イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,578、パスタのレシピ数は1585。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

ガスパチョ

   

バーベナ ピンクパフェバーベナ ピンクパフェ
バーベナ ピンクパフェ
ガスパッチョ

ガスパチョ

イタリア料理レシピ
ガスパチョは冷たいスープです
お野菜がたっぷりいただけます、
スペインのアンダルシア地方のお料理です、
ちなみに「ガスパチョ」とは、アラビア語で
「びしょ濡れのパン」という意味のようです、
イタリア料理食材4人分
トマト………………………….3個
きゅうり………………………..1本
赤たまねぎ………………………1/4個
赤パプリカ………………………1/4個
黄パプリカ………………………1/4個
セロリ………………………….1/10本分
バケット………………………..20g
野菜のブロード…………………..300cc
オリーブオイル…………………..適量
岩塩……………………………適量
バジルの葉………………………適量
イタリア料理に使用する食材の紹介

あまぁいトマト♪
その名は『塩トマト』!
【とまと】 甲斐農園 塩トマト 1箱(12~15玉入り)

きゅうり(3本)

特別栽培農産物「赤たまねぎ」
【レッドムーン】
北海道砂川産
化学農薬肥料慣行栽培比
【50%減】らしました!
一番外側の皮も捨てないで!
★特別栽培農産物【赤たまねぎ】★
こだわりのステビア栽培農法でつくりました!
北海道砂川産(10kg)

大きいサイズ!イタリアン等のお料理に
【宮崎産 新鮮野菜】
直送!カラーパプリカ(赤・黄色)

ウェル ビオロジコ 野菜ブロード
150g
イタリア産
無農薬伝統農法による野菜を使い、化学調味料・着色料を加えず製造した、野菜のコクと旨味の効いた野菜スープです。顆粒状なので調味料としてもお使い頂けます。

静岡県産他 セロリ

天然酵母パン、バケット、自家製酵母の発酵種で発酵時間を充分にとったしっとり弾力のある生地のおいしさが味わえる、風味豊かな無添加のフランスパンです。

イタリアオイルソムリエ協会最高賞獲得!
こだわりのヴェロネッリ製法で作られた
究極のオリーブオイル!
マドンナ・デッレ・ヴィットリエ
EXヴァージンオリーブオイル

素材の旨みを引出す
使いやすい細粒タイプです
ドロゲリア社
サーレ・ディ・ロッチァ(微粒)1kg
南イタリア・シチリア島は、オリーブと塩の産地。強い太陽と
干ばつの影響で、他の作物が育たない代わりに、自然がくれた
贈り物であるこの2つの特産品を、大切に守り育ててきました。
この岩塩は、シチリア島ペレッリーノ鉱山の地下1000mのと
ころから採掘されたもの。白く、サラサラとした結晶の塩は、お
料理の味をぐっと引き立たせてくれます。イタリア料理は、オ
リーブオイルと塩で作られてるといっても過言ではありません。
パスタをゆでるときはもちろんのこと、日常的な調味料として
お使いくださいね。とくにステーキにおすすめします。
イタリア料理レシピ手順
①野菜のブロードは作ったものを冷蔵庫に入れ
 冷やしておきます、
②トマトはへたを取り上部を十文字に切り目を入れ
 沸騰したお湯に入れ皮がめくれて来たら氷水に入れ冷やし
 皮をむきます、
 ペーパータオルで水気を拭き取ります、
③きゅうりは両端をカットし皮をピラーでむきます、
④パプリカはへたを取りのぞき1/4を使います、
⑤バケットは堅い皮の部分をのぞいて中の白い部分を
 使います
 色のついた部分を使うとスープの色が悪くなります、
 本当はすべてを使うのですが日本人には
⑥すべてをミキサーにかけピューレー状にします、
⑦食器に盛り付けオリーブオイルを振りかけ
 バジルの葉を飾ります、
イタリア料理に使用する調理器具


[200V IH対応]ビタクラフト ウルトラシリーズ 片手鍋3L/19cm
ハンドミキサー

ブラウン マルチクイック【税込】 MR-5550MCA
◇つぶす、まぜる、きざむ、泡立てるが簡単に、そしてパワフルにできるブラウンのハンディミキサー
◇用途に合わせて、ブレンダー、チョッパー、ミキサーの3種類のアタッチメントを本体に取り付けるだけ! 
 - ブレンダー(つぶす・混ぜる)用アタッチメントは食材が飛び散るのを防ぐ設計。火をかけた鍋に直接入れて調理することもできます。
食器

リチャードジノリ(Richard Ginori) ベッキオホワイト スープカップ&ソーサー

 - スープ, レシピ

Comment

  1. さくらん より:

    野菜の栄養をそのままスープにして摂れるんですね、
    冷たいスープというのも美味しそうですし
    なにより野菜たっぷり摂れるのが嬉しいですね。
    冷たいお料理が気になってくる季節ですね。

  2. kazuyoo60 より:

    可愛いバーベナです。この幅の広い葉の方、昨年作っていました。
    ガスパチョ、野菜の味がたっぷり、美味しいでしょうね。

  3. とても、さわやかそうで食欲がわきます。
    メモしておきます。
    今日は、こちらはと雨、肌寒く暖房付けました。
    用意せておけば、簡単に出せるのがいいですね。
    色もよさそうです。
    日本人は、見た目悪いとやはりダメですね。

  4. chiru より:

    ガスパチョって名前だけ聞いたことがあったのですが、びしょぬれのパンっていう意味だったのですね(*^_^*)ほほー
    パンが入ったスープかぁ゚・:,。☆離乳食にもよさそうだなぁぁぁ(笑))
    野菜もたっぷり採れて夏ばれ予防に良さそうですね♪
    ポチ★

  5. tansunidon2 より:

    ryujiさん、こんにちは
    お野菜のガスパッチョ栄養があって美味しそうですね。
    バーベナも2色で綺麗ですね。
    いつもありがとうございます。

  6. nancy より:

    ryujiさん、こんにちは
    ガスパチョは、作ってみようと思いつつ、まだ作った事がありません。
    これからの季節にピッタリで、栄養もありそうですね!
    レシピ参考にチャレンジしたいと思います!

  7. こんばんは!ガスパチョは、これから夏にかけて食べたい一品ですね。お野菜たっぷりで元気になりそうです。
    ガスパチョの言葉の意味も初めて知りました。
    ミキサーで出来ますね。ぜひ作ってみたいです♪

  8. ピン助 より:

    こんばんは。
    最初「ガスパチョ」が東京ガスの「ガス・パッ・チョ! 」だと思っちゃいました・・お恥ずかしい(><)
    この料理・・野菜がたっぷり入ってますね~。
    野菜好きには、たまらない逸品です。
    そう言えば、今日のテレビで賞味期限が切れたパプリカを大量に捨ててる場面が映ってました。
    捨てるくらいなら、くれれば良いのに・・。もったいないですよね・・まだ食べられるのに。
    応援ポチ、完了!

  9. Sivaji より:

    ガスパチョ。これからの季節にいいですね~。
    軽くバージンオイルを入れても美味しそう。

コメントを残す

  関連記事

まぐろとほうれん草のパスタ ペンネッテ
グリーンサラダ ミント・バジルを添えて
ほうれん草の冷たいスープ
アンチョビー・クルミ・アーモンドのパスタ リングイネ
胡桃ソースのスパゲッティ
マグロとアボガドの冷菜
生タリアテッレのクリームソース
レッドキャベツとゴルゴンゾーラ・ピカンテ
丹波大粒しめじ ベーコンのカルボナーラ パスタ ペンネ・リガーテ
アンチョビーのパスタ トリポリーニ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。