イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,579、パスタのレシピ数は1586。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

あさりとズッキーニのリゾット

   

コンボルブルス クネオルムコンボルブルス クネオルム
コンボルブルス クネオルム
あさりとズッキーニのリゾット

あさりとズッキーニのリゾット

イタリア料理レシピ
イタリア料理食材4人分
イタリア米………………………….250g
あさり600g………………………….約60個
エシャロット………………………..1/2個
ズッキーニ………………………….1本
にんにく……………………………1片
白ワイン……………………………250cc
鶏のブイヨン………………………..600cc
パルミジャーノ・レッジャーノ………….80g
オリーブオイル………………………45cc+30cc+適量
岩塩……………………………….適量
イタリアンパセリ…………………….2本
イタリア料理に使用する食材の紹介

イタリアの有機栽培米 リーゾ・カルナローリ ビオロジコ
リゾットにはやはりイタリアのお米、粘りが少なくアルデンテに仕上がります。

朝どれあさりは季節限定品
愛知三河産♪漁師の肉厚あさり2キロ
1キロで約100粒前後なんですが、家族4人で
腹いっぱい食べるなら2キロがオススメの量です。
すこし、たくさん食べる息子さんがいたら+2キロ

ズッキーニ(1本)

ソースづくりには欠かせません(たまねぎ+ニンニク)系⇒エシャロット500g
みじん切りにして、
炒めると非常によい香りがします。
フランス、イタリアン料理における、
ソースづくりには必須とされてます。
肉、野菜等の炒め物の匂い消しや、
香りつけなどになります。
また生では刻んだり、すりおろしたりして、
ドレッシングとしてもよいです。
カロチン、ビタミンC、鉄分を多く含んでます

「キリストの涙」伝説が由来のワイン。さわやかな後味です。
[イタリア土産]
ラクリマ クリスティー 白ワイン やや辛口 750ml
【ラクリマクリスティー 「キリストの涙」】
キリストはヴェスヴィオス火山の噴火を嘆き涙を流しました。
その涙が落ちたところにブドウの樹が生い茂ったという伝説に由来しています。

パルミジャーノ レジャーノ 36~48ヶ月熟成約1kg

キスコ:冷凍ブイヨン【1kg】
【特徴】
丁寧にアクや脂を取り除き、くせのない味に仕上げた濃縮タイプ。新鮮な野菜と鶏の旨味のバランスが絶妙で、評価の高いブイヨンです。
【原材料】
鶏骨肉・野菜(玉葱・人参・セロリ)

イタリアオイルソムリエ協会最高賞獲得!
こだわりのヴェロネッリ製法で作られた
究極のオリーブオイル!
マドンナ・デッレ・ヴィットリエ
EXヴァージンオリーブオイル

青森県産 にんにく A2L1Kg 

素材の旨みを引出す
使いやすい細粒タイプです
ドロゲリア社
サーレ・ディ・ロッチァ(微粒)1kg
南イタリア・シチリア島は、オリーブと塩の産地。強い太陽と
干ばつの影響で、他の作物が育たない代わりに、自然がくれた
贈り物であるこの2つの特産品を、大切に守り育ててきました。
この岩塩は、シチリア島ペレッリーノ鉱山の地下1000mのと
ころから採掘されたもの。白く、サラサラとした結晶の塩は、お
料理の味をぐっと引き立たせてくれます。イタリア料理は、オ
リーブオイルと塩で作られてるといっても過言ではありません。
パスタをゆでるときはもちろんのこと、日常的な調味料として
お使いくださいね。とくにステーキにおすすめします。
イタリア料理レシピ手順
①エシャロットは皮をむきへたを取りのぞき1/2を
 微塵切りにします、
②パルミジャーノ・レジャーノはすり下ろします、
③にんにくは縦に2等分し中の芽を爪楊枝などで取りのぞき
 微塵切りにします、
④ズッキーニはへたをカットし5mm角にカットします、
⑤あさりは砂抜きを使います、
 流水で綺麗に洗います、
⑥イタリアンパセリは粗みじんにします、
⑦ブイヨンは別の鍋に入れ暖めておきます、
⑧鍋にオリーブオイル45ccを入れにんにくを入れ弱火で
 炒めます、
⑨あさりを入れ蓋を閉めます、
 中火にして蒸すような感じになります、
 あさりの口が開いたら白ワインを150cc入れしばらく
 5分間蒸し煮にして火を止めます、
⑩別の鍋にオリーブオイル30ccを入れズッキーニを入れ
 エシャロットを加えて弱火で炒めます、
 エシャロットが透明になればOKです、
 エシャロットに色がつかないようにします、
⑪イタリア米を洗米せずに入れます、
 透明になるまで中火にて炒めます、
 白ワイン50ccを入れ強火にしてアルコール分を
 飛ばします、
⑫あさりを入れた鍋の出汁を入れ暖めていたブイヨンを
 80cc加えて中火で煮込みます、
 スープが少なくなってきたらまた80ccのブイヨンを
 足し入れます、
 3回から4回ぐらい繰り返します、
⑬米の芯が少し残るような感じになって来たら
 あさりを入れます、
⑭パルミジャーノを振り入れオリーブオイルを適量
 加えて塩で味を調えます、
⑮食器に盛りつけイタリアンパセリを振りかけます、
イタリア料理に使用する調理器具


ビタクラフト ウルトラシリーズ 両手鍋 浅型 3リットル
チーズおろし器

ワイン・ピザ・パスタのおともに!
おろしたチーズを召し上がれ♪Legnoart(レーニョアート)
 CONICOS マルチチーズグレーター
細かいものから粗め 糸状におろすことが出来ます、
食器

リチャードジノリ(Richard Ginori) ベッキオホワイト 24cmスーププレート

 - リゾット, レシピ

Comment

  1. sunsun より:

    おいしそうですね~。
    朝ごはんか昼ごはんのころにいつもこちらを覗いてしまうので、ついついおなかがすいてしまいますww
    あさりとワイン、にんにくという組み合わせを見ただけでおいしそうだなぁとつい思ってしまいました(*^_^*)

  2. シマパン より:

    4月29日にシマパンブログに
    コメントいただきあがとうございました。
    その日より、こちらのブログに
    ちょくちょくおじゃましています。
    こんな素敵なお料理を
    毎日食べられる家族の方がうらやましい・・・
    ほんとにおいしそうなレシピ!!
    作ってみたいとおもいながら、
    我が家には、小さい3人の子供がいて、
    毎日バタバタした生活。
    まだ挑戦できていないのが現実です。
    お友達とホームパーティーをするときや
    お休みのゆっくりとした時に
    こちらの贅沢な食材を使ったレシピに
    挑戦したいなとおもっています。
    また、こんな我が家向けの
    簡単でおいしいレシピなど
    心待ちにしています。
    ではまた

  3. ジョンタロ より:

    遊びに来てくださってありがとうございます!
    私、料理が苦手なのでタメになるお話が多そうなブログですね~☆
    料理音痴な私でも出来ますでしょうか?
    これからも参考にさせていただきます!

  4. chiru より:

    あさりとズッキーニって合わせる想像もしたことなかったですが、とっても美味しそうですね!!!
    リゾットにするって言うのも素敵♪
    ポチ★っと応援ですo(*^▽^*)o

  5. kazuyoo60 より:

    コンコルブルスが綺麗ですね。まだ作ったことはありません。
    アサリ美味しいですね。
    我が家ではもどきリゾットでも?、こちらのはとても美味しそうです。

  6. みゆ より:

    ラッパのように花開く華やかな花ですね
    珍しいですね
    初めて見た気がします

  7. 凪々 より:

    アサリがおいしい季節になりましたね。。。
    よだれが出てきそうです。
    (^-^*)ニコっ♪

  8. くみこ より:

    コメントを頂き、ありがとうございます。
    わ、美味しそうなごはん。
    こんなに豪華ではありませんが、うちでもリゾットが好きでよく作ります。

  9. chi-bi より:

    あさり、ちょうど今家にあるので作ってみようかと思います。
    いつも素敵なイタリアンばかりですが、料理人
    だったんですか?
    ホントに家族の方が羨ましいです

  10. ほのか より:

    ご訪問頂き、ありがとうございました。
    とっても素敵なお料理ばかりですね。
    びっくりしました。
    色々参考にさせて頂きますね!

  11. ピン助 より:

    こんばんは~。
    今日、知り合いからアサリを大量にいただいたので、食材1つは買わなくて済みます(^^)
    残りの食材をゲットして、試してみたいです。
    応援ポチ、完了!!

  12. ピン助 より:

    こんばんは~。
    今日、知り合いからアサリを大量にいただいたので、食材1つは買わなくて済みます(^^)
    残りの食材をゲットして、試してみたいです。
    応援ポチ、完了!!

  13. primrose より:

    コンボルブルス 朝顔のようなお花でかわいいですね。
    あさり 美味しいですよね。
    ズッキーニは1本使うのですね。
    最初の食材4人分からぬけてしまっているんでしょうか?
    冷凍ブイヨンもあるんですね。
    美味しくてしかも便利のお材料のようです。

コメントを残す

  関連記事

バジルとトマトのペンネ
白トリュフ風味のパスタ タリアン
タラのボンファン
ほうれん草とゴルゴンゾーラのパスタ スパゲッティ
新たまねぎのロースト
no image
かぼちゃとリコッタチーズのサラダ
トマト・ズッキーニ・ペコリーノ・ロマーノのロースト
アーモンドのスープイチジク添え
鶏レバーのパテ
no image
ビーツのマリネ ミント風味
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。