イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,574、パスタのレシピ数は1583。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

トマト・モッツアレラチーズ ジャガイモのジェノベーゼソース和え

   

ガーベラガーベラ
ガーベラ
petite nina  ひよこ豆スープのパスタ

Vegetarian’s Kitchen~英国国際結婚生活
petite ninaさんがお造りになった ひよこ豆スープのパスタ
素敵なできあがりです
有り難うございます

トマト・モッツアレラチーズ ジャガイモのジェノベーゼソース和え

トマト・モッツアレラチーズ ジャガイモのジェノベーゼソース和え

イタリア料理レシピ
イタリア料理食材4人分
トマト………………………4個
モッツアレラチーズ(125g)………4個
ジャガイモ大…………………4個
ジェノベーゼソース……………160cc
バジルの葉…………………..30g
松の実………………………60g
オリーブオイル……………….80cc
にんにく…………………….1片
ペコリーノ・ロマーノ………….40g
岩塩………………………..適量
オリーブオイル……………….適量
イタリア料理に使用する食材

ランキングNo.1 幻の
★最高級★ 高知県 徳谷トマト 約2キロ

TV「どっちの料理ショー」の特選素材
20年度産新ジャガ
幻のジャガイモ「シンシア」 10kg

MOZZARELLA SALICELLAモッツァレッラ・サリチェッラ
モッツァレッラ・ディ・ブーファラ

”特選ハーブ” バジル

松の実(無添加)【200g】

ローマ帝国の保存食でした
お塩代わりにお料理にどうぞ♪
カルボナーラにこれを使うのが本場風!
ペコリーノ・ロマーノ

青森県産 にんにく A2L1Kg 

イタリアオイルソムリエ協会最高賞獲得!
こだわりのヴェロネッリ製法で作られた
究極のオリーブオイル!
マドンナ・デッレ・ヴィットリエ
EXヴァージンオリーブオイル

素材の旨みを引出す
使いやすい細粒タイプです
ドロゲリア社
サーレ・ディ・ロッチァ(微粒)1kg
南イタリア・シチリア島は、オリーブと塩の産地。強い太陽と
干ばつの影響で、他の作物が育たない代わりに、自然がくれた
贈り物であるこの2つの特産品を、大切に守り育ててきました。
この岩塩は、シチリア島ペレッリーノ鉱山の地下1000mのと
ころから採掘されたもの。白く、サラサラとした結晶の塩は、お
料理の味をぐっと引き立たせてくれます。イタリア料理は、オ
リーブオイルと塩で作られてるといっても過言ではありません。
パスタをゆでるときはもちろんのこと、日常的な調味料として
お使いくださいね。とくにステーキにおすすめします。
イタリア料理レシピ手順
①最初にジェノベーゼソースを作ります、
 ミキサーにオリーブオイル・松の実・ペコリーノ・ロマーノを
 すり下ろしたものを入れ撹拌します、
 バジルの葉を手で千切って入れ、撹拌します、
 岩塩を少量入れます、
 瓶に入れ45℃のお湯に30分間煮込むと色が綺麗に
 保つことが出来ます、
 その後冷蔵庫で冷やします、
②ジャガイモは皮付きのまま塩茹でします、
 皮をむき1cm角煮カットします、
 ボウルに入れ塩を軽く振りかけオリーブオイルで
 まぶします、
 ジェノベーゼソースと和えます、
③トマトはへたを取り上部に十文字の切り目を入れ
 沸騰したお湯に入れ湯むきします、
 ボウルに氷り水を用意しその中に入れ冷やし
 ペーパータオルで水気を拭き取ります、
 櫛形に8等分にします、
④モッツアレラチーズはお召し上がりになられる前に
 42度程度のぬるま湯に浸すことで
 濃厚なミルクの旨味、風味が倍増します!
 目安は42度程度のぬるま湯に125gで5分です、
⑤モッツアレラチーズを1cmの厚さにスライスします、
⑥食器に盛りつけます、
イタリア料理に使用する調理器具
チーズおろし器

ワイン・ピザ・パスタのおともに!
おろしたチーズを召し上がれ♪Legnoart(レーニョアート)
 CONICOS マルチチーズグレーター
細かいものから粗め 糸状におろすことが出来ます、


200V IH対応]ビタクラフト ウルトラシリーズ
両手鍋4L/25.5cm
ボウル

柳宗理 ステンレス ボール&パンチングストレーナー6点   セット
食器

リチャードジノリ(Richard Ginori) アンティコホワイト プレート 25cm

 - サラダ, レシピ

Comment

  1. naho より:

    はじめまして。
    先日は(一週間ほど前)ブログのお料理の日記にコメントをありがとうございました。
    遅くなりましたが、本日ブログを拝見させていただきました。
    とても興味深く、過去の日記までさかのぼってみました。
    これからも楽しみにしています。

  2. kazuyoo60 より:

    綺麗なガーベラです。色違いも植えられてますね。
    モッツアレラチーズ、美味しいですね。ジェノベーゼソースも大好き、食べたいです。

  3. chiru より:

    じゃが芋のジェノベーゼソースがすごくイイですね♪
    ブルスケッタみたいにして使っても美味しそう♪
    ポチ★

  4. 堕天使ママ より:

    こんにちは!
    お久し振りです!
    美味しそうなレシピ!
    暑くなって来るとジェノベーゼソースを使ったパスタが無性に食べたくなります!(笑)

  5. howdygoto2 より:

    こんにちは。
    東京は暖かいです。
    トーズもジャガイモも大好きです。
    だからトマト・モッツアレラチーズ ジャガイモのジェノベーゼソース和え 、食べてみたいです。

  6. 那須パパ より:

    我家も本日は、イタリアン♪
    那須ママの特製「カルボナーラ」です(o^-‘)b
    ryujiさん流の「カルボ」も食してみたいです!!

  7. ゆりりん より:

    さすがです
    綺麗なイタリアンカラー
    お料理が彩っていますね
    私、バジルが大好きなんです

  8. tansunidon2 より:

    ryujiさん、こんばんは
    昨日はお出かけをして今日帰ってきました。
    今日も美味しそうなお料理ありがとうございます。

  9. patapataokan より:

    ペコリーノ・ロマーノ って保存食
    だったんですね。
    勉強になります。

  10. negoo より:

    アタシはパスタでよく食べますが、トマト&モッツァレラは最強の組み合わせですよね。
    これにジャガイモのジェノベーゼソースなんて、相変わらずすっごい美味しそうな組み合わせだわ。

  11. ピン助 より:

    トマトとジャガイモ・・美味しい物同士が集まれば、もっと美味しい物が出来上がりますよね~♪
    明日は一人なので、隠れて料理しちゃおうかな・・・(後が大変そう ^^;)
    応援ポチ!!

  12. mnfosterer より:

    ジェノベーゼで和えたじゃが芋にモッツアレッラ、美味しそうですね~。
    是非とも今度作ってみたいです♪
    食べ応えもありそうな感じで、パンに乗せても食べてみたいです。

  13. CHI-BI より:

    ホントいつも美味しそうです!
    ジャガイモがあるのでジェノベーゼ作ってみようかと思います
    魚介のサラダも素材の味を大切にしていて
    素敵なレシピですね!

  14. Sivaji より:

    ジェノベーゼの香りをまとったジャガイモ、おいしそうですね~。
    >モッツアレラチーズはお召し上がりになられる前に 42度程度のぬるま湯に浸すことで 濃厚なミルクの旨味、風味が倍増します!
    > 目安は42度程度のぬるま湯に125gで5分です、
    !!!
    これは思いもよらなかった。
    いつも冷やしたものをそのまま使ってました。
    生ハムはある程度常温に戻してたのですが。
    ありがたい情報です!

  15. ハチ より:

    こんばんは
    日記にコメント ありがとうです♪
    パスタでもいろんな種類 色とりどりで おいしそうですね
    本格的につくったことが ないので 機会あったら 挑戦してみたいです

  16. レイ より:

    時々、DIARYにコメントしてくださてありがとうございます。
    以前からもお邪魔していました。
    家で育てているバジルが、かなり茂ってきました。
    バジルソースにしようと思いますが、このレシピ、いいですね~
    絶対作ってみたいと思います。

コメントを残す

  関連記事

牛肩肉の煮込み ソフリット風味
牛肉のたたき
パスタ リングイネ バジルソース風味
海の幸のラグー パスタ
苺のクレーム・ブリュレ
鶏の卵黄と黒トリュフのパスタ
イカスミのパスタ フィェトチー二アサリのソース和え
マスカルポーネチーズのクリーム ドルチェ
イチゴのパスタ カッペリーニ
パスタ ヴェルミチェローニ グアンチャーレ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。