    レシピ参考にさせてください^^

  16. ピン助 より:

    こんばんは。
    南蛮漬って食べたことがないんですよね~。
    一度は食べてみたうと思ってましたけど、この料理を作れば南蛮漬を食べたのと同じになるかな?
    応援ポチ、完了!

コメントを残す

  関連記事

鶏レバーの下仁田ねぎ煮込み
カチョ・エ・ペペ パスタ リングイネ
ドライトマトとオリーブへーストのパスタ リングイネ ガルム風味
パスタ リングイナ ツナのトマトソース
no image
ふきのとう・タラの芽・ウドのフライ
本マグロの中トロ ボッタルガ 温度たまご添え ケッパー グリーンアスパラ
レンコン ゴボウ 干しイチジクオイル炒め バルサミコ風味
マグロのカルパッチョ
ブラウンマッシュルームのカルボナーラ
新鮮野菜のクロタンチーズ焼き添え
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。