イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,689、パスタのレシピ数は1637。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

カサゴのアクアパッツア acqua pazza

   

名前知らず名前知らず
アグロステンマ(ムギセンノウ)
gardeningの
kazuyoo60さんにお知らせ頂きました

カサゴのアクアパッツア acqua pazza

カサゴのアクアパッツア acqua pazza

アクアパッツアの意味は狂った水という意味です、
魚介のブイヨンを使わず水飲みを使います、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%83%91%E3%83%83%E3%83%84%E3%82%A2
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イタリア料理レシピ
イタリア料理食材
カサゴ400gから490g………………2尾
あさり…………………………20個
ムール貝……………………….12個
にんにく……………………….2個
ケッパー……………………….40 粒
ブラックオリーブ………………..8粒
ドライトマト……………………5枚
フルーツトマト………………….2個
水…………………………….800cc
オリーブオイル………………….80cc
塩…………………………….適量
イタリアンパセリ………………..適量
イタリア料理に使用する食材の紹介

朝とれ!新鮮!山陰浜坂港の「カサゴ」(生) 1尾 約400-490g

朝どれあさりは季節限定品
(愛知県産大粒あさり2kg/クール代込み)
【送料無料】愛知三河産♪漁師の肉厚あさり2キロ

自宅で本格派イタリアン
【業務用5k特別価格】旨みタップリの
新鮮なムール貝(5k)

ケッパー塩漬け

ブラックオリーブ実 種付
*オリーブの豆知識
オリーブは実の熟し度合いによって「グリーン」→「ピンク」→「ブラック」として加工されます。
グリーン・・・8月末から9月上旬にまだ実が熟さないオリーブを収穫
ピンク・・・・11月中旬に茶色がかったオリーブを収穫
ブラック・・・11月末から2月に実が熟しきったオリーブを収穫
収穫時期によって食感や味わいがまったく異なります。どのタイプもそれぞれ個性が引き立っていて美味しいです。

イタリアオイルソムリエ協会最高賞獲得!
こだわりのヴェロネッリ製法で作られた
究極のオリーブオイル!
マドンナ・デッレ・ヴィットリエ
EXヴァージンオリーブオイル

【ドライトマト オリーブオイル漬け】
TUTTO CALABRIA社製。

発祥の地・高知県徳谷のフルーツトマト!
独特の甘味と少しの酸味が絶妙!!
極限の環境で栽培されるトマトは普通のトマトとは一味も二味も違う♪【送料無料】高知県産 徳谷トマト(300g) 

家庭で愉しむ本格的イタリア料理【ゲランドの塩】セル マリン ムリュ(細粒・海塩) 250g
イタリア料理レシピ手順
①カサゴはうろこを取り、腹を開いて内臓を綺麗に取ります、
 エラも綺麗に取ります、
 流水で良く洗います、
 カサゴの一番厚い身の部分に深い切り目を入れ火の通りを
 良くします、
 塩を裏表全体に振りかけます、
②塩ケッパーの塩抜きの手間がかかると思われますが、扱う分だけ、
 ケッパーに付いている塩を洗い流し水で戻します。
 すぐに使いたい場合は水で塩を洗い流した後、
 60℃のお湯で戻せばすぐに扱えます。
③ブラックオリーブは種を取ります、
④ムール貝はヒモを引っ張って剥いて下さい
 綺麗に流水で洗います、
⑤あさりは砂抜きしたものを綺麗に流水で洗い
 使います、
⑥ドライトマトは1cmの幅にカットします、
⑦にんにくは包丁の腹で叩き潰します、
⑧フルーツトマトはへたを取り上部に十文字の切り目を入れ
 湯むきします、
 氷り水に入れさまし皮をむきます、
 横に2等分し中の種を取り除きます、
 1cm角にカットします
⑨両手オーバルパンにオリーブオイルを入れ潰したにんにくを
 入れ弱火にかけます、
 香りが出てきたら魚を入れ炒めます、
 皮が綺麗に焼き色がついたら裏返し炒めます、
 このときオリーブオイルをスプーンですくって
 魚に廻しかけます、
 火の通りが早くなり均一に蒸し上がります、
⑩にんにくを取り出します、
⑪あつりとムール貝を入れ水・ケッパー・ブラックオリーブ
 ドライトマトを入れアルミホイルを上にかけ10分ぐらい
 煮込みます、
⑫フルーツトマトを入れまた 10分間煮込みます、
 今後もよろしくお願いいたしますここでもアルミホイル
 はかけます、
⑬塩を振れ入れ味を調えます、
 必ずここで味を確認して下さい、
⑭両手オーバルパンにイタリアンパセリの粗みじんを振りかけ
 オリーブオイルを廻しかけます、
 できあがりです
 両手オーバルパンに入れたまま提供します
イタリア料理に使用する調理器具
うろこ取り

うろこ取り(W刃)
うろこの飛びにくいカバー付き。
刃が2枚付いたうろこ取りです。
大きなうろこも小さなうろこもきれいに
2枚の刃で素早くきれいに取れます。
モービル カパーイノックス 両手オーバルパン 35cm

モービル カパーイノックス 両手オーバルパン 35cm
ブランド  モービル カパーイノックス
品  名  両手オーバルパン 35cm [6524 35]
内  径  35cm
サ イ ズ  35cm×23cm
深  さ  4.5cm
質  量  1.29kg

 - レシピ, 魚貝類 ホタテ 烏賊 タコ あさり シジミ ムール貝 ウニ

Comment

  1. とこ より:

    カサゴですか・・・実は食べたことがありません。グロテスクな姿の魚って以外とおいしいそうですね。あとはお料理次第でいくらでも美味しくなるのでしょう。ryuji_s1 さんの手にかかれば魔法のように素敵になってしまうのですからホントに毎回楽しみにしています。
     ryuji_s1 さんはお店をお持ちなのですか?
    その腕ですもの。家族だけに食べてもらうのは勿体無いですよね。お店があればいつか食べに覗えるのに・・・といって私は札幌の人間ですが・・・美味しい料理、ありがとうございました。

  2. 那須パパ より:

    魚は、仕込が大変そうですよね
    釣るのは好きですが、食べるのと捌くのが不得手な那須パパです
    でも、最近は魚食を多くする様にしてもらっています

  3. ルークママ より:

    先日はコメントありがとうございました。
    すごく素敵なブログですね!
    夫が釣り好きなのでたまにカサゴが手に入ることがありますがいつも姿揚げにしていました。
    次は是非アクアパッツァに挑戦してみたいです♪

  4. stacy より:

    こんばんわ。
    いつもコメントありがとうございます。
    かさごのアクアパッツァ、豪快ですね!
    ちょうどうちのお父さんも昨日久しぶりにアクアパッツァを作ろうかと話していました。
    ポチッと応援

  5. 堕天使ママ より:

    美味しそうなレシピですね!
    調度、潮干狩りに行って来たので良いカサゴが見付かったら作ってみたいですね♪
    きっと、晩酌が楽しくなりますね♪(笑)

  6. いつもきれいな花をありがとうございます。
    カサゴは迫力のある顔をしていますね。
    ポチッと応援です。

  7. tansunidon2 より:

    ryujiさん、こんにちは
    カサゴのお魚は見たときは怖そうですが、美味しそうですね。
    いつもありがとうございます。

  8. TOKAI より:

    とってもおいしそう~
    カサゴってイタリアンにも使えるんですね。
    自分で調理するのは難しそうだけど。。。

  9. タヌ子 より:

    カサゴってヨーロッパでは高級魚ですよね。
    ザグレブの市場でも多分一番高いんじゃかな。
    失敗したらもったいないから、なかなか買えないお魚ですが、これは美味しそうだから試してみたいです。
    市場でカサゴとにらめっこして考えてみます。

  10. ちい♪ より:

    アクアパッツア 大好物なんです
    お魚の種類で 色々楽しめますよね
    ryuji_s1 さんのお料理は
    旬を大事にされているところも
    とっても素敵
    カサゴ♪ 季節ですものね
    アクアパッツア
    最近作っていなかったこと 思い出しました!
    これは すぐにでも 作ってみなければ♪
    。。。 と ワクワクしています
    応援ポチッ です
    ありがとうございます
    リンクして下さったのですね(*^_^*)
    私の方も させていただいてよろしいですか?

  11. kazuyoo60 より:

    アグロステンマ(ムギセンノウ)では?。
    http://flower365.web.infoseek.co.jp/00/007.html
    カサゴは、あちらでは普通に食べられるのですね。テレビでも見ました。が、ほとんど並んでいません。

  12. ryuji_s1 より:

    わらびさん
    有り難うございます

  13. わらび より:

    今日はいつもは意見させていただいています
    名知らずのお花の名前は、ムギワラギクです
    麦畑の中に生えていたいわば雑草でした、
    スラーとしています。

  14. ryuji_s1 より:

    まるねこさん
    コメント有り難うございます
    ぜひURLをお願いいたします

  15. siawasekun より:

    おはようございます。
    カサゴのアクアパッツア、・・・・・・。
    なるほど。
    初めて、知りました。
    食べてみたいものです。
    ご紹介、ありがとうございました。
    応援ポチ。。 

  16. まるねこ より:

    先日は私の拙いブログにコメントをありがとうございました。それ以来こちらにお邪魔しております☆材料から揃えたくなってしまいます。料理は食材と愛ですね。レストランにおいても、この頃は愛を感じるかどうかで美味しさのレヴェルが違うように思えています。また、美味しいお店を見つけたら載せませので遊びに来て下さいね。
    この花、アグロステンマ=麦仙翁(むぎせんおう)かしら??先日大好きな公園に咲いていました♪

  17. aokitukiyo より:

    こんばんは、ryuji_s1さん。
    今日の、お料理は、何か?凄そう、と云うのは「カサゴ」食べた事はあるけど、自分で調理した事無いです…
    そんなに大きくないけど、怖そうな感じのお魚で…食べると美味しいのだけどね…
    こうゆう、お料理が、お家で出来ると良いのにな~とひとり言の様に、味を想像しています。
    では、失礼いたしました。

  18. こんばんは。
    今日も美味しそう
    いつもレシピは見て勉強させていただいてます。
    カサゴもイタリア料理に使うのですね。
    淡白な魚だと合うのですか?
    カサゴというと煮つけがほとんどの我が家です
    このうろこ取り(W刃)使ってます。
    これは便利ですよね~

是非 あなたのご意見をお願いします 質問があれば分かる範囲でお答えしたいと思っております

  関連記事

ほやのパスタ スパゲッティ ガルム風味
家族のクリスマス会
揚げなす パスタ フェデリーニ
鶏手羽先 狩人風  マッシュポテト添え
グラタンと牡蛎ホタテのソテー添え
豚前足のすね肉のロースト 白ワイン風味
牛ロースの薄切りのカルパッチョ オレンジ風味
マッシュルームのスープ
洋梨の赤ワイン煮
ヤリイカの詰め物
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。